Q&Q日記!  宮崎の風景・時事雑感・食べ物所感・歴史所感・映画・TV所感・スポーツ所感等々を書きます。

                                                                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産

宮崎市賃貸不動産情報満載!!宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産へようこそ!
宮崎市賃貸情報TOP Page
宮崎市空室情報
・神宮・文化
 公園周辺部
・宮崎市北部
・宮崎駅周辺
・宮崎市中心
・宮崎市東部
・宮崎市南部・
 西部
  シングル
 
 ファミリー
 写真で検索
・神宮・文化
 公園周辺部
・宮崎市北部
・宮崎駅周辺
・宮崎市中心
・宮崎市東部
・宮崎市南部・
 西部
  シングル
 
 ファミリー
 G-mapで検索
・神宮・文化
 公園周辺部
・宮崎市北部
・宮崎駅周辺
・宮崎市中心
・宮崎市東部
・宮崎市南部・
 西部
  シングル
 
 ファミリー
 こだわり物件
ペット飼育可
学生さん向け物件
新婚さん向け物件
新築物件
築浅物件
家電付
駐車料込み
オートロック
シングルバストイレ別
CATVインターネット付
バリアフリー物件
夜道安全物件
 その他物件
貸店舗・事務所
貸駐車場
戸建物件
パロラマ動画物件
 日    記
Q&Q日記
猫ファミリーBlog
どんげこんげ日記
宮崎街並Blog
宮崎イベントBlog

 各 種 情 報
宮崎市空室情報
希望条件登録
来店案内予約
会社概要
地 図
お問合せメール
免責事項
個人情報の取扱
Q&Qリンク集
不動産屋さんリンク集
 西日本
不動産屋さんリンク集
 東日本

saranari.net
ふれんず


  メール 
  この日記の感想をお聞かせください。。
   
2 0 1 2 年 8 月

平成24年8月31 日(金)

< 上畑橋(うわはたはし) >



綾町上畑地区にある上畑橋は、ユニークなデザインの
橋だ。

親柱には、立派なニホンカモシカの銅像が立って
いる。

綾町は、ニホンカモシカ生息の南限。

現在も上畑地区の山林でたびたび出没するそうだ。

その他に、サルやクマタカ、ツグミやコジュケイなどの
野生動物も生息。

豊かな照葉樹林や清流をたたえる綾南川。

アユやウナギといった自然の恵みがすぐ傍にあり、人々
の暮らしと共存。

2006年からは、上畑地区の自然や多様な生物たちを
未来へ残すため、ふれあい調査が開始。

調査内容は、動植物や地域の歴史、伝統や伝説など。

地元が誇る美しい自然環境や文化を、しっかりと未来へと
つないでいる。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年8月30 日(木)

< 本屋さん >


本というものは、中味を読まなくても題名をながめている
だけで楽しいものだ。

そのうち、とある題名を見つけ、中味をよく読まないまま、
その本を抱えてレジに向かってしまうこともある。

同感だという本好きも多いはず。

その町の本屋さんが年ごとに減少しているという。

10年前には2万店近くあったが、今年5月現在で
約1万4700店。

たくさんの本屋さんが、次々に町から消えていく。

出版不況が背景としてあるうえ、コンビニやネット書店
が隆盛している影響も大きいようだ。

町の本屋さんは、かけがえのない本との出合いの
場だ。

ふとした偶然でそんな本と出合い人生が一変してしまう
のも本屋さんの醍醐味。

本屋さんが消えてしまうにつれ、何かとても大切な
ものをなくしつつあるような気がしてならない。

                 宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年8月29 日(水)

< 賢 所(かしのっこ) >


日南市北郷町北河内の宿野地区にある小さな森。

その森は海幸彦が山幸彦から逃れ、流れ着いたとされ、
地域の人々は古来、「賢所」と呼んでいる。

神話では、弟の山幸彦が兄の海幸彦に借りた釣り針を
漁の途中でなくし、それが原因で兄弟間に確執が生まれ、
争いに敗れた海幸彦は、賢所にたどり着き、以来
「潮獄の里」と呼ぶようになったという。

賢所の由来には、諸説あるようだが、昔カシの木の
根元に地域共同の水源「井のこ」が湧いていたため、
「カシの井のこ」がなまって「かしのっこ」になったの
ではないかという。

釣り針が争いの種になった伝説にちなみ住民は
縫い針の貸し借りをしないようだ。

この地を長年にわたり治めたという海幸彦は今も
人々の心に生き続けている。

                 宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年8月28 日(火)

< 佐土原ナス >


ナスは夏野菜の代表格。

体を冷やす効能があり、夏バテ気味の体にピッタリ。

佐土原ナスは、古くから旧佐土原藩内で自家栽培されて
いたが、戦後、見た目や収量を重視した新品種に取って
代わられ姿を消したようだ。

しかし、地産地消ブームもあって2002年に復活、2005
年に佐土原ナス研究会もできた。

研究会は、お薦めレシピを考案。

先ずは三杯酢漬け。

乱切りしたナスを油で素揚げし、三杯酢に漬け込んで
作る。

次に佐土原ナスとトマトのあっさり煮。

ナスとトマトを煮込み、固形スープの素を加えるだけの
イタリア風。

最後に王道の焼きナス。

ネギとしょうゆを落として食べる、焼きナスが一番のようだ。


             宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年8月27 日(月)

< カローラ >


日本のモータリゼーションの主役と言えるクルマを一つ
挙げるなら、1966年発売のトヨタ・カローラだ。

最大のライバルは、同じ1966年発売の日産・サニー。

エンジン排気量はサニーの1000ccに対し、カローラは
1,100cc。

この100cc差をとらえて、トヨタが「プラス100ccの
余裕」というキャンペーンを展開し、消費者の心を
つかんだエピソードは有名だ。

そのほか車の幅や長さ、高さでもカローラはサニーを
25ミリ~40ミリ上回り、デラックスなクルマを演出
した。

カローラ以前のパブリカは技術的に良かったが、豪華さ
に欠けたため売れなかったことからの経験を生かした。

大衆車時代の幕を開いたカローラは、日本の自動車産業
が飛躍する磯石になったクルマであることは間違いない。
 
             宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年8月25 日(土)

< シソの千枚漬け >

千枚漬と言えば、カブが定番。

ところが、椎葉村にはシソの千枚漬けが古くから伝わる
そうだ。

株の上にある柔らかい葉しか使えないため、シソが大量
にできた年しか作れない貴重なものだという。

200本ほどの株から、おそらく2千枚以上の葉をちぎり
水で洗い、土やほこりを取り除く。

10回以上繰り返すため、この作業が一番大変だと
いう。

次に水分を抜くため、きれいに洗った葉を塩漬けに。

このとき使うのが、昔豆腐を作るときに使った箱型で
「豆腐ごう」と呼ばれるもの。

豆腐ごうに食塩を散らし、その上にシソを敷き詰める。

蓋を載せ、石を置いて重しにする。

水分が抜けたシソを今度は味噌に漬け、3日後シソを
適当な大きさに切り、竹の皮で包み涼しい場所に保管。

3カ月後に食べられるそうだ。

どんな味になるのだろうか。

                  宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年8月24 日(金)

< 古港橋 >


宮崎市から高鍋町に向かう国道10号線に親柱にアカウミ
ガメの親子が乗っている橋がある。

橋の名前は古港橋。

1993年宮田川の河川改修事業の際に誕生。

高鍋町が県の天然記念物に指定されているアカウミガメの
産卵地であることから、カメの親子が設置されたようだ。

アカウミガメは5月下旬から8月中旬にかけて産卵、ふ化
する。

今年は今月上旬までに約200頭の上陸があり、そのうち
100頭ほどの産卵が確認されているようだ。

アカウミガメは、美しい環境でしか産卵しないという。

アカウミガメが高鍋に上陸できるのは、砂浜の清掃や
環境を守るボランティアたちの地道な活動が
あるからだ。

                  宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年8月23 日(木)

< 国富のニラ >


強い日差しを浴びた夏場のニラは、ビタミンなどの栄養が
豊富で夏バテ防止効果がうたわれる。

JA宮崎では年間800トンのニラが生産されるが、その
ほとんどが国富産。

高齢でも育てやすいと広まったという。

通年で出荷され、葉物が少ない夏場も価格が安定。

ニラ農家の朝は早い。

今の時期は午前3時から収穫を始め5時までに終え、
その後すぐに作業部屋に運び選別作業。

JAは品質保持のため涼しい場所での選別作業を推奨。

雑草や害虫に負けず収穫後すぐに次の芽が出てくるなど
生命力があり、そこからカタミナ食というイメージがついた
のかもしれない。

調理のこつは、最後に入れて余熱で炒めるぐらいが
よいそうだ。

                  宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年8月22 日(水)

< コンビニ >


セブン・イレブン・ジャパンが先導するフランチャイズ方式
のコンビニエンスストアチェーンは、本部と加盟店の二人
三脚で成り立つ。

日本初のコンビニは1974年5月、東京・江東区豊州で
誕生。

造船所と遠景にアシの原が広がっていた埋め立て地は、
今、オフィスビルやマンション、商業施設が点在する新興
市街地に変貌し、木造2階建て店舗兼住宅の酒販店を
改装したセブンイレブン1号店は、鉄筋コンクリート5階
建てのビルに変わった。

当時24歳のオーナーは、現在、社員、パート、アルバイト
総勢38人を率いる今も、午前3時半起床、4時には店に
出る日課をこなしているという。

米国で生まれ日本で進化したコンビニは、10兆円産業が
目前で小売業の主役をうかがう。

個人商店に時代の主流に乗る方法を提示した偉大な
社会革命と言えるかもしれない。、

                 宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年8月21 日(火)

< 高千穂峰(たかちほのみね) >


霧島連山の最南端にある高千穂峰(標高1574メートル)。

山の頂を囲む雲の切れ間から黄金色の朝日が差し、天逆鉾
を照らす。

穏やかな綾線を描く山容。

県北の高千穂町とともに天孫降臨の神話が伝わり、古来、
霊峰としてあがめられてきた。

アマテラスオオミカミの孫ニニギミノミコトが、地上の統冶者
となり降り立った地とされる。

頂上の天逆鉾は二度と争いがないように突き立てられたと
伝わっている。

全長が約2メートルの金属製で、その半分は地中に
埋まっている。

幕末時の坂本竜馬の新婚旅行の地、故事記編さん
1300年などの話題であって、今では多くの登山客が
訪れている高千穂峰だ。

                 宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成24年8月20 日(月)

< 平兵衛酢ゼリー >


日向地域の特産平兵衛酢。

焼き魚に搾ったり、焼酎を割ったり使い方はさまざま。

そんなさわやかな香りと酸味を夏場に味わう一品は
平兵衛酢ゼリー。

水を沸騰させ、粗熱を取ってゼリーのもとを溶かし、
平兵衛酢の果汁を混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やして
固めれば出来上がり。

実を薄く輪切りにして飾りつければ、見た目も
涼しげ。

果汁単独では口の中を刺激するような酸っぱさも、
ゼリーで中和されてマイルドに。

汗をかき、水分が失われた体にさわやかな酸味が
入ってくる感覚。

もともと平兵衛酢には疲労回復に効果があるとされる
ビタミンCが豊富。

平兵衛酢は用途が幅広く、ポン酢にして冷や奴、焼きナス
にかけてもいい。


                 宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成24年8月18 日(土)

< クリケット >


船のオール状のバットで投手が投げた球を打つ英国発祥の
球技「クリケット」がにわかに脚光を浴びてきているようだ。

日本のクリケットの起源は、1868年の横浜でのクラブチー
ムの誕生とされている。

俳人の正岡子規らが野球を始めた頃よりも前になるが、
英国人の誇りを東洋の島国で教えても意味がないと思っ
たのかもしれない。

クリケットは英国の中上流階級のスポーツで、労働者の
スポーツとのイメージがあった。

サッカーとは一線を画す高貴さがあったのだという。

これまで世界で人気のスポーツながら日本では超マイナー
競技であったが、7月27日に開幕したロンドン五輪に伴い
クリケットを紹介するニュースや記事が増えたようだ。

クリケットが日本に伝わって今年で144年。

ブームは来るのか?

                宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年8月17 日(金)

< 双龍橋 >


豊かな自然の中でキャンプや森林浴を満喫できる日南市
北郷町の蜂之巣公園。

プールやテニス散歩など家族で夏を楽しめる公園である。

公園内には、清流をたたえる広渡川に架かる二つの橋が
ある。

管理棟と第2キャンプ場を結ぶつり橋。

さらに上流へ進むと双龍橋がある。

2頭の龍が天に駆け上がっているような斬新なデザインの
橋。

双龍橋は以前の橋が老朽化したことから、1985年に
架け替えられて誕生。

橋の中に10本のピアノ線が埋め込まれ、橋を吊るワイヤ
ーがないのが特徴。

橋脚は中央部に1基あるだけで日本では初めてのこと
だという。

人目に触れることを避けるように緑の中にひっそりとある
双龍橋だ。

             宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年8月16日(木)

< 田野のサトイモ >


宮崎市田野町では、特産品のサトイモが収穫期を迎えて
いる。

宮崎県のサトイモの生産量は全国1位で、そのうち田野
町は約2割を生産しているという。

サトイモは連作がきかないため、ダイコンやニンジンなど
他の野菜を作りながら畑を回していく。

火山灰土の黒土が広がる同町は栽培できる作物の種類
も多く、雨も多いとあって条件が揃っているようだ。

旬のサトイモはみずみずしく、一番おいしいという。

茹でてから冷やし、わさびしょうゆをつける食べ方が
一押しだそうだ。

皮をつるってむいて口に運べば、粘りのある食感、イモ
の甘み、みずみずしさといった食材そのままの味を味
わえ焼酎のつまみに最高という。

                  宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年8月11日(土)

< そうめん >


夏の麺料理として代表的な冷やしそうめん。

冷やしそうめんをそうめんつゆにつけて食べるのが
一般的。

そのそうめんの食べ方が多彩になっているという。

そうめんつゆにつけるだけでは飽きるため韓国風や
イタリア風、サラダ風などにアレンジする人が増えており、
食品メーカーも様々な味のつゆを相次ぎ投入。

丸美屋食品工業のそうめんなどにかける「かけうま
麺用ソース」、「ビビン麺の素」。

ミッカンの「刻みゆば」が入った豆乳ベースの「冷やし
ぶっかけつゆ豆乳ゆば」。

キッコーマンのそうめんと生野菜を合わせてかける
「サラダ麺つゆ」。

そうめんの新たな食べ方だが、やはりそうめんは
そうめんつゆで食べ方が涼感が得られる。

                  宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成24年8月10日(金)
 
< レコード回帰 >


日本レコード協会によると、2011年のアナログレコードの
生産数量は21万枚で2010年比でほぼ2倍に増えたと
いう。

音楽配信や電子書籍と、コンテンツをダウンロードして
手に入れる時代だからこそ、レコードのアナログ感に
親近感が寄せられているのかもしれない。

また、レコードの音はCDの音より厚みやぬくもりが
あるため、表現方法として重視するミュージシャンも
増えているようだ。

現在の音楽配信で音だけを手に入れるのは味気ない
と感じている消費者も少なくないという。

独特のライブ感を表現していたり、暖かみのある音に
癒やされたりするレコードの音は、デジタルな音に
ならされた耳には新鮮に聴こえ、中高年世代は若い
ときにレコードを集めて、しばらく離れていたため、
改めて郷愁をかき立てられるのかもしれない。

              宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年8月9日(木)
 
< 赤池キャンプ場 >


渓谷の醍醐味を凝縮したような串間市の赤池キャンプ場。

水の浸食が生んだ滝や甌穴(おうけつ)、柱状節理の岸壁が
あり、ヤマハゼやモミジなど樹種の豊富な自然林に囲まれて
いる。

今の季節、涼を求めて水遊びやバーベキュウ、川釣りなどを
楽しむ人々で賑わっている。

県道3号の揚原交差点から車で約15分のところにキャンプ
場の入口と駐車場。

階段を下りると、バンガローⅠ棟と炊事場、広場があり、その
一角に赤池神社の社殿が鎮座。

赤池神社には伝説があるそうだ。

かって赤味がかった池があり、そこに龍神が住んでいた。

鐘や太鼓を打ち鳴らしてお参りすると雨が降るという雨乞い
の御利益で知られ、日照りの時は遠方からも参拝が
あったという。

              宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成24年8月8日(水)
 
< 創業511年 >


福岡市の歓楽街・中洲につながる春吉橋のたもとにある
日本一古い筆屋。

室町時代に創業し、今年で511年。

江戸中期の4代目に、黒田藩主から「復古堂」の商号を
与えられたという。

筆のほか、紙、墨、すずりを主に販売。

筆は筑紫筆の伝統を受け継ぎ、筆先がすいてあり、毛の
膨らみがやや細身なのが特徴。

現在の10代目は、大宰府天満宮境内で筆を取り扱って
もらうなど、新たな販路を開拓。

書道離れへの危機感から書道作品の表装や展覧会の
企画運営も行っているという。

一方で、書家が好む高級和紙や伝統の筆などは今も
変わらず店に陳列。

伝統を重んじながらも、新規顧客獲得のための挑戦を
続けている老舗だ。

            宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成24年8月7日(火)
 
< アイスキャンデー >


今年の夏の暑さは格別。

小学生の頃、暑い夏の日、荷台に固定した箱に氷旗を
立てた自動車で、カランカランと鐘をならしながら、アイス
キャンディー売りのおじさんがやって来たものだ。

その姿を見つけると硬貨を握りしめて家を飛び出し、
アイスキャンデーを求めた。

近所の子たちも同様。

おじさんは、硬貨と引き替えに割り箸が握り棒のアイス
キャデーを箱から出して手渡してくれた。

中学生になる頃には、割り箸は先のまるくなった板の棒に
変わり、むき出しだったのが袋入りになった。

それが駄菓子屋の店先でいつも買えるようになり、夏が
きてもアイスキャンデー売りのおじさんの姿は見かけ
なくなった。

            宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成24年8月6日(月)
 
< 玉 橋 >


鬼の洗濯岩が連なる日南海岸沿いに「鵜戸さん」の愛称
で親しまれる鵜戸神宮がある。

日本神話の山幸彦と海幸彦の伝説の舞台でもあり、年間、
100万人もの観光客が訪れているという。

桜門をくぐり本殿へと向かう参道に、朱塗りの反橋「玉橋」が
ある。

眼下に広がる日向灘の青、快晴の空に鮮やかな朱はよく
映えている。

玉橋は、以前より「神の橋」といわれ、神と人々をつなぐ
神聖な橋として親しまれてきたという。

橋を渡り、断崖絶壁に造られた石段を下ると、豊玉姫が
出産したという洞窟がある。

山幸彦が姫にために立派な鵜の羽で産屋を作ったところ
に本殿がある。

その壮麗さには圧倒されるばかり。

                 宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成24年8月4日(土)
 
< 日本製最古の和時計 >


セイコーが自社の時計のコレクションや歴史を紹介する
「セイコー時計資料館」の展示内容を刷新して「セイコー
ミュージアム」として開業。

セイコー創業130周年を記念し、今まではほとんど
公開していなかった和時計を展示するほか、最新の時計
などを販売する店舗を併設。

セイコー創業者の服部金太郎の生涯など、歴史を
紹介する一角に和時計36点を展示する専用室を
設けたという。

和時計は室町時代に欧州から伝来した機械式時計で
日本では江戸時代に初めて製作されたとされている。

東京スカイツリーが5月に開業するなどして、観光客が
増加しており、セイコーはこの施設を新たな観光名所と
したい考えのようだ。

                 宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年8月3日(金)
 
< 御 池 >

眼下に高原町ののどかな光景が広がる標高300メートルの
高台にある皇子原公園。

神々しさ漂うこの場所は、2千年以上前、神武天皇が誕生
した場所として伝えられている。

風光明媚で要害の地。

公園内の石段を上ると皇子原神社があり、裏には産湯を
使った場所とされる「産場石(うべし)」が鎮座。

石はコケに覆われている。

神武天皇は東征前の15歳まで高原で過ごしたとされて
いる。

石段の横には幼少期に腰を掛けたと伝わる「御腰掛石
(おこしかけいし)。

幼少期に水浴びをして遊んだ場所と伝えられる御池。

その水面には周囲を囲む霧島連山が映る。

この御池で遊んで水に親しみ、後年、東征する際に果敢
に海を渡ったに違いない。

                 宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成24年8月2日(木)
 
< チルドプリン >


子供から大人まで購買客層が広いチルドプリン。

コンビニ各社が手の込んだ高付加価値デザートの開発を
競う中、プリンでは逆にシンプルな味わいの定番食品が
根強い支持を集めているようだ。

売上高首位は森永乳業の「森永の焼プリン」。

遠赤外線オープンでじっくり焼き上げた、食欲をそそえる
こんがりとした焼き目が最大の売り。

2位はグリコ乳業の「プッチンプリン」。

1972年発売のロングセラー商品の3個入りタイプで、
家族で分けて食べられることから主婦の購入が多いとの
ことだ。

現在、プリンの市場規模は、足元では縮小傾向に歯止め
がかかりつつあるが、市場の活性化にはこれまでなかった
新商品の積極的な投入が必要のようだ。

                 宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年8月1日(水)
 
< 山下橋 >

宮崎市高岡町山下地区。

大淀川に架かる国道10号の山下橋の下流にもう一つ、
並ぶように古い橋が架かっている。

こちらは“旧山下橋”。

旧山下橋が架設されたのは、1931年。

三角形を組み合わせることでより丈夫な骨組みを構成する
トラス橋として誕生。

橋がなかった昭和初期までは、船が流通や交通の手段
だったようだ。

山下地区は、宮崎市川原町まで大淀川を利用する
“帆掛け船”の発進地でもあったという。

春から夏にかけて東風が吹く季節に多く利用され、
大淀川の風物詩にもなっていたそうだ。

旧山下橋の誕生により、これら運搬船は廃止された
ようだ。

現在、旧山下橋は歩道橋としての役割を果たしている。

                 宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産






 過去の記事
  2012年7月
  2012年6月
  2012年5月
  2012年4月
  2012年3月
   2012年2月
  2012年1月
  2011年12月
  2011年11月
 2011年10月 
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年3月
2008年2月
2008年1月
2007年12月
2007年11月
2007年10
2007年9月
2007年8月
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2007年2月
2007年1月