Q&Q日記!  宮崎の風景・時事雑感・食べ物所感・歴史所感・映画・TV所感・スポーツ所感等々を書きます。

                                                                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産

宮崎市賃貸不動産情報満載!!宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産へようこそ!
宮崎市賃貸情報TOP Page
宮崎市空室情報
・神宮・文化
 公園周辺部
・宮崎市北部
・宮崎駅周辺
・宮崎市中心
・宮崎市東部
・宮崎市南部・
 西部
  シングル
 
 ファミリー
 写真で検索
・神宮・文化
 公園周辺部
・宮崎市北部
・宮崎駅周辺
・宮崎市中心
・宮崎市東部
・宮崎市南部・
 西部
  シングル
 
 ファミリー
 G-mapで検索
・神宮・文化
 公園周辺部
・宮崎市北部
・宮崎駅周辺
・宮崎市中心
・宮崎市東部
・宮崎市南部・
 西部
  シングル
 
 ファミリー
 こだわり物件
ペット飼育可
学生さん向け物件
新婚さん向け物件
新築物件
築浅物件
家電付
駐車料込み
オートロック
シングルバストイレ別
CATVインターネット付
バリアフリー物件
夜道安全物件
 その他物件
貸店舗・事務所
貸駐車場
戸建物件
パロラマ動画物件
 日    記
Q&Q日記
猫ファミリーBlog
どんげこんげ日記
宮崎街並Blog
宮崎イベントBlog

 各 種 情 報
宮崎市空室情報
希望条件登録
来店案内予約
会社概要
地 図
お問合せメール
免責事項
個人情報の取扱
Q&Qリンク集
不動産屋さんリンク集
 西日本
不動産屋さんリンク集
 東日本

saranari.net
ふれんず


  メール 
  この日記の感想をお聞かせください。。
   
2 0 1 0 年 8 月

平成22年8月31日(火)
 
  < サイクリングロード >


健康志向や環境配慮などからブームが続く自動車。

ある新聞に、自転車が安全に走れることを目的に全国で
整備が進んでいる「大規模自転車道」のベストテンが
掲載されていた。

1位は「瀬戸内横断自転車道」             

2位は「メイプル那馬サイクリングロード」であった。


那馬渓には以前何度か行ったことがある。

この那馬サイクリングロードは、山あいを走る鉄道廃線跡を
利用したものだ。

奇岩で有名な「那馬渓」や江戸期に岩を掘り抜いて造った
「青の洞門」など多くの景勝地があるほか鉄道トンネルや
鉄橋などが残っている。

2003年に一新したサイクリングターミナルは貸自転車の
ほか、シャワー施設、宿泊施設も備えているという。

那馬渓の魅力は何と言っても紅葉である。

川沿いのサイクリングロードから見る紅葉は奇岩と
相まって目を楽しませてくれる。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成22年8月30日(月)
 
  < 野良猫の里帰り >


4年前に自宅の駐車場の片隅で産まれ育った
野良猫が最近ひっこりと帰ってきた。

この猫は、4匹の兄弟の中でも体が小さくて、いつも
ボンヤリしていた。

兄弟が巣立った後も、暫く駐車場をねぐらにして家人に
甘えていた。

ある日、突然姿を消しそれ以来姿を見ることはなかった。

それが4年ぶりに帰ってきた。

相変わらずやせていたが、ボーとしていた目付きが
鋭くなり野生的になっていた。

それでも駐車場の事も家人の事も覚えているようで
あった。

家人に近寄っても逃げないが、フーと威かくするので
不審に思ったところ、駐車場の片隅に赤ちゃん猫がいた。

この野良猫は、赤ちゃん猫を育てるために自分が
育った駐車場に戻ってきたのだ。

猫にも帰巣本能があるのだろうか。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成22年8月28日(土)
 
  < 800年前の落書き >


25日、京都府木津川市の浄瑠璃寺にある三重塔で
最下層の天井板の裏側に帽子をかぶった人物の落書きが
あることが分かった。

天井板には鎌倉時代以降、数回にわたり模様が描かれて
おり、最も古い場合は約800年前の落書きの可能性が
あるという。

この落書きは縦横約10センチで、先端に丸いものが付いた
ピエロのような帽子をかぶり手に棒のようなものを持って
笑っている人物が墨で描かれている。

天井板の裏側の落書であるから、天井板の模様を描く
作業をしていた職人の手によるものに違いない。

以前にも、お寺の改修工事で同様に落書きが発見された
ことがあった。

当時の職人はそのような落書きをする習慣があった
のかも知れない。

この800年前の落書きに描かれている人物の表情は
妙に飄々とした雰囲気があり、当時の世相を感じさせる。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成22年8月27日(金)
 
  < カローラ調査 >


米道路交通安全局は、トヨタの主力車種カローラについて
電子系統の不具合で走行中にエンジンが停止する
おそれがあるとして、調査内容を強化するようだ。

これまでの予備的調査から既に技術的な解析に
入っており、エンストの原因となるエンジン制御装置の
不具合に関連した安全面の問題などについて、さらに
調査を進める方針だという。

トヨタは昨年もプリウスが電子制御の不具合で意図しない
急加速によって起こった事故について米道路交通
安全局の調査を受けた。

そのためトヨタは、プリウスのリコールを行った。

ところが今月になって調査の結果、トヨタ車の事故の多く
原因は、運転ミスの可能性があるとしている。

何故、トヨタ車の主力車種だけが調査対象とされるか
不可解な気がする。

同様の事は、トヨタ車だけでなく他の車にも起きていると
思うのだか。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成22年8月26日(木)
 
  < 潮見地区 >

大淀川と宮崎港に囲まれる潮見地区は旭通りを中心に
潮見町、出来島町、曽師町などが広がっている。

大淀川に面する地域は住宅街、宮崎港近辺の地域には
工場施設がある。

昭和町から東側の中西町、一の宮付近は、昭和27年頃
までは住宅がほとんどなく一面田畑が広がっていたらしい。

昭和町交差点の近隣には畜産業を営む人が多く
牛や馬のひづめを切る削蹄場もあったようだ。

ちりめん漁や加工が盛んな大淀川河口は、宮崎港が
開港すると加工施設も充実し生産量が大幅に増えたという。

潮見地区には市中心部と港を結ぶ旭東通りや一ツ葉有料
道路、小戸之橋など、物流や人の移動に欠かせない
大きな道路や橋が多い地域でもある。

昔、潮が見えた地域は、今住宅や工場が林立し、今後も
さらに発展していくに違いない。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成22年8月25日(水)
 
  < ミルキー >

ペコちゃん人形で知られているミルキーは、来年で
生誕60年を迎えるという。

口にした瞬間に広がるまろやかな練乳の味と香り。

「ミルキーはママの味」の名コピーとともに、子どもたちに
とってミルキーは、いつまでも記憶に残るキャンデーである。

ミルキーは、戦後の焼け跡の中、不二家の創業者が
暗い世相と子どもたちを明るくしたいと思ったことが
開発のきっかけとなったらしい。

当時高価だった練乳を大量に使用し、植物油脂、食塩などを
合わせて、ひと口に練り固めた。

開発段階の名前は「ジョッキー」だったが、牛乳の味に
こだわって「ミルキー」に落ちついたという。

ひと粒の大きさと赤地に白地の「milky」と書いたパッケージ
デザインは当初からほとんど変わっていないようだ。

2007年の消費期限切れ事件でミルキーなどの商品が販売
中止となった時にも熱心なミルキーファンからの支持は
変わらなかったという。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成22年8月24日(火)
 
  < 神社、マンション一体 >


一般に社寺の建て替えは、氏子や檀家の寄付で賄う場合が
多い。

ところが東京・神楽坂にある赤城神社は周辺地域の商業化で
氏子が減り、多額の建設費用負担が困難となったため、定期
借地権を活用して投資負担を軽減することにしたという。

境内を整備して本殿や拝殿を建てるとともに6階建ての
マンションを建設し、マンションには宝物殿など神社設備の
一部を組み入れ多目的ホールやカフェも設けて周辺地域の
住民も利用できるようになっているようだ。

神社が境内を利用して保育園を経営するのは、知っていたが
マンション経営というのは初めて知った。

都内の一等地にある神社であることから、マンション建設が
可能になったに違いない。

商業地域にある神社は、同様に氏子が減っているので
今後はマンション、ホテルあるいは商業施設等を建設して
神社の建て替えをしなければならないかも知れない。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成22年8月23日(月)
 
  < もみじからクローバー >


19日、警察庁は、70歳以上の高齢ドライバーの車に
張る新しい標識のデザインを発表。

現在の通称「もみじマーク」が、枯れ葉のイメージとの
指摘があったことから、新しいデザインを公募とアンケートで
選んだようだ。

今回のデザインは、幸せの象徴である四つ葉のクローバーが
シニアの「S」を包むようになっていて、四つ葉に黄緑と緑、
黄とだいだい色の4色をあしらっている。

旧マークは黄とだいだい色の2色であり、枯れ葉的
雰囲気があった。

新マークは、黄緑と緑の2色が加えられた分、多少明るく
なった感じはするが、そのため黄とだいだい色が目立つように
なった気がする。

黄とだいだい色は、豊かな人生経験を表す色としている
らしい。

が、人生の終わりではなく、高齢者を敬う色にしてもらいた
かった。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成22年8月21日(土)
 
  < かかし >


今夏は暑い日が続くが、幸いにも台風に見舞われて
いないため、米が順調に成育しているようだ。

黄色くなった稲を見て、以前はかかしが立っていたが、
今はかかしの姿を見かけないことに気がついた。

昔は田んぼの畦道に必ずと言っていいほどかかしが
立っていた。

かかしは農作物の鳥獣害を避ける手段で3種類に
分かられるという。

1は、竹やわらで人形をつくり蓑笠を着せて田畑に
立てたもの。

2は、悪臭を放つものを串に刺して鳥獣を追い払う
もの。

3は、音を立てて鳥獣を脅かす鳴子。        

これら3種類が地方によって名称や内容がさまざまに混用
されているらしい。

今、かかしが利用されていないのは、米を捕る鳥獣類が
減少したためか、あるいは米以外のエサがあるためか
今一つよく分からない。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成22年8月20日(金)
 
  < 自転車専用道路 >


先日、何気なくTVを観ていた時、ある番組で韓国ソウル市の
自転車専用道路を紹介していた。

それによると、ソウル市は自転車で都心に通勤できるように
道路の1車線を減らし、2012年までに207キロメートルの
自転車専用道路を造成する計画であるとの事。

今迄自動車中心の交通政策を推進したきたソウルは、深刻な
交通渋滞や車から排出される大気汚染ガスによる健康被害を
解消するための政策転換であるようだ。

もともと韓国では自転車を利用する人が少なく自転車
途上国とされてきた。

それが自転車を生活の中心にした町づくりを目指すという
ことであるから一大決心であることは間違いない。

しかし、自動車道路が少なくなったために今まで以上に
交通渋滞が酷くなり、また電気自動車の登場で大気汚染の
心配がなくなった時には、どうするのだろうか。

また元の自動車道路に戻すということだろうか。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成22年8月19日(木)
 
  < ざるそば >


連日、茹るような暑さが続いている。

関東地方の一部では40.9℃の日本最高記録を
更新したというから、驚きとしか言いようがない。

こんな暑い日には、どうしても食欲が落ちる。

暑い日には冷たいそばやそうめんといった麺類が
とても美味しく爽やかな感じがする。

子供の頃は、そばの淡白な味がなじめず、それほど
美味しいと思ったことはなかった。

長ずるにつれて、そばのうまみというものが分かり
特につゆにつけながら食べるざるそばは、うまいと
思うようになった。

そばの日本への伝来は奈良時代以前であるらしいが
現在のような日常的な食べ物として定着したのは
江戸時代の半ばとされている。

おそらく、その頃に現在も代表的な日本料理である寿司と
てんぷらも庶民が口にするようになったに違いない。

江戸時代は想像する以上に食文化が充実していたのかも
知れない。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成22年8月18日(水)
 
  < 「山ガール」 >

ここ数年、20~30代女性のアウトドア志向が
強まっているらしい。

その代表格が何と山登り。

この世代の登山者を示す「山ガール」という造語が
できるほどらしい。

ガチガチの本格アウトドア系から、雰囲気だけを抽出した
“なんとなく山っぽい系”まで、すでにいくつかのジャンルが
生まれているようだ。

都会で暮らしている女性にとって、鳥のさえずりや
緑の深さなど都会での生活の対極にある山林は、日常空間と
違う雰囲気でリフレッシュできるのかも知れない。

軽いハイキング程度なら問題はないが、1500m以上の
山登りとなると簡単ではない。

ある程度トレーニングをして足腰を鍛錬して山登りしないと
事故につながる可能性もある。

しかしいずれにしても男性よりも女性の方が積極的に
アウトドアにチャレンジしているのは間違いない。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成22年8月17日(火)
 
  < アニメ >


日本で制作されたアニメが世界中で観られていることは
周知の事実である。

特に米国では、子供向けチャンネルで日本のアニメが
放送され、ほとんどの子供たちは日本のアニメばかり
観ているという。

「ドラゴンボールZ」、「ポケモン」、「セーラームーン」
「ガンダム」等々。

ところが、今日本のアニメ土壌が枯れていく状況に
なっているらしい。

アニメキャラクターの動きの節目となる原画。

その原画と原画の間をつなぐ動画の仕事の9割以上が
中国や韓国などの海外に流出しているという。

日本のアニメ界の人手不足に加え、厳しいスケジュールを
成り立たせるために海外生産せざるを得ない状況らしい。

こんな国内アニメ産業の空洞化に対する危機感から
文化庁が若手アニメーターを育てる事業に着手する
らしい。

お役人が手がけるのも悪くないがアニメ産業の土台
そのものを変えていくことが先決ではないか。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産




平成22年8月16日(月)
 
  < 異常気象 >


今夏は、日本のみならず世界中で異常気象が起きている。

ロシアや米国の記録的熱波は、北半球の中緯度地帯の
上空を流れる偏西風が大きく蛇行したことによる
異常気象だという。

梅雨明けの日本の猛暑もその影響のようだ。

中でも、観測史上最高の猛暑の続くロシア西部では
高温と干ばつによる森林火災や泥炭地火災が広がり
モスクワはスモッグに覆われているという。

一方、グリーンランドの氷河から面積260平方キロの氷塊が
分離し、海上を漂い始めたらしい。

さらに、中国、インド、バキスタンの洪水、土砂災害も
異常気象によるものとされている。

東西南北を問わず、地球の至る所で猛威をふるう
この異常気象。

豊かな現代文明と引き替えに地球の自然環境が
破壊された結果、現在の異常気象を引き起こしている
ように思えてならない。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成22年8月11日(水)
 
  < 輪ゴム >

仕事でも私用でも、身の回りのものを束ねるのに
便利な輪ゴム。

日常的にその存在を意識することはないが、いざという時に
ないと困るのがこの輪ゴム。

その輪ゴムを開発したのは、大阪の共和という会社だ。

共和では、この輪ゴムに「オーバンド」という名称を与えた。

「オーバンド」の開発は、大正時代で、当初は自転車の
チューブを輪切りにしたものを原形としたが、その後
開発を重ね現在のような、伸びがよく透き通ったアメ色の
輪ゴムバンドを1917年、世界で初めて成功。

戦後、八百屋さんや肉屋さんで肉や野菜を紙で包んで
留める際などに使われ、高度経済成長期にかけて、業務用や
家庭用に売れ行きが拡大しヒット商品となった。

1世紀近くも支持されているということであるから、
常に改良を重ね競争力のある品質を維持しているに
違いない。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成22年8月10日(火)
 
  < トマト >


先日、大分の知人から地元産のトマトが送られてきた。

大きめで完熟直前のトマトであった。

夕食時に早速頂いたが、その味は昔味わったことのある
トマトらしいトマトの味であった。

最近のトマトは何故が味が淡白になり、物足りない味の
トマトが多いが、頂いたトマトは本来のトマトの味であった。

トマトを初めて食べたのは、小学校時代だと思うが
とてもおいしいとは思えず、それ以来口にすることは
なかった。

ところが、大学時代に何かのキッカケでトマトを食べてみると
意外にもうまかった。

幼少時と大人の時の舌の感覚が違うのかも取れない。


子供の頃には、その姿からして野菜と思わず、果物として
食べたのかも知れない。

果物は当然甘いという先入観があるからトマトを口にした
途端、まずいと思ったに違いない。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成22年8月9日(月)
 
  < ホオヅキ >

宮崎県北部の山間部にある美郷町で、お盆を前にホオズキの
収穫、出荷がピークを迎えたようだ。

町内のビニールハウスでは鮮やかな朱色のホオズキが
実り、生産者が朝早くから作業に汗を流しているという。

収穫されたホオズキは、主に関東地方に出荷される
ようだ。

ホオズキは多年草で、草丈は60~80センチになり、
淡い黄色の花を6~7月頃咲かせる。

この開花時期にあわせて日本各地で「ホウズキ市」が
開催されている。

その中でも、7月初旬に開かれる東京の浅草寺の
「ホオズキ市」は江戸時代から続いているという。

「ホオズキ」は江戸時代でも庶民の生活の中に
根付いていたのだろう。

昔、女の子がホオズキを口で鳴らすのを見た事があるが、
最近の女の子はこんな遊びをするのだろうか。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成22年8月7日(土)
 
  < 路面電車 >


先日、所用で熊本市に行った。

熊本市に着いた当日も猛暑日で、10分くらい歩いただけで
汗ダクになった。

宮崎も暑い所であるが、熊本の暑さは、また格別の暑さ
であった。

そんな酷暑の熊本市であったが、ここには宮崎では
お目にかかれない路面電車が走っている。

それも相当の数の電車である。

熊本市内を網の目のように路線が張りめぐらされている
のだろう。

宮崎市内の路線バスは、朝夕は別にして日中の乗客は
殆んどいない。

ところが、熊本市の路面電車には相当数の乗客が
利用しているようだ。

市内に暮らしている人たちの足になっているのは
間違いない。

考えてみると路面電車はエコカーそのものである。

エコカーの先駆者的存在の路面電車は、これからも
数多くの人たちに利用されるに違いない。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成22年8月6日(金)
 
  < 赤とんぼ >


先日、自宅で外の景色を何気なく眺めていると、2匹の
赤とんぼが飛んでいた。

連日35℃以上の超す猛暑の中に、赤とんぼを
見かけるのは初めてだ。

赤とんぼと言えば、秋それとも稲刈りシーズンによく
見かけるトンボだ。

赤とんぼはもともと寒い地域にすみ、暑さが苦手な
トンボで、夏の間は涼しい山や森の奥で過ごして
いるようだ。

大分県飯田高原で暮らしていた頃、青空を背に飛ぶ
赤とんぼの大群を見たことがあった。

標高900mの飯田高原は、赤とんぼにとって
凌ぎやすい気温であったに違いない。

それに草原が広がっていたため、エサとなる小さい
昆虫も多くいたに違いない。

先日、見かけた赤とんぼは、すんでいた山にエサが
少なくなり、暑い中をエサさがしに来たのかも
知れない。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成22年8月5日(木)
 
  < 牛丼商戦 >


牛丼を期間限定で値引きするキャンペーンが
牛丼大手3社で熱を帯びている。

牛丼並盛りは、吉野屋が8月3日まで270円と110円の
値引き、すき屋は同9日まで30円値引きの250円、
松屋は同5日まで70円引きの250円。

最大手のすき屋と業界3位の松屋は、ともに昨年12月に
値下げに踏み切り、既存売上高が前年を上回って
いるようだ。

一方、業界2位の吉野屋は価格の高い米国産牛肉を
使うため、値下げに追随しなかったため、売上高の
前年割れが続いているという。

牛丼の価格が下がるのは客にとっては喜ばしい
限りではあるが競争の結果脱落していく会社も出てくる
かも知れない。

価格も大事だが、肝心の味が落ちるとなると問題である。

個人的には、すき屋の方が吉野家の味より優って
いるような気がする。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産




平成22年8月4日(水)
 
  < 本日出張しております >


                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成22年8月3日(火)
 
  < 本日出張しております >


                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成22年8月2日(月)
 
  < セミ採り >


自宅のすぐ傍に桜の木があるため、早朝や夕方になると
木の幹や枝に止まっているセミが大合唱を始める。

大音響であるため、その近くでの会話もままならぬ
程である。

ほとんどが体長5cmくらいのアブラゼミで、時折方向
が狂って窓硝子に当たるのもいる。

先日、桜並木の下で数人の子供たちが網をもって
セミを採ろうとしていた。

小学校の低学年の子供だと思われ、やたら網を振り回すので、
逃げてしまうセミの方が多かった。

セミは結構勘がよい方であるのでそう簡単には網の中に
入ってくれないものだ。

今の子供たちは部屋にこもってゲームをしていることが
多いと聞いていたが、こんな暑い最中にセミ採りをする
子供たちがいるのを見て微笑ましく、また懐かしい
気持ちにさせられた。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


 過去の記事
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年3月
2008年2月
2008年1月
2007年12月
2007年11月
2007年10
2007年9月
2007年8月
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2007年2月
2007年1月