Q&Q日記!  宮崎の風景・時事雑感・食べ物所感・歴史所感・映画・TV所感・スポーツ所感等々を書きます。

                                                                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産

宮崎市賃貸不動産情報満載!!宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産へようこそ!
宮崎市賃貸情報TOP Page
宮崎市空室情報
・神宮・文化
 公園周辺部
・宮崎市北部
・宮崎駅周辺
・宮崎市中心
・宮崎市東部
・宮崎市南部・
 西部
  シングル
 
 ファミリー
 写真で検索
・神宮・文化
 公園周辺部
・宮崎市北部
・宮崎駅周辺
・宮崎市中心
・宮崎市東部
・宮崎市南部・
 西部
  シングル
 
 ファミリー
 G-mapで検索
・神宮・文化
 公園周辺部
・宮崎市北部
・宮崎駅周辺
・宮崎市中心
・宮崎市東部
・宮崎市南部・
 西部
  シングル
 
 ファミリー
 こだわり物件
ペット飼育可
学生さん向け物件
新婚さん向け物件
新築物件
築浅物件
家電付
駐車料込み
オートロック
シングルバストイレ別
CATVインターネット付
バリアフリー物件
夜道安全物件
 その他物件
貸店舗・事務所
貸駐車場
戸建物件
パロラマ動画物件
 日    記
Q&Q日記
猫ファミリーBlog
どんげこんげ日記
宮崎街並Blog
宮崎イベントBlog

 各 種 情 報
宮崎市空室情報
希望条件登録
来店案内予約
会社概要
地 図
お問合せメール
免責事項
個人情報の取扱
Q&Qリンク集
不動産屋さんリンク集
 西日本
不動産屋さんリンク集
 東日本

saranari.net
ふれんず


  メール 
  この日記の感想をお聞かせください。。
   
2 0 1 0 年 11 月

平成22年11月30日(火)
 
  < 豊ノ島、残念! >


九州場所千秋楽、優勝決定戦で豊ノ島は残念ながら
白鵬に敗れた。

豊ノ島は賜杯への執念を示すように白鵬の右腕に
しがみついたが、横綱に振り払われ後ろに回られて
土俵下に落ちた。

しかし優勝こそ逃したが、14勝1敗は優勝に値する
立派な成績である。

今年6月に野球賭博に関与し、名古屋場所では謹慎
した。

秋場所では、十両で優勝し、再入幕の九州場所で
快進撃を果たした。

169cmの小兵力士ながら相撲巧者として知られて
いたが今場所の相撲は巧さに加えて勝負に対する
強い執念が感じられた。

謹慎中に豊ノ島自身何か斯するところがあったのかも
知れない。

稽古も今まで以上に精を出したに違いない。

今後が期待される豊ノ島である。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成22年11月29日(月)
 
  < らしくない勝利 >

26日、一気に2つ階級を上げてのWBC世界フェザー級
王座決定戦で長谷川穂積が、大差で判定勝ちした。

その試合内容は、圧倒的な強さを示したバンタム級時代と
違うスタイルだった。

軽快なフットワークとスピードのあるパンチて゜戦えば
今まで同様に楽して勝てたはずだが、この試合の長谷川は
頑なに前に出、時には足を止めて“どつき合い”をした。

その結果、大振りになり相手からの被弾も増え、7回には
左アッパーをまともに食いふらついた。

序盤で相手のパンチを見切りグリーンヒットを次々と
見舞ったが相手はダウンする気配もないことに
ムキになり、パワーで倒しにいったのかも知れない。

しかし、採点で優位に立ちながら、最後まで打ち合う
姿には、今までにないすごみを感じされられた。

バンタム級時代とは違うボクシングをしようとしたのかも
知れない。

次回の長谷川の試合が楽しみだ。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成22年11月27日(土)
 
  < アナログ家電 >

秋葉原の電器店では、これからはデジタル情報機器
ではなく、アナログ技術を生かした家電の販売に力を
入れるという。

これまで稼ぎ頭だった小型カメラは、ここ数年で小売
価格が5分の1に下がったようだ。

海外の競争相手が参入してくるデジタル情報機器は
早晩薄利多売に追い込まれるという。

この小型カメラとは逆に電気炊飯器は、以前1台
1万円から2万円のものがよく売れたが、最近では
3万円から4万円と高いものが売れるように
なったらしい。

米の味に厳しい日本人に対しメーカーがおいしさという
感覚的なものに釜の構造などアナログな技術で
工夫を重ねた電気炊飯器を開発するようになった。

その結果かねてより日本食ファンの人も、日本で新たに
日本食に目覚めた人も、味の違いが分かる人が
世界中に増え、本場日本の高性能家電に目が向く
ようになったという。

元来、繊細な感覚をもつ日本人にとって、他国の真似の
できないアナログ技術こそが無形の財産であるかも
知れない。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成22年11月26日(金)
 
  < 振り向けば・・・・ >


今場所の魁皇はまさに神懸かりだ。

決して万全ではない体であるが、ここまで10勝
1敗。

1敗を守り、白鵬らと並んで優勝争いの先頭を
走っている。

25日の土俵では、豪風に防戦一方であった。

突かれて、いなされ、はたき込まれてつんのめりそう
になり、何とか俵でこらえたものの豪風に背を向け
そこで押されたら終わりという魁皇自身も観念した
場面で奇跡が起きた。

振り向けば豪風がころんでいた。

豪風が慌てて滑って転倒したのだ。

豪風の自滅と言えばそれまでだが、勝因は魁皇の
粘りにある。

38歳に確実に追い風が吹いている。

優勝の二文字も夢ではない。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成22年11月25日(木)
 
  < ジュネーブ国際コン・ピアノ >


ジュネーブ国際音楽コンクールのピアノ部門決勝が18日、
ジュネーブで開かれ、荻原麻未さんが日本人として初めて
優勝した。

萩原さんは5歳からピアノを習い始め、中学校の時に
イタリアの国際クンクールのピアノ部門で最年少優勝。

今年パリ国立高等音楽院修士課程を首席で卒業し
現在はパリを拠点に活動。

ジュネーブ国際音楽コンクールは1939年に第1回が開かれ
ピアノ、声学、打楽器、バイオリン部年などでクラシック
音楽の幅広い部門を審査することで知られる。

またこのジュネーブ国際音楽コンクールはなかなか1位を
出さないことで有名である。

伝説のピアニストの故ミケランジェリや故グルダが1位、
巨匠ポリーニが2位というこれまでの高いレベルを
守ろうとするからだ。

それだけに萩原さんの優勝は快挙と言えよう。

今後の活躍が楽しみである。


                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成22年11月24日(水)
 
  < 信号無視 >


車で信号待ちをしている時、信号無視をする車、人を
見かけることが多い。

一歩間違えれば、間違いなく事故につながるケースも
多い。

今、待ち時間の長い押しボタン式など歩行者や自転車に
守られにくい信号機の見直しが各地で進んでいる。

警察庁によると、今年に入って2700カ所以上で、点灯
サイクルを短くするなどの改善が施され、その結果
信号無視が大きく減った“事故多発交差点”もあったという。

今回の信号機の見直しは、具体的に横断歩道が短く
交通量が少ない場合は点灯サイクルを短縮し、交通量が
少ないのに歩行者の待ち時間が長い場合は閉散時の
押しボタン化。

すぐに変わらない押しボタン式の場合は、信号機の
撤去、移設が行われたようだ。

しかし、如何に信号無視させない信号に変えようと、
信号を守る心がなければ信号無視はなくならない。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産




平成22年11月22日(月)
 
  < 新幹線 >


最初、新幹線という言葉を聞いた時、聞きなれない
言葉だと思った。

東海道新幹線が開通したのが、東京オリンピックが
開かれた1964年。

今年12月に本州最北の青森まで開通し来年3月には
東京から鹿児島まで結がる。

最初に登場した「0系」は世界で初めて時速210キロの
運転を実現し「夢の超特急」と呼ばれた。

最新型はJR東海とJR西日本がつくった「N700系」。

九州新幹線の「さくら」「みずほ」はこの「N700系」が
ベースである。

東北新幹線には最新型の「はやぶさ」が導入され
最高時速は320キロで国内最速となる。

JR東海は、磁石が反発する力を使い車体を浮き上がらせて
走らせるリニアモーターカーの準備を進めており試験走行
での最高時速は581キロ。

2045年に東京―大阪の全線開通を目指しており
実現すると最速67分で結ばれる。

旅客機利用客は全てリニアを利用するに違いない。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産




平成22年11月20日(土)
 
  < 恒久地区 >


中心市街地から大淀川を越えて車で約5分、南宮崎駅を
中心に東西に広がる恒久地区は、主要国道が縦断する
交通の便のよさから、住宅をはじめ大型商業施設や学校
が集中している。

この恒久地区は、古代から人々が住んでいたとされ
平安時代の文献にその名を確認できるとのことだ。

中世には地区西端に曽井城が造られ、荷物が集る
大淀川南岸の赤江港も発展したという。

その周辺は交易で財をなした商人の町として栄え、県庁が
大淀川北岸に置かれるまで宮崎の中心地であった。

先祖代々の住民が多いが、昭和に入ってからは地区内に
多く残っていた桑畑や水田に宮崎空港の整備で先祖代々の
土地を失った人々が移住したという。

さらに戦後になって、中心市街地や駅、空港に近いことから
住宅地として発展した。

今もマンションやアパートの建設が続くこの恒久地区である。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産




平成22年11月19日(金)
 
  < 神田お玉が池 >


今、NHKの大河ドラマ「龍馬伝」で注目を集めている
坂本龍馬。

そのゆかりの地が東京都神田にある。

神田お玉が池、現在の神田岩本町には、北辰一刀流の
創始者千葉周作の道場があった。

幕末には龍馬をはじめとする多くの志士が、北辰一刀流の
門をたたいた。

千葉周作が神田お玉が池に道場を開いた頃は、建物
らしい建物はなかったようだが、道場通いをする若者が
増えてくるようになると、剣道道場だけでなく、佐久間象山を
はじめ多くの学者の学問所ができた。

明治になると法律の私立学校ができ、それが後に私立大学
となった。

今も学生と本屋の町として賑わっている神田である。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産




平成22年11月18日(木)
 
  < そろばん >


兵庫県尼崎市は、今、小学校て゜そろばんを使った
計算学習に力を入れ、学力向上の成果が出始めて
いるという。

2004年に全国初の「そろばん特区」に認定され
一部小学校に導入し、今年度からは全市立小の
3、4年生にその導入を拡大したようだ。

今、何故、そろばんなのか?このパソコン時代に。

どうも学習指導要領でそろばんを使う授業が必修と
なったことに起因しているようだ。

その中で、尼崎市は2004年にそろばんを使った
独自科目「計算科」を実施するため国の特区を
申請し、認定されたという。

今、尼崎市にとどまらず、そろばん学習は全国的に
広がっており、そろばん検定の受験者も増加している
ようだ。

確かにそろばんは、数を目で理解でき集中力や記憶力
もます効果があるので、学習することはよいことだが、
必須科目というところが気になる。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産




平成22年11月17日(水)
 
  < アッパレ!稀勢の里 >


大相撲九州場所2日目、稀勢の里が歴史的な
金星を挙げた。

63連勝中の白鵬を執念の寄り切りで倒す大殊勲。

これまでもその恵まれた身体と馬力から日本人力士の
ホープと期待されながら裏切ってきた。

2日目の朝、親方に5つの秘策を伝授されたという。

(1)立ち合いの入り方。(2)引きたくなっても押し続けろ。
(3)自信を持て。(4)自分自身を鼓舞しろ。(5)取組後
は何があっても謙虚な姿勢を忘れるな。

この5つの教えを守って見事金星。

稀勢の里は貴乃花に続く18歳3カ月の史上2位の
最年少で幕内に昇進したが、その後6年間も結果を出す
ことができず、先場所は白鵬に敗れ54連勝を許した。

その昔69連勝の双葉山を破った安芸ノ海はその後
横綱に昇進した。

稀勢の里にも一気に大関、横綱を目指して
もらいたい。


                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産




平成22年11月16日(火)
 
  < ふん害 >

宮崎市の目抜き通りに、ムクドリが群れをなしている。

毎夕、どこからともなく飛来し、通りの樹木を我が物顔で
占領している。

その数約1万羽。

市内中心に飛来するようになったのは2000年頃。

JR宮崎駅前の高千穂通りのクスノキなどをねぐらにし、
その対策に防鳥ネットをかぶせたら、今度はデパート前
交差点南側のワシントニアパームに移動した。

ムクドリは電線などに止まってふんをしてから、ねぐらに戻る
習性があるという。

橘通りに隣接する一番街のアーケードなどは、依然として
ふん害に悩まされているようだ。

ムクドリはもともと冬鳥で、宮崎では夏に見られることは
なかったが、30年くらい前から通年で見られるように
なったらしい。

ムクドリに対する抜本的解決は難かしく、どう共生して
いくか?

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成22年11月15日(月)
 
  < 江戸街並み演出 >

最近、東京では江戸街並みをつくり、江戸情緒を
感じさせる演出が行われている。

羽田空港新国際ターミナルに設けられた「江戸小路」か゜
その一つだ。

江戸の街を出現させた空間に、日本の伝統や文化を
感じさせる店が並んでいる。

ここの建物には、本物の無垢の材木や土壁、天然染料で
染められた暖簾などを作った、まさに本物の江戸の街を
再現している。

もう一つが東京・日本橋に完成した高層オフィスビル。

一階には、創業300年を経たかつお節専門店、その
隣には刃物専門店がある。

かつお節専門店では、職人による削りの実演が行われ、
刃物専門店では職人に゜よる包丁研ぎの実演が
行われているという。

物を販売しつつ文化を伝える試みだ。

現代化の中にも、江戸の文化を前面に出すのは来訪者
にも住み人にも楽しい場となるのは間違いない。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成22年11月12日(金)
 
  < 家電店で電気自動車 >


三菱自動車は家電量販店で電気自動車を売り出す
ことにしたようだ。

家電量販店の集客力を活用、自動車販売店に足を
運ばない購入層を取り込む計画という。

自動車大手はこれまで新車の販路を自社の系列
販売店にほぼ限定してきた。

ただ、今後住宅に設置した太陽光発電システムからの
電気を電気自動車に搭載した電池に蓄えるなどガソリン
車にはない「家電」としての電気自動車が拡大していく可
能性が高いと見られていることから、家電ルートで新車を
販売することになったようだ。

ヤマダ電機では三菱自動車の電気自動車だけでなく
12月に発売予定の日産の「リーフ」を扱う方針らしい。

自動車が自動車という商品から家庭電化製品という商
品となるのは、意外と早まるかも知れない。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成22年11月11日(木)
 
  < 次郎柿 >


延岡市北方町の特産品である次郎柿の出荷が
始まったようだ。

次郎柿は、平たく四角に近い形をしていて富有柿より
果汁が少なく、シャキシャキしていて歯応えがある。

個人的には、このシャキシャキ感が好ましい。

今年は、裏年に当たり昨年より収穫量が少ないらしい。

柿の色は、橙、黄色、赤のどれでもなく柿独特の色で
そのつややかな天然の色はまさしく自然の生み出した色だ。

柿は、その果実だけでなく、その葉っぱも古くから活用
されている。

若葉なら天ぷらそして寿司にもくるみ、茶にもなる。

さらに柿渋は防腐材にもなる。

柿ほど才色兼備の果物はない。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成22年11月10日(水)
 
  < ロッテ日本一 >


プロ野球の日本シリーズは、7日に行われた第7戦で
ロッテが中日を延長戦の末、破り2005年以来5年ぶり
4度目の日本一となった。

リーグ3位からの日本一は史上初で西村監督は新人監督
では、9人目となるシリーズ制覇を遂げた。

7戦中3戦が延長戦という実力伯仲のシリーズだったが
結果的にはロッテの打力が中日の投手力に勝ったと
言えよう。

ファーストストライクから振って出る積極性が印象に
残るがボール球を見極め、くさい球はファウルでカットする
粘り強さも光った。

また打線好調の陰に隠れがちだったが、中継ぎ投手も
奮闘した。

西村監督のスローガンは「和」。

不振の選手でも起用し続けるという。

このシリーズは、リーグ戦で不調であった選手が活躍
したのは、偶然ではなかったということだろう。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成22年11月9日(火)
 
  < 歌と花火 >


7日、口締疫復興を支援するため、シンガー・ソングライターの
泉谷しげる氏らが企画した野外イベント「水平線の花火と
音楽」が、宮崎市のみやざき臨海公園であった。

イベントは、4部構成で正后に開始して午後8時まで
行われた。

高鍋町出身の今井美樹や松山千春ら14組が出演した。

午後7時から約1時間にわたって、音楽に合わせて
プラグラミングされた花火約1万発が夜空を覆い尽くす
かのように打ち上げられた。

県内史上最大級の規模で複数の場所から彩り豊かな
花火や巨大な尺玉が次々と打ち上げられ、夜空を覆った。

このイベントは今回だけでなく今後7年間続けていく
予定だそうだ。

宮崎の新しい祭りとなるに違いない。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成22年11月8日(月)
 
  < ラーメン >


先日久しぶりにラーメン専門店でラーメンを食べた。

このラーメン店は歴史があり、高校時代にはよく利用
していた。

店の真向かい側には、2軒の映画館があり映画観賞後
は、この店でラーメンを食べるのが常であった。

白濁しているとんこつスープと腰のある麺で絶妙な
味のラーメンである。

以前は道路に面して店があったが、今は道路より
少し離れたところに店がある。

店内は昭和の時代そのもので、おせいじにもきれいとは
言えないが、カウンター席もテーブル席も長い年月を
経ている風格があり、温かい雰囲気だ。

久しぶりに宮崎ラーメンを堪能した。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成22年11月6日(土)
 
  < 津軽弁?フランス語? >


TVで放映されているトヨタの小型車「パッソ」の
CMで、登場人物が交わす津軽弁の会話が、今
話題になっているようだ。

会話に使われているのは津軽弁なのだが、語感から
フランス語に聞こえるらしい。

会話の内容は次のとおり。

「わのかでパン、しけるめに鍋さフォンデュせば、
うたでぐめよ」

(わたしのフランスパン、焼きたてのうちに鍋でフォンデュ
すればおいしい)

「せばだば、やってみら」

(それでは、やってみます)

津軽弁は鼻濁音が多く、フランス語に似ているようだ。

CM担当者は、この津軽弁とフランス語の共通性をとらえ
その意外性を狙ったようだ。

その企画は見事に的中し、このCMの会話は話題となり、
ブレークした。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成22年11月5日(金)
 
  < 「エンドファイト」 >


TVであるリンゴ農園を紹介していた。

その農園では一切農薬を使用せずにリンゴを栽培
しているという。

それでも害虫に冒されることなく、農薬を使用したリンゴ
よりも立派に生育しているらしい。

その農園には、色々な雑草が生い茂っていて、見るからに
草茫々といった状態である。

ところが、この雑草により地表に微生物が増殖し
その微生物がリンゴの木と共生し、リンゴの木の生命力を
強化しているという。

この微生物のことを「エンドファイト」と呼ぶらしい。

「エンドファイト」は、植物の体内に入り込み植物の生長を
早めたり、病気や虫から植物を守る効果があるらしい。

リンゴ農園では、偶然にも雑草の中にこの「エンドファイト」が
生息していたに違いない。

この「エンドファイト」は、農薬を使わない次世代農業の
決め手となる可能性がある。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産




平成22年11月4日(木)
 
  < 紅葉と雪と台風 >


先週は、10月としては記録的な寒気が北日本に雪を
降らせた一方、季節外れの台風14号が沖縄から奄美
群島そして関東地方の沖合いを通った。

夏の名残の嵐と冬の寒さで秋の出番がなくなった
ような感じだ。

紅葉と雪と台風で何とも夏秋冬の入り混じったような
気候で、日本列島は振り回され、人間も夏物と冬物の
衣類を気温に合わせて着替えしなければならないほど
だった。

今週に入って気温も下がり漸く秋らしい天気となった。

暑い夏と冷え込む秋は、紅葉を鮮やかにすると
言われているので、各地の紅葉の名所では多くの
見物客が賑わうに違いない。

明治時代に来日した米女性旅行家は「秋の日本こそ
典型的な地上の楽園だ。」とその著書に記している。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産




平成22年11月2日(火)
 
  < 木炭専門店 >


古くから人々の生活に欠かせない燃料として利用されてきた
木炭。

その燃料としての役割がガスや電気などに移った現在でも
営業を続けている木炭専門店が市内にある。

その店の創業は昭和31年。

当時は多くの家庭が薪で風呂を沸かし、木炭で暖をとるのが
当り前で、木炭専門店が15件以上あったという。

しかし、時代の変換とともにその役割がガスや電気に移り
その需要は激滅していった。

そんな状況下でも、この木炭専門店は近くの飲食店などの
注文に支えられ木炭をを取り扱い続けたようだ。

ところが最近では、木炭の良さが再認識され、地鶏の
炭火焼きブームにも後押しされて、注文量も増加しており、
さらに家庭用に個人で購入するのも多いという。

商売、何か福をもたらすのか分からない。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成22年11月1日(月)
 
  < 宮崎神宮大祭 >


宮崎の秋を彩る宮崎神宮大祭が30、31日に開催された。

市民の風習を時代ごとに反映させている神賑(しんこう)行列
は、神武こども太鼓や日向木剣おどり、神武天皇の東征を
再現した「おきよ丸」や行列に花を添えるミスシャンシャン馬で
構成されていた。

今年は天照大神を模した約4メートルのモニュメント
「アマテラス」が初登場した。

また、姉妹都市・橿原市からは女帝パレード、熊本県からは
陸上自衛隊第8音楽隊も参加し、かってない盛り上がりを
見せた。

高千穂通りでは、「神武さま広場」が設けられ獅子舞や
和太鼓演奏などの郷土芸能が披露され、夜の街が大勢の
人々で賑わった。

今年は、過去に例のない口蹄疫に見舞われ、多くの
畜産農家に大きな被害をもたらした。

今年の「神武さま」は、そんな宮崎を元気にしたいという
関係者の熱意を強く感じた。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



 過去の記事
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年3月
2008年2月
2008年1月
2007年12月
2007年11月
2007年10
2007年9月
2007年8月
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2007年2月
2007年1月