Q&Q日記!  宮崎の風景・時事雑感・食べ物所感・歴史所感・映画・TV所感・スポーツ所感等々を書きます。

                                                                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産

宮崎市賃貸不動産情報満載!!宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産へようこそ!
宮崎市賃貸情報TOP Page
宮崎市空室情報
・神宮・文化
 公園周辺部
・宮崎市北部
・宮崎駅周辺
・宮崎市中心
・宮崎市東部
・宮崎市南部・
 西部
  シングル
 
 ファミリー
 写真で検索
・神宮・文化
 公園周辺部
・宮崎市北部
・宮崎駅周辺
・宮崎市中心
・宮崎市東部
・宮崎市南部・
 西部
  シングル
 
 ファミリー
 G-mapで検索
・神宮・文化
 公園周辺部
・宮崎市北部
・宮崎駅周辺
・宮崎市中心
・宮崎市東部
・宮崎市南部・
 西部
  シングル
 
 ファミリー
 こだわり物件
ペット飼育可
学生さん向け物件
新婚さん向け物件
新築物件
築浅物件
家電付
駐車料込み
オートロック
シングルバストイレ別
CATVインターネット付
バリアフリー物件
夜道安全物件
 その他物件
貸店舗・事務所
貸駐車場
戸建物件
パロラマ動画物件
 日    記
Q&Q日記
猫ファミリーBlog
どんげこんげ日記
宮崎街並Blog
宮崎イベントBlog

 各 種 情 報
宮崎市空室情報
希望条件登録
来店案内予約
会社概要
地 図
お問合せメール
免責事項
個人情報の取扱
Q&Qリンク集
不動産屋さんリンク集
 西日本
不動産屋さんリンク集
 東日本

saranari.net
ふれんず


  メール 
  この日記の感想をお聞かせください。。
   
2 0 1 2 年 1 月

平成24年1月31日(火)
 
  < 一ツ葉海岸 >


宮崎市の新別府町から佐土原町まで南北約12キロ続く
一ツ葉海岸。

アカウミガメ産卵地の砂浜は、県の天然記念物に指定され
一帯の松林と白砂青松の景観を生み出している。

松林はクロマツで出来、最大幅約1キロ、面積約830ヘク
タールに及んでいる。

潮害から守る保安林の役目も果たしている。

樹齢は太いもので百数十年。

昭和初期からの松くい虫被害や戦時中の油採取などで、
大木は失われてしまったという。

一葉稲荷神社の境内にあった「一葉の松」が海岸名の
由来とされている。

現在、阿波岐原森林公園市民の森やフェニックス自然動物園
などが整備され、市民や観光客に親しまれている。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成24年1月30日(月)
 
  < 新燃岳、あれから1年 >

昨年1月に新燃岳が約300年ぶりの本格的マグマ噴火を
してから丸1年となった26日。

現在、噴火活動は小康状態保っているが、その一方でマグマ
の蓄積は衰えをみせず、いつ再噴火が起きてもおかしくない
状態だ。

ある小説での物語だが、西暦20××年に宮崎県沖で
大きな地震が発生し、その翌日からの霧島火山周辺での
群発地震の発生後、霧島山の地下にある加久藤火山が
巨大噴火を起し破局的噴火となったことを描いている。

このときの噴火のエネルギーは阪神・淡路大震災の4万倍
とされている。

この噴火で霧島火山の根っこの10キロくらいからなくなって
しまい、直径16キロくらいの霧島火口よりはるかに大きい
輪のカルデルというへこみになるという。

実際に30万年前に巨大噴火を起こしているとのことで、それ
を前提に書かれた小説である。

この噴火により宮崎県民の90%が大火砕流で亡くなる
らしい。

この小説の中の一節。

「火砕サージが街に突入すると逃げ遅れた人々は肺を
焼かれバタバタと死んでいった。遺体はサージがどこかへ
吹き飛ばした。
六秒遅れて火砕流本体が通過し、都城市街地を厚さ140
メートルの真白い火砕物で埋葬して行った」。

現実にこの小説のような火砕流が押し寄せたら南九州だけで
なく、日本列島全体が二次、三次の災害で機能を失ってしま
うに違いない。

謙虚に大地の声に耳を傾けなければならない。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年1月28日(土)
 
  < 理 髪 店 >


小説家夏目漱石の「吾輩は猫である」に「吾輩だって喜多床に
行って顔さえ剃って貰やぁ、そんなに人間と異ったところはありや
しない」という文章がある。

その喜多床は、1871年(明治四年)創業の日本で最も古い
理髪店である。

明治四年に断髪令が施行された年に東京・本郷に創業。

創業者は、フランスの軍人から西洋理髪の技術を学んだ
という。

明治一七年に加賀百万石の前田邸跡に東京帝国大学が
できると、帝大生や教授、文士など知識人が集まるサロン
となった。

伊藤博文、新渡戸稲造らも通ったようだ。

大正時代に区画整理で立ち退きを余儀なくされ、丸の内、
渋谷へと移転した。

現在は四代目と五代目の娘で、店を切り盛りして古くからの
馴染みのお得意客の相手をしているようだ。

                   宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成24年1月27日(金)
 
  < シジミ >


今、松江市と出雲市にまたがる穴道湖では、寒シジミが旬を
迎えているという。

穴道湖は淡水と海水が混じった汽水湖。

穴道湖産のシジミは全国のシジミ漁獲量の3割を占め全国
一の産地となっているようだ。

シジミは産卵期前の5~7月の「土用シジミ」と越冬のため
栄養を蓄える12月~3月の「寒シジミ」が特においしい
らしい。

シジミは昔から肝臓に良い食材として知られてる。

肝機能を高め、疲労回復やストレス軽減の効果がある
「オルニチン」が豊富で、肝機能を活発にするビタミンB12、
鉄分、カルシウムを含んでいる。

味噌汁の具に利用されていたシジミだが、最近ではシジミ
漁獲量が減り、食用シジミも減少しているようだ。

シジミが生息できる環境が少なくなったせいか。

                   宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成24年1月26日(木)
 
  < 多摩ニュータウンの建て替え >



全国最大規模の多摩ニュータウン(東京)で、最も早い1971年
に分譲され、老朽化した団地の建て替えが進められていると
いう。

今、高度成長期のサラリーマン家庭などを支えた団地の住民は
一斉に高齢化。

若い世代との交流を念願に置いたマンションへと変貌を遂げ
再生に向けた新しいつながりが芽生えているようだ。

古い団地は3DK約48平方メートルと手狭で耐震性も問題が
あり、エレベーターもなかった。

新マンションは11~14階で計7棟で、3LDK80平方メートル
台。

新規分譲分で建設費などを賄い、元の住民は同じ広さ部屋を
費用負担なしで手に入れることができるらしい。

世代を超えた交流を目的に、家庭菜園や犬専用の広場などを
用意するとのことだ。

                   宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年1月25日(水)
 
  < 歌川国芳 >


江戸時代の浮世絵師と言えば「東海道五十三次」で有名な
歌川広重の名が浮かぶ。

同じ歌川姓で歌川国芳という浮世絵師がいた。

江戸っ子を絵に描いたような気性だったらしいく、闊達な
性格で小事にこだわらず、もらった画料は、その日のうちに
使ってしまったという。

そんな国芳の江戸っ子気質を色濃く投影している作品が
戯画や風刺画の数々。

猫、キツネ、カエル、魚等々。

中でも、猫好きで、常に5、6匹の猫を飼い、懐に1、2匹
の子猫を抱いて作画したと伝えられている。

それだけに猫の仕草に対する観察眼は鋭く、猫を擬人化
した作品も多いようだ。

国芳作品から、現代日本でますます盛んな漫画、劇画の
源流の一つを見ることができる。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年1月24日(火)
 
  < 本谷昭和橋 >


日向市本谷の富高川に架かる本谷昭和橋。

宮崎県内に現存する石橋の中でも数少ない三連アーチ橋
である。

1927年架橋。

使われた石は門川町から切り出し、馬車による運搬や工事
には、地元住民による協力のもとに進められたという。

アーチを構成している輪石は、幅、長さとともに切石のそろ
ったものを使用し、要石だけが長い切石になっている。

壁石の積み方は明治以降によく見られる切石整層積み。

橋には門川石が使わられ、石の間をしっくいで埋めて
いる

各アーチの中央部分を突き出させ、アーチ石を二重にする
などの工夫が施かされている。

この橋が完成して80年以上経った現在も地元の生活道路
として使われている。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年1月23日(月)
 
  < 宮崎市の地名 >


宮崎市の中心街には、県外の県庁所在地から由来したかの
ような地名が多い。

JR宮崎駅前の「広島」、

大淀大橋北詰の「松山」、

大塚台や生目台へ抜ける橋の名前にもなっている「高松」
通りなど。

しかし、いずれも県外の地名とは無縁だという。

「広島」は古墳が点在した高地帯で災害時にも「島」のように
水没しない広い土地であることから名付けられたようだ。

高松通りは、大正時代まで地名の由来となる高い一本松が
あったとされている。

松山、老松通りも同様。

店名に出身地の名残りをとどめる老舗もある。

名古屋出身の創業者が名付けた「金城堂本店」がそうだ。

金のしゃちほこがあり「金城」と称される名古屋城から店名を
付けたようだ。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成24年1月21日(土)
 
  < 家 >


最近の住宅をみると、どの建物も画一的で個性というもの
がない。

住まいは本来、周りの環境との兼ね合いの中で造られて
きた。

それぞれの地域でそれぞれの風土に合った住まいが長年
の間に育まれた。

しかし最近の家造りは「商品」としての色合いが濃くなって
いるため、大量生産型で安価に市場に供給されているよう
にみえる。

建物そのものはパッケージ型で建築技術やデザインの
多模性がなくなり均一化してしまった。

住まい造りは、商品型の造り方だけではなく地域の環境、
自然、風土を取り入りた多様な選択肢があってもよいと
思うのだが。

地元の材料と大工さん、職人さんで住まいを造ることは建築
技術やデザインだけでなく地元経済にも貢献することと
なる。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成24年1月20日(金)
 
  < 「無買週間」 >


過剰な商業主義に対するアンチテーゼとしてカナダの
アーティストらにより創設された「無買日」という日がある
という。

その趣旨は日頃の行き過ぎた買い物の習慣を見直して
この日一日はお金を使わないというものだ。

この「無買日」をアレンジしたのが「無買週間」。

「無買週間」は必要なもの以外は極力「買わない」ことを
ルールとし、食事は家にあるものだけで工夫して作り、
外食はせずにお弁当を持ち歩き、日用品が切れたら
あるものを工夫して代用するなどお金を使わずに乗り切
るというものだ。

外から物が入ってこないため、ストック品が減り缶詰や乾物
を使った料理を覚えたり、たんすの肥やしになっていた洋服
の再利用を思いつくこともある。

「買わない」ことで物が減り、暮らしの知恵が身に付き、
お金を減らすことなく暮らしが豊かになる。

こんな良いことはない。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年1月19日(木)
 
  < 宮崎うどん >


宮崎の人はうどん好きが多いせいか市内にはうどん店が
多い。

うどん好きの食文化は讃岐うどんの本場香川県と似通って
いるとも言われる。

市内で最も歴史がある「大盛うどん」。

創業者は徳島県出身で1913年に創業。

つゆは讃岐うどんと違い色が濃い。

だしのいりこは大分県佐伯市産で近くの乾物店から仕入
れている。

地域内で材料を調達する過程で生まれたつゆで、どこにも
四国との接点はない。

1932年創業の「三角茶屋・豊吉うどん」。

腰の強い讃岐うどんに対し、同店の麺はお客からの要望で
軟らかい。

江戸時代、県内の山間部では二毛作で小麦を作って、うどん
は当時から県内にあった可能性が高いという。

しかし、宮崎うどんは 四国の影響を受けており四国からの
移住者が、今日のうどんの隆盛をきづいた可能性が
高いようだ。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年1月18日(水)
 
  < 裸足感覚の靴 >


現在、早朝体操で履いている運動靴は19年経っている。

さすがに靴底が薄くなり小さなヒビ割れもあって、路面が
濡れていると水が染み込んでくる。

19年も履いていると靴も履いている感覚がなくなり足の
一部みたいな感覚だ。

昨年末に靴屋に行き、適当な運動靴を捜した。

「裸足感覚の靴」という宣伝文句が目に付いたので早速
試し履きをした。

驚いたことに、まさに裸足感覚だった。

足指に沿った形状になっているため地面をしっかりつかむ
ことができ、前足部と後足部の前後差もわずかであるため
ニュートラルで裸足に近い状態だ。

運動靴も他の商品と同様、進化している。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年1月17日(火)
 
  < 痛くない針 >


関西大のあるチームが痛くない注射針を作ることを研究
しているという。

このチームは蚊に食われて血を吸われても気付きにくい
ことに着目。

実験用の蚊が針を刺す様子を観察した結果、次の事が
判明した。

蚊には上唇、下唇、咽頭、二つずつある大顎と小顎の
七つ道具があるという。

のこぎり状のギザギザの歯がある小顎を細かく振動させて
皮膚に穴を開け針状の上唇を差し込み血を吸うとのことだ。

下唇がこれらを支え、咽頭からかゆみの元となる体液を
分泌。

チームはシリコンで再現しギザギザの歯を持つ小顎針を
1秒間に30回振動させると歯のない針を振動せずに刺す
のに比べ、必要な力が3分の1になったという。

この無痛針が開発されれば、注射が苦手という人も
少なくなるに違いない。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年1月16日(月)
 
  < マグロ >


5日の初セリで、青森県大間産のクロマグロが過去最高値の
1匹5649万円を付けた。

去年まで3年続けて最高値のマグロを競り落としたのは
香港の飲食店。

経済成長が続く中国などで最近は高級すし店が人気で日本
産の高級マグロが目玉商品になっているようだ。

欧米でも魚色ブームが起きて、マグロの消費量が増えて
いるらしい。

とは言っても、世界中で一番マグロを食べているのは日本。

しかし日本でマグロがもとはやされるようになったのは戦後
のことだ。

冷凍保存ができなかった江戸時代には、脂肪の多いトロは
安い値段で売られ、居酒屋などでネギと一緒に醤油味の汁
で煮込んだねぎま鍋として食べられていたようだ。

現在では、冬のねぎま鍋は高級料理となり庶民の味から
離れたものとなった。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年1月14日(土)
 
  < 「不足」「欠乏」 >


これまで自動車業界では、ガソリンエンジンは既に完成された
ものとして、燃費性能の大幅改善は難しいと言われてきた。

そんな業界常識を覆したのが、日本のマツダ。

なぜ人員や予算の潤沢な巨大企業ではなく、マツダのような
中堅企業だったのか。

開発エンジニアが数十人で、人数不足であったため突破口が
見つかったのだという。

少人数であったため、あれこれと開発できず、エンジンの基本
に立ち返り、一から考え直したことから圧縮比に目をつけた
ようだ。

ガソリンエンジンの場合、圧縮を高めれば燃費が良くなるが
同時にノッキングと呼ばれる不具合が発生する。

マツダの開発陣は燃費効率を改善することで、この二律背反
を克服して、展望を開いたようだ。

それでも、このエンジン技術は5合目の段階で飛躍の余地は
大きいという。

「不足」「欠乏」に独創的に立ち向かうところから技術革新が
起きるという典型的な事例である。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年1月13日(金)
 
  < 運ぶ荷物を創り出す >


「ただ荷物を運ぶだけではなく、顧客の満足を創造する。」

ヤマト運輸創業者故小倉昌男氏の経営理念である。

個人向け荷物は儲からないという常識に挑み、スキー宅急便
やクール宅急便など顧客視点の発想を貫き業績を伸ばした。

しかし、宅急便市場は飽和状態となり、佐川急便、日本郵政
グループも追い上げてきた。

そのヤマトが宅急便創業35年で積み上げた小口配送のノウハ
ウを土台に、ネットスーパー、家電修理等次々と事業領域を
広げている。

和歌山県で地元スーパーのオークワと組んだネットスーパー
事業。

茨城県土浦市にある「茨城メンテナンスセンター」。

壊れた家電を回収し、最短3日で修理して顧客に配達して
いる。

荷物がなければ荷物を新たに創り出す発想でヤマトは成長を
追い続けようとしている。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年1月12日(木)
 
  < 日向大橋 >


宮崎県のほぼ中央部を流れる一ッ瀬川に架かる日向大橋。

同橋が架設される前は、約400メートル下流にある大淵橋、
福島橋の2橋だったが、昭和25年の台風で、それぞれ流失
傾斜したという。

日向大橋は、その翌年にの県工事として着手し昭和29年
に完成。

ローゼ桁と呼ばれる鋼橋で、この形式で架けられた日本で
最初の橋とされる。

同橋の完成は県民の悲願で、完成時にはマラソン大会や
のど自慢大会などのイベントがあり、橋の完成を祝ったと
いう。

今でも夏には花火大会やシジミ狩りが楽しめ、富田小学校
では、3連のローゼ部分が「一ツ瀬川の二次の橋」と校歌
に歌われるなど地域のシンボルにもなっている。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年1月11日(水)
 
  < 味 噌 >

日本の伝統的調味料である味噌。

味噌は大豆に麹や食塩を混ぜ合わせ発酵熟成させて造る。

日本の気候は発酵に重要な役割を果たす微生物(酵母等)の
働きを促すそうだ。

それぞれの蔵元によって棲み着いている微生物の種類にも
違いがある。

風土の違い(寒冷地、温暖地)により、味噌の仕込み内容、
熟成期間が異なり千差万別の味となる。

主成分の大豆にはタンパク質が含まれ、その中には生命維
持に不可欠な必須アミノ酸、過酸化脂質の増加を防ぐとさ
れるビタミン類などが豊富に含まれる。

コレストロールの抑制、脳の活性化、老化防止等様々な
効用があるとされている。

大豆のイソフラボンは女性ホルモンに似た働きがあるため
更年期障害の改善に効果が期待される。

日本の伝統的な調味料には、他の食材と比べると大変な
パワーがあるようだ。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成24年1月10日(火)
 
  < 椎葉村 >

8日、NHK大河ドラマ「平清盛」が始まった。

この大河ドラマに期待を寄せているのが、平家まつりなどで
“平家ゆかりの地”をアピールしている椎葉村。

同村には、約800年前、源氏との壇ノ浦の合戦に敗れた
平家の武士たちが、源氏の追っ手を逃れて山深い椎葉に
辿りついた平家落人伝説が伝わる。

源氏から追討の命を受けた那須大八郎は、この村で暮らす
平家落人を見つけたが、幕府には平家を討伐したと報告
する一方で、彼らと協力して暮らしたという。

やがて平家まつりのテーマになっている平清盛の末裔である
鶴富姫と那須大八郎の悲恋の物語へとつながっていく。

椎葉村で唄われてきた民謡「ひえつき節」には鶴富姫と
大八郎との恋と別れが歌い込まれている。

「篤姫」や「竜馬伝」などこれまでの大河ドラマはそのゆかり
の地の観光に好影響を与えている。

椎葉村も観光PRの絶好のチャンスとなるか。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年1月7日(土)
 
  < 橘公園通り >


宮崎市中心部を流れる大淀川沿いのフェニックスの並木通
りは、南国情緒が漂い、観光客や市民の心を和ませる。

この橘通東1丁目から松山2丁目までの800メートルは、通称
「橘公園通り」と呼ばれている。

戦前のこの一帯は、旅館、料亭などが立ち並ぶ歓楽街で
あった。

戦後になって、復興土地区画整理により宮崎県が川岸公園化
を決めた。

その後、宮崎交通がフェニックス植栽と遊歩道の整備をして
現在の公園の基盤を作った。

公園のシンボルは青と白、赤と白。

そのストライプ模様のロンプルテントが公園内に31カ所設置
され、そのカラフルさが通りを引き立てている。

フェニックスは現在約60本。

その樹齢が増し、近年害虫対策もあって維持管理は困難を
極めているとのことだ。

この橘公園から望む夕日は何とも言えない美しさだ。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年1月6日(金)
 
  < カレーライス >


先日、おぐら本店でカツカレーを食べた。

今でこそおぐらと言えばチキン南蛮の元祖の店として有名
であるが、元々は洋食店でチキン南蛮がメニューとして加わ
る以前はカレーライスが好評の店であった。

おぐら本店は山形屋デパートのすぐ裏の狭い路地にある。

狭い上に路面が荒れて歩きにくい。

店舗は古き良き昭和を思い出せる外観で、店内も一階が
カウンター席とテーブル席、二階はテーブル席のみ。

二階のフロアーは段差があるので、建増しをしたに違い
ない。

この店のカレーライスを食べたのは小学生の頃だ。

子供心にここのカレーのおいしさに感激した思い出が
ある。

先日食べたのが2回目。

カレーの味は変わっていなかった。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年1月5日(木)
 
  < はずれ天気予報 >


元旦の夕方、宮崎神宮へ初詣でに行った。

天気予報では、曇後雨となっていたが朝から上天気であった。

予報がはずれて明日以降、天気が悪くなるかも知れないと思い
元旦の初詣でとなった。

夕方四時頃であったが、案に相違して参道は参拝客で混雑して
いた。

昨年は本殿前辺りで、参拝客が列を連ねていたが、今年はお手
洗所付近から列を連ね、本殿に辿り着くまで相当の時間を要
した。

今年の参拝客は少なくとも昨年の倍以上の数であるに違いない。

恒例のおみくじを求めた。

「中吉」

「元気を出して捨てるべきは捨て、進め所へ進め」の文字に
目が止まった。

上天気は3が日と続き、天気予報は大はずれだった。

世の中の予報も悪いものは、はずれて欲しい。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産





 過去の記事
 2011年12月
 2011年11月
2011年10月 
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年3月
2008年2月
2008年1月
2007年12月
2007年11月
2007年10
2007年9月
2007年8月
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2007年2月
2007年1月