Q&Q日記!  宮崎の風景・時事雑感・食べ物所感・歴史所感・映画・TV所感・スポーツ所感等々を書きます。

                                                                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産

宮崎市賃貸不動産情報満載!!宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産へようこそ!
宮崎市賃貸情報TOP Page
宮崎市空室情報
・神宮・文化
 公園周辺部
・宮崎市北部
・宮崎駅周辺
・宮崎市中心
・宮崎市東部
・宮崎市南部・
 西部
  シングル
 
 ファミリー
 写真で検索
・神宮・文化
 公園周辺部
・宮崎市北部
・宮崎駅周辺
・宮崎市中心
・宮崎市東部
・宮崎市南部・
 西部
  シングル
 
 ファミリー
 G-mapで検索
・神宮・文化
 公園周辺部
・宮崎市北部
・宮崎駅周辺
・宮崎市中心
・宮崎市東部
・宮崎市南部・
 西部
  シングル
 
 ファミリー
 こだわり物件
ペット飼育可
学生さん向け物件
新婚さん向け物件
新築物件
築浅物件
家電付
駐車料込み
オートロック
シングルバストイレ別
CATVインターネット付
バリアフリー物件
夜道安全物件
 その他物件
貸店舗・事務所
貸駐車場
戸建物件
パロラマ動画物件
 日    記
Q&Q日記
猫ファミリーBlog
どんげこんげ日記
宮崎街並Blog
宮崎イベントBlog

 各 種 情 報
宮崎市空室情報
希望条件登録
来店案内予約
会社概要
地 図
お問合せメール
免責事項
個人情報の取扱
Q&Qリンク集
不動産屋さんリンク集
 西日本
不動産屋さんリンク集
 東日本

saranari.net
ふれんず


  メール 
  この日記の感想をお聞かせください。。
   
2 0 1 2 年 9 月

平成24年9月29日(土)

< 「北京の55日」 >


昔、ブラザース・フォーが主題歌を歌う「北京の55日」と
いう映画があった。

義和団事件を描いたもので、列強の侵略に反発し、北京
の外国人居留地を取り囲んだ義和団に対し、米国が中心
となって籠城して戦うという内容。

その時、日本軍を指揮したのが柴中佐という人物。

会津藩の出身で戊辰戦争の際、家族は全員自刃、本人は
10才で捕虜の身となり、その後必死の思いで陸軍幼年
学校に入り、軍歴を重ねていた時、この義和団事件の
指揮を取った。

柴中佐が指揮する日本軍は統率がとれ、勇敢で軍紀も
厳しく、各国とりわけ英国の高い評価を得た。

これが後に日英同盟につながっていった。

国際的な信頼を得るということが如何に大事かという
ことだ。

今、日本と同じ悩みをもつASEAN諸国と合同の海洋
会議を開催したらどうだろうか。

柴中佐の教えに則って。

                   宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年9月28日(金)

< 新別府町 >


新別府町は宮崎市東部に位置し、日向灘に面している。

戦前は米や麦、キュウリといった農業や地引き網などの
漁業が盛んなのどかな農漁村だったようだ。

海岸沿いには、江戸時代に潮害から田畑や住居を守る
ため防潮林が植林された。

この防潮林は市内の小中学生がお別れ遠足で訪れる
定番の場所でもあった。

昭和40年代から開発の波が押し寄せる。

1969年、近くに宮崎港が整備されると、国道10号の
渋滞緩和のため、防潮林を南北に貫く一ッ葉有料道路
が1974年に供用開始。

1977年には県民の台所・市中央卸売市場が誕生。

2005年にイオンモール宮崎がオープン。

防潮林には阿波岐原森林公園があり、干潟で遊んだり
サイクリングを楽しめる憩い場となっている。

今も宅地造成が進み、さらに開発が進められようと
している。

                   宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年9月27日(木)

< 500円ショップ >


今、インターネット上で500円ショップとでも呼べる業態が
活況を呈しているという。

扱うのはサービス。

個人がサービスを売買するサイト・ココナラ。

ココナラでやりとりされるサービスは様々。

「化粧の仕方教えます」、「ホームページの改善点指摘
します」といったものから、医療関係者が健康診断前に
各種の数値を改善するための相談に応じたりと広範だ。

ココナラで取引されるサービスの価格はあえて500円
に統一。

価格を固定した方がサービス提供者側が参加しやすい
と判断したという。

ネット上でスキルやアイデアを売買する動きが広がると
副収入を求めて参入する個人が増えるかもしれない。

提供者が増えればサービスメニューが多様化し、市場
拡大に拍車がかかるに違いない。

この500円ショップ、これからの新しい働き方としても
注目されそうだ。

                   宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年9月26日(水)

< 大瀬大橋 >


延岡市に流れる清流、大瀬川に架かる大瀬大橋は、1998
年に大瀬川をまたぐ古城町と大貫町を結ぶ都市計画道路
事業の一環として新設。

緩やかにカーブした曲線に、自然とマッチしたデザインが
大瀬大橋のモチーフ。

長さ385メートル、幅15メートルの大きな橋の歩道部には、
自然石で造られたバルコニーやベンチが設けられ、人々の
憩いの場となっている。

また、歩行者が川の景色を楽しみながら、ゆっくりと時間
を過ごせる空間があり、散歩やウォーキングを楽しむ人
も多いようだ。

10月から12月上旬にかけて大瀬大橋からは、300年
以上続く秋の風物詩「鮎やな」を見ることができるという。

期間中は、竹のスノコで造られた落簀(おてす)まで行き、
鮎が落ちる様子を間近に体験できるようだ。

鮎料理は苦手だが、鮎やなの様子を見てみたいものだ。

                   宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年9月25日(火)

< タルティーヌ >


見た目におしゃれで美しく、食べておいしく、アレンジも
簡単なフランス式のオープンサンド。

「タルテロイーヌ」が人気を集め始めているという。

タルティーヌは、フランス文化圏では朝食に食べられる
ことが多いらしい。

前日の残りのパンをトーストしてジャムを塗るなど、シン
プルなものが中心。

タルティーヌは「塗り広げる」という意味だそうだ。

タルティーヌ人気に火を付けたとされるのが、2011年
1月に開業したベルギー発祥のベーカリーレストラン。

その場で具材を切って食べられる気取りのなさや
手軽さに加え、盛り付けを凝れば華やかにすることが
できるのが人気の理由という。

秋から年末にかけて、ハロウィーンやクリスマスなど
イベントが多いだけに、簡単かつ華やかなパーティー
メニューとしても、タルティーヌの存在感が増えそうだ。

                   宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成24年9月24日(月)

< 巨 峰 >


粒の大きさと味の良さから「ブドウの王様」と称賛される
「巨峰」。

福岡県は全国有数のブドウ産地で、巨峰の生産量も
全国3位の実績を誇っている。

同県は、1957年に全国で初めて巨峰の商業栽培を
始めた「発祥地」でもある。

同県久留米市田主丸町での栽培開始から55年。

現在の生産地は田主丸町のほか、八女市やうきは市
など筑後地区に広がっている。

長年培った土地や苗を作るノウハウなどを生かし、西
日本一帯に多くの巨峰を出荷。

旬は5月~10月。

9月に入ると露地物が出回る。

7月の九州北部豪雨で被害を受けた産地もあったようだが、
出荷量に大きな影響はないようだ。

一部で生育の遅れもあるが、品質は平年並みという。

大きな粒を頬張ると、口一杯に広がる甘い果汁を今年も
堪能でそうだ。

                   宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年9月21日(金)

< 貸農園 >


企業が運営する貸農園が増えているという。

自治体や農家によるものに比べてサービスが手厚く、
都市部に住んでいる人も気軽に利用できるのが特徴。

ヤンマーの子会社(大阪市)が大阪市豊能町に自社
農園を開いたようだ。

現在はPRのためのイベントが中心だが来年から月
5000円前後で貸し出しを始めるようだ。

常駐するスタッフが農作業を指導したり、平日の農作業を
代行したりするそうだ。

そのため経験の浅い人や忙しい人でも利用しやすいと
いう。

郵便物の発送代行などを手掛ける企業(大阪市)が、
JR大阪駅から車で10分ほどの自社ビルの屋上と
屋内に貸農園を開いたようだ。

企業が貸農園に参入する背景には、食の安全・安心
に対する消費者の意識の高まりがありそうだ。

                   宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年9月20日(木)

< 赤トンボ >



以前、大分県九重町の飯田高原で暮らしていた。

今の季節になると、無数の赤トンボが雲霞の如く
飛んでいたのを想い出す。

今から30年以上前の事なので、現在どうなっているのか
分からない。

宮崎に移転してからは、赤トンボを見かけることは、全く
ない。

赤トンボの専門家によると全国的な減少が2000年頃
を境に起っているらしい。

ある大学の教授によると、1990年代末と2007年~
2000年の比較でその数が100分の1に減ったという。

原因は近年普及した特定の農薬のためではないかと
いうが、自然保護の思わぬ落とし穴。

動揺の「赤とんぼ」だけ子孫に受け継がれ、赤トンボが
消えてしまうのは寂しい限りだ。

                   宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年9月19日(水)

< 旧国鉄宮原線橋梁群 >



JR久大線の恵良駅と旧肥後小国駅を結んだ旧国鉄の
宮原線跡には、多くのコンクリート製アーチ橋「旧国鉄
宮原線橋梁群」が残っている。

太平洋戦争直前の資材不足の時代に建設したため、鉄筋
の代わりに竹を使ったされる。

熊本県内に残る幸野川橋梁など7つの橋は登録文化財に
指定されている。

同県小国町の中心部に近い幸野川橋梁は、7つの橋の
中で2番目に長く、完成は1939年頃と最も遅い。

宮原線は、わいた温泉や黒皮温泉など周辺の観光振興
や小国杉で有名な林業の発展などに役立つと期待された
ようだ。

肥後小国駅から延伸し、同県菊池駅を経て、国鉄佐賀線
から佐賀駅に至る九州横断線路にする計画もあったという。

しかし、戦時中の工事中断を挟み、肥後小国駅まで開通
したのが1949年。

自動車の普及もあって鉄道利用が振るわず、延伸計画は
実現しないまま、宮原線は1984年に廃線となった。

                   宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年9月18日(火)

< 大和政権 >


古墳時代前期(4世紀前半)としては、日本海側最北に
ある「城の山古墳」(新潟県胎内市)で、近畿地方の影響
を受けたとみられる弓や、矢を入れる漆塗りの箱「靫(ゆ
き)」など多数の副葬品が発掘されたようだ。

当時の大和政権の勢力範囲が新潟北部まで及んでいた
ことを示しており、これまで文献などで確認されていた時期
を約300年さかのぼるという。

古墳は楕円形の円墳で直径約41メートル。

内部には被葬者と副葬品を納めた国内最大級の舟形木
棺があった。

盗掘された形跡はなく、銅鏡や勾玉、大刀、弓矢など
当時の副葬品がほぼそろった状態で発見されたようだ。

新潟大の教授が、全国の前期古墳研究の基準となりうる
重要な古墳と評価している。

                   宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年9月14日(土)

< 永代橋 >


宮崎最北端に位置し、大崩山や鏡山などの大自然
が残る延岡市北川町。

北川に架かる永代橋は、ひときわ目を引く存在。

長さ170.3メートル、幅12メートルで2000年に架設。

天端部は山や川を連想させ、四つの親柱の壁面には、
旧北川町の花「つつじ」、木「かし」、町の産業を支えた
木炭や木材を運搬した帆掛け船がそれぞれデザイン
されている。

初代永代橋は1957年に誕生し、町民の生活道路
として親しまれてきた。

当時は幅員が狭く、車の離合が難しかったため
“対向車あり”を示す信号機のようなものが設置されて
いたようだ。

現在の橋の架設に伴い解体されてしまったが、150メー
トルほど上流に親柱が保存、暮らしを支えてきた証しが
残っている。

                   宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年9月13日(木)

< サンダルランナー >


夏のランニングは汗まみれ。

せめて足元は涼しげにというわけか、最近は特殊な
サンダルを履いて走る人が増えているという。

底の暑さは1cmほどで裸足の一歩手前。

裸足感覚で人気のベアフットシューズよりも解放感が
あるのが魅力で、市販品を買うだけでなく、マイサンダル
を自作する人もいるようだ。

市販品も1足ずつ手作りのため供給が間に合わない
状態ということだ。

底が薄く平らなサンダルは、シューズのようなクッションが
ないので走り方にも注意がいるという。

踵からではなく、指の付け根に近い場所で接地する
ようにした方がよいそうだ。

間もなくマラソンのシーズン。

今年は裸足と見間違えるようなサンダルランナーの姿を
見かけることになるかも知れない。

                   宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年9月12日(水)

< 国内初のサイダー >


長崎市のグラバー園の近くの国道沿いにあるレンガ造り
のしゃれた建物は、国内のサイダー発祥の地。

現在はロープ工場として使われているが、100年前は
サイダーやラムネなどを生産。

事業主は英国人で1898年に長崎で会社を設立し、海運・
貿易ビジネスに乗り出し、その一つとして清涼飲料水製造
会社を開業。

1904年頃から国内で初めてサイダーなどの製造を
始めたようだ。

商品のブランド名は「バンザイ」。

国内では当時、「万歳」という言葉が流行したのに
あやかったようだ。

主に外国人やホテル、外国船舶向けに販売。

2階建ての工場は100年以上たった今も現役。

2006年には復刻商品「バンザイサイダー」が発売。

長崎市の一部店舗のみで取り扱っており、インターネット
通販で購入する人も多いという。

                   宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年9月11日(火)

< 荒立神社 >


高千穂町にある荒立神社は、天孫降臨の際に道案内
したサルタヒコと、天つ神アメノウズメが結婚して住んだ
地とされ、2柱を祭っている。

結婚の際に急いで荒木で宮を建てたことから神社名が
ついたと言われている。

御利益は伝説にちなみ、縁結びや安産など、アメノウズ
メが天岩戸に隠れたアマテラスオオミカミを踊りで誘い
出したことから芸能にも御利益があると言われ、
お忍びで訪ねる芸能人も多いという。

住民が協力して整備した道路が境内まであるため、観光
バスが神社の傍に入れるようになり、県外ナンバーのバ
ス、乗用車が多く見られるようになったという。

宿泊者の少なさが長年の悩みとのことだが、荒立神社や
高千穂峡を眺めながら、訪れてみなければ体感できない
魅力があるのは間違いない。

                       宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年9月10日(月)

< 酎ハイ・カクテル >


酒類各社が酎ハイやカクテルで変わり種の新商品を
相次いで発売しているようだ。

サントリーが発売したのがシニア層の女性の購入を想定
した「こだわり果樹園のお酒」。

使用する果実の産地や果樹園名を明記し食の安心・安全
も打ち出す。

ワインを使った缶入りカクテルで30~40代の需要を
見込むのが、キリンビールが発売した「ワインスプリッ
ツァ・ゼロ」。

メルシャンが醸造した国産白ワインをベースに、赤ブドウ
の果汁と炭酸を加え、酸味と甘みのバランスを調和。

アサヒビールはアルコール度数が9%の「アサヒスパー
クス」から「刺激的なカシスオレンジ」を発売。

オレンジなどの甘い味を好む女性の需要を掘り起こす
見込み。

缶入り酎ハイ・カクテルは味や香りの種類が多く発売量
を確保するのは難しいため、今後も新商品競争が
続きそうだ。

                       宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年9月8日(土)

< 駒宮神社 >


日南市にある駒宮神社は、カムヤマトイワレビコノミコト
(神武天皇)が幼少期から元服までを過ごした少宮跡と
伝えられている。

境内には、神武天皇と龍石の銅像がある。

龍石は、釣り好きな神武天皇が海で釣りをしていた
ときに、白髪で長い白ひげの老人と出会い問答の
末に与えられた馬。

また、天皇の足跡とひづめの跡が残された駒形石
の先には、龍石をつないだ場所とされる「駒つなぎの
松跡」も残る。

飫肥藩時代には牧奉行が馬の生産をしており、年1回
の駒追行事の際には、必ず優秀な馬が駒形神社に参り
秋祭りには農耕馬が五色の布や馬鈴などで飾られ集ま
ったという。

そのためシャンシャン馬発祥の地ともされる。

現在でも、安産祈願や赤ちゃんの名付けなどに
訪れる人が多いようだ。

                       宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年9月7日(金)

< 長寿企業 >

世界各国の老舗企業を調べている、ある大学の教授が
各国企業のホームページや現地調査などを積み上げ、
国際比較をしているという。

創業200年以上の企業を「長寿企業」と定義。

今年1月末時点では日本が3937社とトップで、ドイツが
2位(1850社)

英国が第3位(467社)で、以下フランス、オーストリア
等の国々が続く。

日本に長寿企業が多いのは、江戸時代の商人たちが
近代的な経営手法を確立し、後世に残したのが大きい
とのことだ。

加えて、日本には家業の継続を重んじる風土があった。

その日本でも最近は、後断者難に悩む老舗企業が多い
という。

子どもに苦労をさせたくないという経営者も多いようだ。

長寿企業大国の地位は安泰とは言えないようだ。

                       宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成24年9月6日(木)

< 佐土原の新ショウガ >


宮崎市佐土原町では、今、新ショウガの収穫の最盛期を
迎えているようだ。

ピリリとした辛み成分・ジンゲロールには殺菌や食欲増進
に効果があるという。

沿岸部の砂地を利用して作る新ショウガの栽培技術は
約40年前に高知県から佐土原町に持ち込まれたもの。

2月中旬に種シヨウガを植え付け、1カ月ほどで発芽、
白い肌を保つため出てきた実に土をかぶせる作業を
収穫まで繰り返すという。

収穫期は暑い盛りのため、夕方涼しくなってから堀り
起こすらしいが、それでも30度を超えるようだ。

おすすめの料理はショウガのすりおろしあえという。

すりおろしたものに薬味を入れて醤油で味をつけた
シンプルな料理。

熱々のご飯にたっぷりのせて口に運ぶと、ピリッとした
辛さに食欲を刺激され、箸が止まらないようだ。

                       宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年9月5日(水)

< 塩ヨーグルト >


食後のデザートのイメージが強いヨーグルトに、塩や味噌
など塩分を加え、調味料として使う人が増えているという。

もともとトルコやブルガリアなど、地中海周辺の国々では
伝統的とも言える料理法だそうだ。

ざるとキッチンペーパーなどを使って水切りしたプレーン
ヨーグルトに、塩を加えた水切り塩ヨーグルトは、濃厚に
はなるが、カロリーは低め。

ほのかな酸味で全体の味を軽く仕上げる効果がある
ようだ。

肉や野菜をあえるだけでなく、グラタンやシチューで
生クリームやチーズの代わりにもなるという。

塩ヨーグルトは、野菜の漬け床からソースやたれまで、
その汎用性の高さを利点として挙げる人もいる。

どのスーパーにも必ずあり、特売の目玉になることも
多いヨーグルト。

さっぱりとした口当たりのヨーグルト料理は当面、人気の
的になりそうだ。

                      宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成24年9月4日(火)

< 梅谷橋 >


大根、サトイモなどの畑作農業が盛んな宮崎市田野町。

田園風景が広がるのどかな町には、いくつもの石橋が
ある。

山や深い谷あいを持つ川が多いことから、大雨が降ると
増水するため、流失に強い石橋が必要とされ、道路橋
として各所に架設されたようだ。

国道269号の近く、山住川に架かる梅谷橋もその一つ。

現在は廃橋となっているが、生活道路として、住民の暮ら
しや文化を支えてきた歴史がある。

梅谷橋は1928年に誕生。

90年たった現在も苔むしているものの、のどかな田畑と
調和している。

梅谷地区では、住民たちが自然環境を守る活動を実践
しているという。

梅谷橋が今でも美しい遊歩道であるのも、これら住民の
力があってこそだ。

                     宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年9月3日(月)

< 次世代カー >


環境問題やエネルギー価格の上昇を背景に次世代の
エコカーを巡る開発競争が激しさを増しているようだ。

ハイブリット車や電気自動車に加え、ディーゼル車など
第3のエコカーも登場。

有害物質を全く排出しない燃料電池車の開発も最終
段階にさしかかっているという。

トヨタは6月、BMBと燃料電池車を含む次世代環境
車開発で広範な提携関係を結んだ。

これに伴い、BMBはGMと進めていた提携交渉を打ち
切ると表明。

二酸化炭素を出さないことから、究極のエコカーといわ
れる燃料電池車。

トヨタは2015年に世界で初めて燃料電池車を売り出す
という。

自前で燃料電池車の実用化技術を確立した上でのBMB
との提携。

トヨタは今後も同業他社を自陣営に取り込む動きを
強めそうだ。

                     宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成24年9月1 日(土)

< バナナ再燃 >



ダイエット目的の購入者が増えた2008、2009年のブーム
終息から3年、バナナ人気が再燃の兆しを見せているという。

1つの要因とみられるのが、朝型消費の拡大。

1日のスタートに、栄養価が高く食べやすいバナナを朝食代
わりに利用する人が増えているようだ。

朝食のメニューとしてのバナナは、パン、ごはんに次ぐ3番
手で、リンゴやシリアル食品のほぼ3倍という。

もともとバナナは日本で最も多く食べられる果物。

輸入品が9割以上を占め、年間を通じて供給量は豊富。

手早く栄養補給できるためのランニングや自転車のブーム
にも合致し、健康志向の消費者の根強い支持を得ている
ようだ。

安い、手軽、うまいそして健康的という特徴に磨きがかかる
バナナ。

食べ方提案など売り手の工夫もあいまって、需要は持続的
な上昇カーブを描きそうだ。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



 過去の記事
  2012年8月
  2012年7月
  2012年6月
  2012年5月
  2012年4月
  2012年3月
   2012年2月
  2012年1月
  2011年12月
  2011年11月
 2011年10月 
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年3月
2008年2月
2008年1月
2007年12月
2007年11月
2007年10
2007年9月
2007年8月
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2007年2月
2007年1月