Q&Q日記!  宮崎の風景・時事雑感・食べ物所感・歴史所感・映画・TV所感・スポーツ所感等々を書きます。

                                                                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産

宮崎市賃貸不動産情報満載!!宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産へようこそ!
宮崎市賃貸情報TOP Page
宮崎市空室情報
・神宮・文化
 公園周辺部
・宮崎市北部
・宮崎駅周辺
・宮崎市中心
・宮崎市東部
・宮崎市南部・
 西部
  シングル
 
 ファミリー
● 写真で検索
・神宮・文化
 公園周辺部
・宮崎市北部
・宮崎駅周辺
・宮崎市中心
・宮崎市東部
・宮崎市南部・
 西部
  シングル
 
 ファミリー
● G−mapで検索
・神宮・文化
 公園周辺部
・宮崎市北部
・宮崎駅周辺
・宮崎市中心
・宮崎市東部
・宮崎市南部・
 西部
  シングル
 
 ファミリー
● こだわり物件
ペット飼育可
学生さん向け物件
新婚さん向け物件
新築物件
築浅物件
家電付

駐車料込み
オートロック
シングルバストイレ別
CATVインターネット付
バリアフリー物件
夜道安全物件
● その他物件
貸店舗・事務所
貸駐車場
戸建物件
パロラマ動画物件
● 日    記
Q&Q日記
猫ファミリーBlog
どんげこんげ日記
宮崎街並Blog
宮崎イベントBlog

● 各 種 情 報
宮崎市空室情報
希望条件登録
来店案内予約
会社概要
地 図
お問合せメール
免責事項
個人情報の取扱
Q&Qリンク集
不動産屋さんリンク集
 西日本
不動産屋さんリンク集
 東日本

saranari.net
ふれんず
  メール 
  この日記の感想をお聞かせください。。
   
2 0 0 8 年 2 月

平成20年2月29日(金)

< アパート >


今、引越しシーズンの真っ只中。

不動産屋が一年中で最も忙しく、また書き入れ時でもある。

大学に入学して実家を離れ、遠隔地に始めて
住み生活の場となるアパートは学生にとって
狭いながらも我が城である。

今のアパート、マンションは、トイレバスは当たり前で
エアコン付のものも多く見受けられる。

それだけ暮らしが豊かになったと言う事だろう。

アパート生活は関西と東京の2ケ所で15年間経験した。

関西のアパートは4帖半、東京のアパートは6帖であった。

いずれも流しがあるだけでトイレはおろか
バスもないアパートであった。

真夏の暑い日には汗をかきながら寝、真冬の寒い日いは
震えながら寝た。

それでも唯一安心できる場であった事は間違いない。

                       宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成20年2月28日(木)

< じゃこ天 >


最近、久しぶりにじゃこ天を食べた。

母親が愛媛県出身の関係上、幼少時から
じゃこ天を食べる機会があった。

その頃はじゃこ天とは言わずに天ぷらと言っていたようだ。

近海で採れる小魚を材料にして作っている、
このじゃこ天、小麦粉の量も少なかったのか、そのまま生で
食べても結構うまかったような気がする。

特に母親の実家の近くにあった、じゃこ天屋さんの
出来立てのじゃこ天は最高にうまかった。

しかもじゃこ天と醤油の相性は抜群。

これに炊きたてのごはんがあれば、他のおかずは何も必要ない。

育ち盛りの当時、何杯もごはんのお代わりしていた。

最近食べたじゃこ天はまずくはないが、小骨が混ざり
味も今一つであった。

材料は昔と同じであるはずだが、微妙に味が違っていた。

                       宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成20年2月27日(水)

< 猫の日 >

2月22日は「猫の日」だそうだ。

ペットフッド工業会が昭和62年に決定した。

今迄「猫の日」がある事は全く知らなかった。

偶々、ネット上のニュースで知った。

猫の鳴き声の「ニャン、ニャン、ニャン」の語呂合わせで
「2、22」となったらしい。

「猫の日」があっても当の猫自身は特別な恩恵があるのだろうか。

スペシャルメニュのキャッツフードとか。

特別な愛猫家はそんな事をするかも知れないが
普通の人はそんな事をしないだろう。

結局、人間の商魂たくましい商売の材料に
使われているのではないか。

雑誌関係では「猫の日」に合わせて特集が発売されたらしい。

それにしても世界中を見渡しても「猫の日」が
あるのは日本くらいのものだろう。

それだけ平和で豊かであると言う事だとは思うが・・・・・。

ちなみに11月1日は「犬の日」らしい。

                       宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成20年2月26日(火)

< ON揃い踏み >


読売ジャイアンツの宮崎キャンプは今年で50周年になるとの事。

24日、その記念行事の一環としてジャイアンツと
ソフトバンクのオープン戦がサンマリンスタジアムで行われた。

名誉監督の長嶋茂雄氏も駆け付け、王監督と共に
50周年記念行事に参加した。

長嶋監督72歳、王監督67歳。

40年以上前、その頃若かった二人は宮崎県営球場で
激しい闘志で練習に励んだに違いない。

二人共スーパースターであったので二人目当ての大勢の
観客が集まりその一挙一動に注目した。

今、長嶋監督は病に倒れ、必死のリハビリに取り組んでいる。

他方王監督も今年限りでユニフォームを脱ぐ予定らしい。

両監督、何時までも元気な姿を見せてもらいたい。

                       宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産




平成20年2月25日(月)

< 偵察衛星破壊 >


先日、米国の偵察衛星がイージス艦からの
ミサイルにより大気圏外で破壊された。

制御不能で放置すると地球に落下する可能性がある事から
破壊という手段を採用したそうだ。

その偵察衛星には毒性の強い燃料も搭載されていたようであり、
米国では破壊後の衛星の破片や燃料の
飛散状態を調査中との事である。

しかし大気圏外の事であっても地球上に
影響する事はないのだろうか。

最も懸念されるのは宇宙での軍拡競争だ。

米国の本当の狙いは相手からミサイルをイージス艦の
ミサイルで撃ち落す実験にあったのかも知れない。

そうなるとロシアも中国も同様の実験をしてくる可能性があり
果てしない軍拡競争で大気圏も汚染される事になりかねない。

日本のイージス艦はそんな愚かな競争にだけは
巻き込まれてもらいたくない。

                       宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成20年2月22日(金)

< イージス艦 >


今、イージス艦が漁船に衝突して転覆させた事で
マスコミが騒いでいる。

海上自衛隊は昨年から機密情報の漏洩事件
次官の過剰接待事件等々、不祥事が相次いでいる。

イージス艦は最新鋭の護衛艦であるから、優秀な自衛官が
配属されていると想像される。

個々人としては素晴らしい人材であるのに、何故
こんな不祥事が起きるのだろうか。

防衛庁が防衛省に昇格してから不祥事が多発しているようだ。

まさか防衛省に昇格してから気が緩んでしまった
という訳ではないだろうが。

不祥事の全てが人為的なものであるから、組織の体質に
問題があるのかも知れない。

となると頭が腐りかけているから指揮系統が乱れ
緊張心も緩み、不測の事態にも対処できなくなって
しまったのだろうか。

いずれにしてこんな休たらくの防衛省では
とても国の防衛は難しい。

                       宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成20年2月21日(木)

< ウオッシュレット >


先日、ある便座が省エネ大賞を取った事を知った。

便座に工夫をして常時温熱状態にするのではなく
利用する時にだけ温熱状態になり
電気使用の節約をする仕組みになっているみたいだ。

このウオッシュレットは日本のオリジナル商品である。

この開発に踏み切ったメーカーの先見性に頭が下がる思いだ。

見本がないので全て独自の開発をしたようだ。

最も苦労したのがノズルの角度と水圧であったと言う。

多くの試作品を作り実験を重ねた結果
現在のウオッシュレットとなった。

10年前母が股関節の手術をしたので
ウオッシュレットに取り替えた。

利用し始めた当初は馴染めず異和感があったが
馴れるにつれてその良さを体感した。

米国の映画スターが日本製ウオッシュレットを求める
位であるから、その品質は折り紙付きである事は間違いない。

                       宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成20年2月20日(水)

< ボンカレー >

今年2月で発売40周年を迎えたボンカレー。

その記念に初代のボンカレーを販売するとの事だ。

1968年に販売されたボンカレーは世界初の
一般向けのレトルト食品である。

女優の松山容子の写真をプリントした袋が
印象深く残っている。

当時はノインスタントラーメンが数多く出回っており
ボンカレーもインスタント食品として開発されたものらしい。

現在はパッケージが改良され賞味期限が3ケ月から2年に延び
保存食品としても利用されている。

発売開始以降、世界中で20億食が消費されているとの事だ。

高度成長期に誕生したボンカレーは人口増加、経済成長と共に
売上を伸ばしていったのだろう。

今もその時代に合わせた味に改良しながら
作られているボンカレーはこれからも多くの人の
舌を楽しませてくれるに違いない。

                       宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成20年2月19日(火)

< 熊本城 >

今年、熊本城は築城400年を迎えるとの事だ。

このお城は名君加藤清正が築城した事でも有名で
大阪城、名古屋城と共に日本三大名城の一つでもある。

築城400年を記念して本丸御殿大広間も建築されるとの事で
その中には昭君之間という藩主の居間も設けられるとの事。

その居間の壁、襖、も再現されるらしいが、当時の資料の
ないものもあり、その再現には大変な苦労をしているようだ。

当時の絵師の作風を研究し、別の建物に採用されていたものを
参考にして再現したものだ。

400年前よくもこんな豪華絢爛な居間を作ったものである。

莫大な費用がかかったに違いない。

加藤清正は秀吉恩顧の家臣の中でもその筆頭格であったので、
秀頼の身に何かあった折には熊本城でかくまう事も
考えていたとされている。

それにしても熊本城の姿は雄々しく
清正公の心意気を感じさせるお城だ。

                       宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成20年2月18日(月)

< 湯たんぽ >

最近の原油高かのせいで灯油消費量を少なくする為に
湯たんぽが見直され利用する人が増えているらしい。

家庭用雑貨品売場には色々な湯たんぽが
並べられているとの事だ。

湯たんぽのイメージはブリキ製(?)の容器を
袋で包んでいたものというものだ。

それを寝る前に足元に置いて使っていたような気がする。

何時頃使っていたのか良く分からない。

おそらく火鉢を使っていた時代と重なるのではないか。

まだストーブもなく、ましてやエアコン等あるはずもない時代だ。

その後日本が豊かになるにつれて火鉢や湯たんぽは姿を
消していったのだろう。

そして今再び湯たんぽとは。

確かに地球温暖化の原因ともなる事なく、朝顔を洗う時にも
そのお湯が利用でき全く無駄というものがない。

                       宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産




平成20年2月16日(土)

< 市川崑監督 >

毛糸の帽子とくわえ煙草がてトレードマークになっていた
市川崑監督が永眠。

最近マスコミに登場する場面を観る事がなかった
市川崑監督。

映画監督としては知名度抜群でその独特の感覚で
製作された映画は、印象深く残る映画が多かった。

その中でも「ビルマの竪琴」と「東京オリンピック」は代表作である。

「東京オリンピック」は記録映画としては異彩を放った作品で
公開当時は物議を醸した。

しかし空前のヒットとなり、カンヌ映画祭でも賞を獲得し
世界的評価を得た。

「ビルマの竪琴」は、第一作の方が白黒ではあったが
強烈な印象が残っている。

オウムが「水島、一緒に日本に帰ろう」という場面は
非常に印象的だった。

いずれにしても素晴らしい映画を残してくれた 
市川崑監督であった。


                       宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産





平成20年2月15日(金)

< 湯豆腐 >

連日、厳しい寒さが続いている。

寒い夜の食事には湯豆腐が合う。

若い頃には湯豆腐の美味しさが分からず、
好んで食べようとは思わなかった。

しかし、今はこの単純な料理が好物の一つになった。

大豆の味が分かるようになったと言う事か。

豆腐の味は大豆のみならず水も決め手となると言われている。

水の良い京都の豆腐は美味しい事で有名である。

南禅寺周辺には湯豆腐を売り物にしている店が
建ち並び、多くの観光客が出入りしている。

そんな高級湯豆腐は食べた事がないが、路地裏の小さな
居酒屋では湯豆腐を食べた事がある。

家庭料理の延長のような湯豆腐であったが
その素朴な味は熱燗とよく合っていたと記憶しているが
若かった故余り気にせずに食べていたかも知れない。

機会があったら、その居酒屋を訪ね湯豆腐を
食べてみたいものだ。

                       宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成20年2月14日(木)

< ジョーズ >

10日、米国俳優のロイ・シャイダー氏が亡くなった。

ロイ・シャイダー氏は1975年に公開された映画
「ジョーズ」に出演して一躍スターダムにのし上がった人である。

またスピルバーグ監督が監督としての地位を不動のものにした
のもこの「ジョーズ」であった。

この映画を初めて観賞した時、その頃監督も出演者も
知らない人達だったので、それ程期待をしていなかったのだが
観ている内にストーリーの展開の早さと迫力に圧倒された。

「ジョーズ」が人に襲いかかってくる時の音楽が今でも
耳に残っている程だ。

ロイ・シャイダー氏の演技は地味であるが
落ち着いた演技が光っていた。

それにしてもスビルバーグ監督は、よくこのシャイダー氏を
使ったものである。

このシャイダー氏なくして「ジョーズ」という作品は
成立しなかったかも知れない。

                       宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成20年2月13日(水)

< 西都市の街並 >

宮崎市から北西の方向に西都市がある。

車で30分位の所である。

西都市には西都原という台地に古墳群がある事で有名だ。

春には菜の花と桜が見事に調和した美しさを演出し
秋にはコスモスで目を楽しませてくれる。

幼少時に西都市に住んでいた時期がある。

殆んど記憶らしい記憶は残っていないがそれでもかすかに
断面的記憶が残っている。

小川で遊んでいたり、レンゲ畑で遊んでいたりする場面等々。

現在の西都市は人口33,000人位で新しい大通り
が出来て昔の街並は姿を消してしまっている。

それでも大通りから少し離れた路地に入ると
昔のたたずまいを思い出させるような人家やお店がある。

そんな裏通りの一角に「本部うなぎ屋」というお店がある。

西都市のみならず全国的に有名なうなぎ屋さんとの事だ。

西都市のはずれにも「入船」といううなぎ屋さんがあるが
ここも待合室が混雑する程人気の高いお店である。

しかし「本部うなぎ屋」は嘉永元年創業と言う事であるから
その歴史の長さでは一番だろう。

このお店では注文を受けてから、ご主人がうなぎを焼き始めるので
早くても30分、遅い時は1時間以上待たされるそうである。

それでもお客さんが来るのは、それだけの味のうな丼なのであろう。

                       宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成20年2月12日(月)

< 寒仕込み >


清酒、醤油そして味噌は、今の厳寒期に
仕込みが行なわれる。

もっとも現在は工業技術と空調設備によって
大手醸造メーカーでは四季醸造が一般的になっている。

それでもこだわり商品は、この寒い時期に仕込まれているようだ。

清酒の醪づくりでは、その発酵の役割を担う酵母が低温時に
活動するために寒い時期が適しているのだ。

醸造は、温ためたり冷やしたりの温度管理が非常に
難しいとされている。

その為永年の経験を積んだ杜氏の鋭敏な勘が頼りにされている。

大手醸造メーカーはコンピューターでシステム管理を
しているが、それでも最終的判断は杜氏の判断に委ねている。

この厳寒の時期での仕込作業は、精神的にも肉体的にも
大きな負担がかかる。

それでもこよなくこの仕事に愛着をもっている人達にとっては
何よりも生甲斐を感じる時期でもある。

                       宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成20年2月9日(土)

< 15度 >


先日、TVで「枕」の事が放送されていた。

それによると「枕」で仰向けになって寝ている時首の角度が
15度の時、最も首に負担がかからない状態との事。

15度から僅かに角度が増減するだけで椎間板は
押しつぶされたり、引っ張り伸ばされて変形し、とても
リラックスできる状態ではないらしい。

そして「枕」の硬さも大事との事。

「枕」が柔らかいと寝返りした時に頭が枕に受け止められるが、
硬い「枕」では腰の回転と同時に頭も大きく回転する。

従って無意識のうちに楽に姿勢が変えられる硬い「枕」の方が
快眠状態を保てるらしい。

今迄「枕」の事は意識せずに眠っていた。

この番組で「枕」の高さと硬さの事を知り「枕」次第で
首、肩、腰の痛み、更に偏頭痛が大きく左右される事が分かった。

しかし15度の角度とは恐れ入った。

たかが「枕」されど「枕」である。

                       宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産




平成20年2月8日(金)

< ディーゼルエンジン >


日本の自動車メーカーは、今新世代のクリーンな
ディーゼルエンジンの開発を行っている。

欧州ではディーゼルエンジンの乗用車が主流である事から、
欧州で車を販売する以上クリーンなディーゼルエンジンが
欠かせないという事情があるからだ。

欧州は大気汚染に関して日本よりも先行して規制を強化している。

その為排気ガスにCO2含有量の少ないディーゼルエンジンの
車が利用されているのだろう。

トヨタもいすずと共同でクリーンディーゼルエンジンの開発を行っている。

先日、富士重工業が新型ディーゼルエンジンを発表した。

スバルボクサーディーゼルという名称だ。

水平対向4気筒ディーゼルエンジンとの事。

水平対向型はガソリンエンジンでも採用しており
スバルオリジナルである。

富士重工業の前身は名機“隼”を製作していた中島航空機である。

どんなディーゼルエンジンであるか楽しみだ。

                       宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成20年2月7日(木)

< 貴乃花 >


久しぶりに新聞で貴乃花の名前を目にした。

4日、日本相撲協会の役員人事で35歳の若さで
役員待遇の審判部副部長に抜擢されたという記事であった。

現理事長の北乃湖も理事の千代乃富士もかって
この副部長職を経験しているらしい。

将来の理事長は千代乃富士、貴乃花という路線が
描かれているようだ。

ガチンコ相撲をした為、満身創痍となり30歳の若さで
引退を余儀された貴乃花。

相撲以外でも親子問題、兄弟問題等で悩まされ精神的にも
不安定の時期があった。

しかし貴乃花が平成の名横綱であった事は間違いない。

最後の優勝となった2001年の初場所では、右膝半月板を
損傷する大けがをして二子山親方から休場を勧められたが
出場し優勝決定戦で武蔵丸を豪快な上手投げで破った。

勝った後の鬼の形相は多くの観客に大きな感動と
驚きを与えた。

今回の副部長職への抜擢は、現役時代の貴乃花が大相撲に
多大な貢献をした事と今後大相撲の発展にも大いに
寄与してもらいたい期待もあるのだろう。

貴乃花は副部長職を引き受けるに当たり
「虚心坦懐」という四文字熟語を使っている。

現役の時も大関、横綱になる時四文字熟語で覚悟の程を
表現していたが親方になっても同様の表現をするのは
余程こだわりをもっているに違いない。

貴乃花の将来を大いに期待したい。

                       宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産




平成20年2月6日(水)

< 知事イラストシール >


一年前 東国原氏が宮崎県知事になってから
知事のイラストシールを貼った商品が販売され
それが県外の観光客の評判となった。

事実、イラストシールを貼った商品は良く売れたようだ。

その評判にあやかって県内のみならず県外の業者までもが、
知事イラストシールを貼って商品を販売するようになった。

東国原知事は、イラストシールは自由に使用してよいと
していたので、このような事が起こったのだが
それら商品の中には偽装表示商品等も出てしまった。

ここに来て自由に使用させるのは問題があると言う事になり
東国原知事は先ず県民の意見を聴いてから
結論を出す方針を示した。

お役所的判断に頼るのではなく、広く意見を求めるという
賢明な判断を示した。

知事イラストシールは全く使用禁止にするとは思えず
おそらく何らかの使用基準が示されてその基準に
従った使用は認められると思うが。

                       宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成20年2月5日(火)

< 男子マラソン界に新星 >


3日、恒例となっている別大マラソンがあった。

生憎とテレビ観戦は出来なかったが、スポーツニュースで
その内容を知った。

女子マラソン界では次々と新鋭が出現して世界最強を
誇っているが、男子の方は一時の隆盛からすると
寂しい限りの現状である。

所が全く無名の一般参加の足立知弥選手(22歳)が初優勝した。

大分県出身で小さい頃から別大マラソンに憧れ、何時かは
出場したいと思っていたという。

旭化成に入社後も目立った実績もなかったが、
今回思いもかけない勝利。

地元の人達からの熱い声援を受けた無欲の走りが
このような勝利をもたらしたのだろう。

しかし招待選手達を抜き去っての勝利であるから潜在的素質は
恵まれているに違いない。

この勝利を機会に更なる飛躍を狙い、男子マラソン界に
新風を吹き込んでもらいたい。

                       宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産




平成20年2月4日(月)

< ギョーザ騒動 >


今、ギョーザの事で大騒ぎの状態。

中国で製造したギョーザに殺虫剤が混入していたとの事で
現在約1,000人の人達が被害を受けている。

国も企業も発覚後の対策が遅れ、その被害が
全国的に広がっている状況だ。

このギョーザ事件で日本の食糧の大半が
中国に頼っている事実を知った。

コストの関係で日本国内ではなく中国に生産委託を
しているのだろうか。

あるいは流通業者同士の激しい競争が原因となり
このような結果になったのか。

それにしても安心、安全を最も求められている食糧を
他国頼みだけでよいのか疑問を感じる。

元々食料自給率の低い日本であるが冷凍食品までも
自給できないようでは将来自国の安全保障をも
脅かされそうな気がする。

                       宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産




平成20年2月2日(土)

< 春のキャンプ >

2月1日より、宮崎でプロ野球チームJリーグチームの
キャンプが始まった。

今年はプロ野球チームがジャイアンツ初め4球団
Jリーグチームが鹿島アントラーズ始め13チームが
宮崎入りする事になっている。

ジャイアンツは宮崎キャンプ50周年と言う事もあって
県と市がキャンプそのものの盛り上げを
期待しているらしい。

昨年は東国原知事効果もあり見物客が増えたらしいが
今年もそれ以上の見物客を見込んでいるとの事。

宮崎の温暖な気候と充実した施設もある事から
各チームが宮崎でキャンプをするのだろうが
宮崎にとって、キャンプ期間中連日TVで紹介され
これ以上の宣伝はない。

宮崎の観光は全盛時代に比べられるような現状ではないが
スポーツランドとしての宮崎が位置づけられてくると
将来の展望が開けてくるような気がする。

                       宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産




平成20年2月1日(金)

< 58階建マンション >

東京都中央区に58階建マンションが竣工し、
2月から入居可能となるとの記事を目にした。

58階建マンションは国内最高階層となるそうだ。

マンションの名称はツインタワーマンション
「THE TOKYO TOWEKS」と言う。

高さ193.5m、総戸数2794戸、約8000人入居。

建物内にはスーパーマーケット、保育所、クリニック、プール、
フィトネスジム等もあるとの事。

日常生活はこの建物内だけで十分可能と言う事になる。

それにしても、このマンションの入居者8000人という数字は、
地方の小さな町村の人口と同じ位だ。

このマンションから銀座までは至近距離と言う事もあり、
既に完売状態との事。

どのような人達がこのマンションに入居するのか分からないが
ある程度裕福な人達である事は想像できる。

高所恐怖症の人には、58階に住む事はとても無理だろうが。

                        宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


 過去の記事
2008年1月
2007年12月
2007年11月
2007年10
2007年9月
2007年8月
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2007年2月
2007年1月