Q&Q日記!  宮崎の風景・時事雑感・食べ物所感・歴史所感・映画・TV所感・スポーツ所感等々を書きます。

                                                                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産

宮崎市賃貸不動産情報満載!!宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産へようこそ!
宮崎市賃貸情報TOP Page
宮崎市空室情報
・神宮・文化
 公園周辺部
・宮崎市北部
・宮崎駅周辺
・宮崎市中心
・宮崎市東部
・宮崎市南部・
 西部
  シングル
 
 ファミリー
 写真で検索
・神宮・文化
 公園周辺部
・宮崎市北部
・宮崎駅周辺
・宮崎市中心
・宮崎市東部
・宮崎市南部・
 西部
  シングル
 
 ファミリー
 G-mapで検索
・神宮・文化
 公園周辺部
・宮崎市北部
・宮崎駅周辺
・宮崎市中心
・宮崎市東部
・宮崎市南部・
 西部
  シングル
 
 ファミリー
 こだわり物件
ペット飼育可
学生さん向け物件
新婚さん向け物件
新築物件
築浅物件
家電付
駐車料込み
オートロック
シングルバストイレ別
CATVインターネット付
バリアフリー物件
夜道安全物件
 その他物件
貸店舗・事務所
貸駐車場
戸建物件
パロラマ動画物件
 日    記
Q&Q日記
猫ファミリーBlog
どんげこんげ日記
宮崎街並Blog
宮崎イベントBlog

 各 種 情 報
宮崎市空室情報
希望条件登録
来店案内予約
会社概要
地 図
お問合せメール
免責事項
個人情報の取扱
Q&Qリンク集
不動産屋さんリンク集
 西日本
不動産屋さんリンク集
 東日本

saranari.net
ふれんず


  メール 
  この日記の感想をお聞かせください。。
   
2 0 1 3 年 10 月

平成25年10月31日(木)

< 郡司分地区 >


宮崎市の郡司分地区は赤江地域の一角を形成し、市南部
を流れる清武川の北側にある。

県道高岡郡司線と県道木花台本郷北方線沿いに団地や
集落がある。

地名は平安時代の律令制で群を治める役人として置かれ
た「郡司(ぐんじ)」に由来しているとされる。

江戸時代から松井用水路など清武川を水源とするかんが
い事業が進められたようだ。

古くから農業が盛んで、戦後はハウス施設が増え、トマト
やキュウリのほか、トルコキキョウやデルフィニウムなど
花き栽培も行われている。

海岸に近い地区は砂地を生かしてラッキョウも栽培して
いる。

かって多くあった山林の一部は徐々に姿を消し、近年では
「まなび野」、「東宮」などの団地も造成された。

2カ月に一回、近隣住民で懇親を深める「おこしん様」など
農村地域ならではの風習も残る。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成25年10月30日(水)

< 手水器(ちょうずき) >


かっての日本家屋には縁側がつきもので、その突き当たりは
たいていトイレだった。

その入り口の脇の縁側から届く位置には、バケツに似た
容器のぶら下がっている家が多かったような気がする。

「手水器」というものだ。

蓋の付いたこの“バケツ”の底には突起が出ていて、それを
手の平で押し上げると中の水が突起を伝わってチョロチョロ
と落ちる仕組みになっていた。

手を洗った水は縁側の庭に落ち、手が触れた突起を伝わって
落ちる水が自ら洗うという実に衛生的な優れ物だった。

昭和30年代、三種の神器(白黒テレビ・冷蔵庫・洗濯機)を
はじめ、生活を劇的に変える機器が次々と登場したが、
その陰で消えていった道具類も数多くあったに違いない。

手水器もその1つだった。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成25年10月29日(火)

< 嬉 野 橋 >


今年、開湯1300年を迎えた温泉街、佐賀県嬉野市の中心部
を流れる塩田川に架かる嬉野橋。

長さ27メートル、幅4メートルの橋は江戸期から続き、2005年
に解体された共同浴場「古湯温泉」を再現した西洋建築風の
「シーボルトの湯」と共に、街の顔として親しまれているようだ。

木造だった橋は1927年に鋼鉄製の橋に架け替えられたと
いう。

近隣に旧陸軍の演習場があったため、戦車が通れるような
頑丈な橋にしたとの伝聞もある。

構造は鋼材を三角形に組んだ橋桁を使ったトラスト橋。

真っすぐな鋼材を扇状につないだ欄干などから昭和初期
らしいデザインが感じられるという。

昨年5月、腐食を免れた鉄鋼を生かした耐震補修工事が
完了。

今年4月には欄干の下にも照明が付けられライトアップ
されるようになったそうだ。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成25年10月28日(月)

< バスガール >


現在の路線バスはワンマンが普通だが、昔は車掌がいて
しかも女性の車掌が多かった。

いわゆるバスガールだ。

当時は鼻の突き出たボンネットバスが主で、乗降口も
1カ所だけ。

走行中そのステップに立っていて停留所に止まるたびに
切符を受け取っていた。

お年寄りの乗り降りを手助けする光景もよく見かけた。

狭い道路で、対向車とすれ違う時やバックする時、笛を
吹きながらバスを誘導している姿もかっこよかった。

その頃流行った歌謡曲「東京のバスガール」は、東京の
観光地を巡る「はとバス」のガイド嬢がモデルだったそう
だ。

バスガールは女性の社会進出の先駆けとなる花形職業
でもあったようだ。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成25年10月23日(水)

< 武之橋変電所 >


鹿児島市中心部を走る路面電車。

この電車は対象元年、武之橋ー谷山間で運行を開始し、
それから100年余り市民の足代わりとして親しまれてきた。

電車に開業初期から電気を送り続けてきたのが、石造りの
建物の武之橋変電所。

戦時中は空襲で多くの車輌が焼失し、営業を一時中止した
が、武之橋変電所は戦火を逃れ、屋根の改修や増築を経て
今も現役。

長年の風雨や桜島の降灰にも耐えた。

洋風建築の外装は一部が老朽化しているが、昔の頑固な
面影をほぼ残しているそうだ。

建物内には電力変換装置などが整然と並び給電からの電機
を交流から直流に変換するなど重要な役割を担っていると
いう。

2015年度を目途に同変電所を別の場所に移転・新設
する予定で、跡地は民間企業への売却を想定しているが、
現在の建物を保存するかどうか未定とのことだ。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成25年10月22日(火)

< アンパンマン >


アンパンマンの物語は、適役のばいきんまんが魅力。

バイキン星からやってきたこの悪者、いつもアンパンマン
にやっつけられているのに懲りないやつで、イタズラを
繰り返しては、泣きべそをかく。

ドジな相手だからヒーローもあまり手荒いことはしない。

幼児向けの絵本から始まったとは言え、これほどなご
やかな争闘も珍しい。

善と悪とは分かれている。

ジャムおじさんの寛容、ロールパンナの二面性、ドキン
ちゃんの悪女ぶり・・・・・と人間世界の縮図でもある。

とは言えそこに増悪は存在しない。

こういう世界をつくりだした漫画家、やなせたかし氏の胸
の底には戦争体験があったようだ。

本当の正義とは何か戦後考えつづけたやなせ氏の
メッセージがこの作品にこもっているような気がする。

声高に叫ぶ正義、敵をたたきのめす正義とは違う
価値観・・・・。

それがアンパンマンのテーマだったに違いない。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成25年10月21日(月)

< 世界最速エレペーター >


最高時速65キロメートルで昇降する世界最速のエレ
ベーターが2014年に稼働するようだ。

三菱電機が、中国・上海に建設中の高さ632メートル
の高層ビルに納入する製品。

技術者が追求したのは乗り心地。

10円玉を床に立てて強烈に引き上げられて数秒後に
エレベーターが停止しても、10円玉は倒れずぴくり
とも動かないという。

これを可能にしたのが、エレベーターのかごの揺れを
制御する「アクティブローラーガイド」と呼ぶ制振構造。

アクティブローラーガイドはかごの天井と床下に取り付
けた加速度センサーが検知した揺れ幅などの情報を
かごとレールの間に設置したローラー装置に伝える
仕組み。

瞬時に揺れ幅を判断し、レールを3方向から挟んで
いるローラーを駆動装置の動きで動かし、受け取った
情報とは逆の方向にかごを揺らして振動を相殺する
という。

中国やタイなど都市化が進む新興国を中心に高速
エレベーターの需要が高まる中、日本製のエレベーター
の活躍の場が広がる。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成25年10月19日(土)

< 国内最古の車 >


福岡市博物館が展示する「アロー号」は1916年に
完成し現存する国内最古の車だそうだ。

しかも現在も公道を走れる「現役」とのこと。

開発したのは冷凍庫などを製造する矢野特殊自動車。

フランス製の三輪車を参考に設計したようで、4人乗りで
排気量は約1000cc。

軽量化のために車体にアルミニウム、床に木材を使用。

当時のT型フォードは平均時速20~30キロメートルだった
のに対し、アロー号は40~50キロメートルで、性能は非常
に高かったようだ。

ただ、第1号の開発後、運送業を営む大富豪のスポンサ
ーが死去したため、資金不足から車の量産化を断念し、
特殊車輌の開発に方針転換し、1958年には国内で先
駆けとなる冷凍車を製造。。

現在もタンクローリーなどで高い国内シェアを持っている
という。

福岡市博物館は現在改装中で、11月に新装開業する
予定だそうだ。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成25年10月18日(金)

< 猪八重渓谷 >


猪八重渓谷は昭和36年3月「県立わにつか自然公園普通
地域」に指定された。

沢沿いの遊歩道には数カ所の滝があり、「流合の滝」を経由
した「五重の滝」まで整備。

同渓谷の特徴は、緑の深い遊歩道沿いに川が流れ、
川の音と鳥のさえずりを聞きながら散策できる点。

自生するコケが有名で、世界で見つかっている約1800種
のうち、約300種を確認。

鹿児島県・屋久島に次ぐコケの宝庫とも言われている。

渓谷を生かした取り組みは、ノルディックウォーキングや
散策など。

「森林セラピー基地全国サミットin日南市北郷町」が
11月9、10日に開催される予定。

全国から関係者らが訪れ、森林セラピーを生かした
地域振興策について意見交換を行うそうだ。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成25年10月17日(木)

< 最新鋭鉄道車輌は山口産 >


山口県の南東にある下松市。

この静かな街から日本で最新鋭の鉄道車輌が生まれて
いるという。

車輌を製造しているのは日立製作所の笠戸事業所。

敷地面積約52万平方メートル、東京ドーム約11個の広さ。

造られているのは新幹線だけでなく、JRの特急、私鉄の
車輌、モノレールなど。

鉄道の本家本元である英国にも輸出。

JR九州が10月に運行を始める話題の豪華寝台列車
「ななつ星」の客車も。

笠戸事業所の歴史は日本の鉄道史そのもの。

丸鼻の初代新幹線「O系」も製造。

協力工場にも技術が宿る。

その一つに、金属の板を何度もたたいて曲面をつくる
「打ち出し板金」の技術を持つ会社。

板は新幹線の先頭車輌に使われ、今でも新幹線の「顔」
はここで造られているという。

スーパーこまちは最高時速320キロで日本で最速の
新機種。

90年の歴史と、事業所や協力工場が蓄積してきた
技術の結晶でもある。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成25年10月16日(水)

< 日の丸技術のアピール >


2020年開催が決まった東京五輪。

リニア中央新幹線は東京五輪に間に合わないようだが、
それに代えて成田空港ー東京都心ー羽田空港間に「ミニ・
リニア線」を走行させてはどうだろうか。

過去40年の開発実績を生かしてミニ・リニア線を導入す
れば五輪の参加者たちに日本の技術力の一端を実体験
してもらえる。

ホンダのアシモによる東京五輪の案内役も人気を博すに
違いない。

これ以外にも、音声認識を利用した同時通訳機、燃料電
池車、高齢者や身障者の屋外移動に役立ちそうな自動運
転車等々、日本の得意技術には事欠かない・

同時に和紙、和鉄、金箔、漆器などの日本特有の伝統
技術の展示も。

最先端技術、伝統技術を東京五輪という最大のイベントを
通じて、世界に発信するまたとない場として活用したいもの
だ。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成25年10月15日(火)

< おかげ参り >


本居宣長の「玉勝間」に、1705年の伊勢神宮参拝ブーム
についての記述があるという。

訪れた善男善女は4月9日からの50日間に、実に362万人
にのぼったとのことだ。

当時の日本の人口は3000万人ほどだったから驚異的な
数字だ。

おかげ参りと呼ばれる江戸時代のこうした集団参拝現象は
ほぼ60年おき、つまり式年遷宮を3回経る頃に繰り返し発生
していることになる。

民衆エネルギーの周期的な爆発などと言われるが、とにかく
街道は人であふれ、船着き場は客で鈴なりになったらしい。

ここまで熱狂はないにせよ平成の式年遷宮にも世の関心は
高いようだ。

「遷都の儀」でクライマックスを迎え、この数年の伊勢参宮
ブームも一段と高まるに違いない。

おかげ参りは抜け参りとも言い、日常から抜けるさまざまな
束縛から抜けるということのようだ。

お伊勢さんはそういう願いを叶えてくれるおおらかな存在で
あったに違いない。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成25年10月11日(金)

< ミシシッピ州の逆襲 >


米南部ミシシッピ州が産業発展の遅れた貧困州という
レッテルの返上に動いているそうだ。

原動力は日本の自動車産業。

財政が破綻した米ビックスリーの本拠地デトロイト市を
反面教師に日本勢との蜜月を育んでいるようだ。

1980年代にトヨタ初の単独米国工場の誘致に動いたが
ケンタッキー州に敗北。

2003年に日産の誘致に成功。

従業員5千人でセダンやミニバン、商用車まで10種類
を組み立てているという。

トヨタの進出決定は2007年。

工場ではカローラのフル生産体制を敷いている。

雇用や納税、寄付金にとどまらず、診療所にトヨタが
「カイゼン」のノウハウを提供し、ボラティアの負担を軽減
するなどの地元貢献を加速するきっかけは、2009年の
大量リコール問題。

身動きが取れないトヨタを、ミシシッピやケンタッキーなどの
州知事が反撃し、トヨタを擁護。

米南部で築いた地元自治体と日系自動車メーカーとの理想
的な協調関係がここにある。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成25年10月10日(木)

< 北極海航路 >


大航海時代を迎えた15世紀はポルトガルとスペインが
覆権を握り、欧州以外の世界を分割する協定を結んだ
時代。

後発の英国やオランダ、ロシアが黄金の国と信じられた
日本や中国、インドへの海路として注目したのが北極海。

当時は北極海の奥には凍っていない海が広がっている
と信じられたという。

ただ欧州とアジアを結ぶ北極海の航路の実用化は、
現代まで待たねばならなかった。

日露が2017年の北極海航路の商船の本格運航に
向けて調整を進めているという。

今の南回り航路よりも距離で約4割、時間で約2割短縮
できるそうだ。

航行を可能にしたのは地球温暖化による海氷の減少と
言うことだが、何とも複雑な心境になる。

北海道の港の中継基地や日本海のシーレーン化など
日本の未来も大きく変えようとする北極海。

21世紀のジパングの大きな岐路となるかもしれない。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成25年10月9日(水)

< 出雲大遷宮 >


60年ぶりに本殿などを全面的に改修する「平成の大遷宮」
を迎えた出雲大社。

20年に1度遷宮がある伊勢神宮と異なり、出雲大社は
60年に1度。

技術・情報の継承に大きな壁があるようだ。

例えば屋根などの一部で使われている塗装。

今は使われていない「ちゃん塗」と再現し、昔と変わらぬ本殿
の色や光の反射具合にするため現地で塗料の成分の配合
を変えながら塗る試験を繰り返したという。

屋根にある「X」のような形の「千木(ちぎ)」は昔の記録では
素材が杉とあったが、実際に取り外してみたら松。

同じことは、屋根の表面を覆う檜皮(ひわだ)でも踏襲した
ようだ。

今進む修理に尽力するのみならず、60年後に訪れる大遷宮
を視野に入れ、技術・情報を継承する取り組みにも力を
入れているそうだ。

材料調達も長期的視点で取り組んでいるようだ。

檜皮確保のために数千本のヒノキが植えられたという。

120年後の修繕の準備はすでに始まっている。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成25年10月8日(火)

< ビンテージ眼鏡 >

今、米国や英国で製造されたビンテージ(年代物)の
眼鏡が人気を集めているという。

東京都渋谷にあるビンテージ専門店は、1930~
1950年代のもの中心に1万点を取り扱っているそうだ。

多くは欧米から中東まで、古い眼鏡店を回って買い付け
てきたもので、価格は3万~4万円台。

こうした商品は数十年前に生産されて在庫として残って
いた新古品。

ビンテージ眼鏡人気の背景には、世界的なファッションの
懐古主義があるようだ。

米国東部の学生スタイルを発祥とするアイビーファッ
ションなどクラシックな服装や、繁栄を謳歌したかっての
米国のカジュアルスタイルが現代の若者世代に広がり、
その潮流が眼鏡にも波及しているようだ。

こうしたブームの結果、日本は今やビンテージ眼鏡の品
揃えでは世界有数の規模になっているという。

手頃な価格で購入できる新品でも「昔風」のデザインが
増えているそうだ。

流行は繰り返す。

                   宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成25年10月7日(月)

< ペタンク >

ぶどう畑のペタンクを―。

フランス発祥の球技スポーツをワイングラスを片手に
楽しむ人たちがいるという。

山梨県北林市の小さなワイナリーのオーナーが仕掛け人。

ペタンクは1910年に生れた球技で、両足をそろえてという
意味のプロバンス方言「ピエ・タンケ」に由来するという。

足元の輪の中から木製の目標球目掛けて、金属製の
ボールを投げ、その近さを競うそうだ。

球を高く投げて落とすか、手前からころがして相手の球
をはじき飛ばすなど戦略と集中力を要するという。

日本ペンタク・ブール協会によると、ペタンクはどこでも
できる生涯スポーツとシビアに戦う競技という二面性が
あり、「陸上のチェス」とも呼ばれるなど頭脳を競う側面
も併せ持つそうだ。

ペタンクが様々な場面で老若男女が楽しめるスポーツで
あることは間違いないようだ。

                   宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成25年10月5日(土)


< 医療も変える3Dプリンター >

製造業界で注目の3Dプリンター。

主に試作や製品の造形などの用途で活躍の場を広げて
いるが、外科手術など医療分野にも変革をもたらそうと
しているという。

ベルギーの会社では医療機関や外部企業と協力しながら
外科手術に使われる治具や機器部品、そして人工の骨ま
でも造り出しているそうだ。

例えば、事故のため欠損した頭蓋骨の復元手術に同社
の3次元造形技術が活用されているという。

先ず、コンピューター断層撮影装置で撮影した何枚もの
写真を、同社のソフトウェアを使って3次元データーに
変換。

頭蓋骨の3次元画像から欠損部の形状を正確に確認し、
そこにぴったり合う人工骨を3Dプリンターで作り出すと
いう。

加工業者に依頼することもなく短時間で人工骨を作ること
ができるため、急を要する手術に対応できるようだ。

ただ、日本の医療業界は規則が多く、3次元造形を活用
した治療を進めるには障壁が多いとのことだ。

                   宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成25年10月4日(金)

< 地方醸造発のドレッシング >

地方の醤油メーカーが、ユニークなひと味を加えた和風
ドレッシングを相次ぎ発売しているという。

兵庫県明石市のメーカーは、きざんだ焼きのりを入れた
ドレッシングを発売。

カツオや昆布などでだしをとった醤油ベースのドレッシン
グに特産品の明石のりを加え、地元ならではの商品を
目指したようだ。

群馬県館林市のメーカーは、香ばしい醤油ドレッシング
を発売。

醤油の原材料は丸大豆で、醤油ベースのドレッシングに
きな粉を加え、しょっぱさの中の甘くまろやかな味わいが
特徴。

北海道八雲町のメーカーは、醤油麹ドレッシングを
発売。

北海道産米を使った麹と、八雲町の日本海から取水した
海洋深層水を使用。

乾燥させた麹を使うことで、つぶつぶとした歯応えのある
食感が特徴。

醤油の出荷量が減少傾向にあるなか、地方の醤油醸造
元は、新たな需要を掘り起こそうと、個性を競っている。

                   宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成25年10月3日(木)

< 石炭会館 >

北九州市の若松港は明治期以降、筑豊炭田で産出する
石炭の積み出し港として栄えてきた。

現在はかっての賑わいを失ったが、周辺には往時の繁栄
を示すレトロな建物が点在。

その中でも若松港を象徴する建物が石炭会館。

1905年に完成。

木造2階建てで、外装にはモルタルを塗り、壁には目地を多
く入れているため石造りのように見えるという。

形状は洋風建築ではオーソドックスな左右対称。

完成当時は屋根の正面の中心部に飾り窓もあり、現在より
も威厳のある建物だったようだ。

当時としては最先端の2階建て洋風建築で、石炭業の栄華
を誇示するかのように、建物内も豪勢なつくりになっていた
という。

若松地区で最も古い建物の1つでありながら、今も現役の
テナントビルとして稼働。

1階には人気のクロワッサン専門店が入居しており、買い物
客で賑わっているようだ。

                   宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成25年10月2日(水)

< 「お~いお茶」 >

ペットボトル入り緑茶飲料「お~いお茶」が米国でじわりと
普及しているという。

現地の販売価格は日本より高めだが、健康志向の顧客
を中心に受け入れられているようだ。

米国で好まれる清涼飲料は主に炭酸や果汁などで、お茶
はどちらにも入らないため、当初は店頭のペットボトル入り
の緑茶飲料に顧客が興味を示すことはなかったそうだ。

潮目が変わったのは2005年頃。

肥満など生活習慣病の対策として、日本食が注目され始め
たことで普及が進んだという。

緑茶は茶葉を蒸し焼きにするため、茶葉を発酵させる紅茶
に比べ、ポリフェノールの一種カテキンを多く含むため、顧客
の支持を集めたようだ。

今後も健康志向の強い消費者を狙って拡販されるに
違いない。


                   宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成25年10月1日(火)

< 笠沙(かささ)の岬 >

朝もやに浮かぶ延岡市の愛宕山。

夜景スポットとして有名な愛宕山は昔、「笠沙の岬」、「笠沙
の山」と言われ、ニニギノミコトがコノハナサクヤヒメと出会い
求婚した地と古事記に伝わっているという。

二人のモニュメントが置かれた愛宕山公園は「出会いの
聖地」とされた。

現在の名称になったのは慶長年間城山に延岡城を築城
する際、同所にあった愛宕神社を笠沙の岬に移したこと
が始まりという。

延岡藩主も歌の中で「笠沙の山」と詠んでおり、その笠沙
の山は現在の愛宕山。

地形や地名にも神話との関連性が見えるという。

縄文時代は延岡平野一帯は海だったようで、神代、
愛宕山は海原に突き出た岬のように見えたのかも
しれない。

ホオリ(祝子川)やイツセ(五ツ瀬川=五ヶ瀬川の古称)
など神々を思わせる地名も多いようだ。

                   宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産

 過去の記事
  2013年9月
   2013年8月
  2013年7月
  2013年6月
  2013年5月
  2013年4月
  2013年3月
  2013年2月
  2013年1月
  2012年12月
  2012年11月
  2012年10月
  2012年9月
  2012年8月
  2012年7月
  2012年6月
  2012年5月
  2012年4月
  2012年3月
   2012年2月
  2012年1月
  2011年12月
  2011年11月
 2011年10月 
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年3月
2008年2月
2008年1月
2007年12月
2007年11月
2007年10
2007年9月
2007年8月
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2007年2月
2007年1月