Q&Q日記!  宮崎の風景・時事雑感・食べ物所感・歴史所感・映画・TV所感・スポーツ所感等々を書きます。

                                                                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産

宮崎市賃貸不動産情報満載!!宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産へようこそ!
宮崎市賃貸情報TOP Page
宮崎市空室情報
・神宮・文化
 公園周辺部
・宮崎市北部
・宮崎駅周辺
・宮崎市中心
・宮崎市東部
・宮崎市南部・
 西部
  シングル
 
 ファミリー
 写真で検索
・神宮・文化
 公園周辺部
・宮崎市北部
・宮崎駅周辺
・宮崎市中心
・宮崎市東部
・宮崎市南部・
 西部
  シングル
 
 ファミリー
 G-mapで検索
・神宮・文化
 公園周辺部
・宮崎市北部
・宮崎駅周辺
・宮崎市中心
・宮崎市東部
・宮崎市南部・
 西部
  シングル
 
 ファミリー
 こだわり物件
ペット飼育可
学生さん向け物件
新婚さん向け物件
新築物件
築浅物件
家電付
駐車料込み
オートロック
シングルバストイレ別
CATVインターネット付
バリアフリー物件
夜道安全物件
 その他物件
貸店舗・事務所
貸駐車場
戸建物件
パロラマ動画物件
 日    記
Q&Q日記
猫ファミリーBlog
どんげこんげ日記
宮崎街並Blog
宮崎イベントBlog

 各 種 情 報
宮崎市空室情報
希望条件登録
来店案内予約
会社概要
地 図
お問合せメール
免責事項
個人情報の取扱
Q&Qリンク集
不動産屋さんリンク集
 西日本
不動産屋さんリンク集
 東日本

saranari.net
ふれんず


  メール 
  この日記の感想をお聞かせください。。
   
2 0 1 2 年 12 月

平成24年12月29日(土)

< 赤谷橋 >

宮崎市高岡町の県道359号沿い、赤谷バス停の西側に
石橋がある。

橋の名前は「赤谷橋」。

長さ5.5メートル、幅11.5メートルのアーチ形の石橋は
明治20年頃に誕生したと言われている。

国道10号と合流する場所にあることから大型車の往来が
激しいが、120年以上たった今でも姿を残している。

半円形に近いアーチ形や欄干のない質素な造りが特徴。

現在は草に覆われ苔むしてはいるが、石造りのアーチ形は
美しく、丁寧な作業だったことがうかがえる。

高岡町には大小の多くの石橋が存在していたというが、現存
しているのは赤谷橋を含めて3橋ほどとのこと。

高岡の歴史を感じさせる大切な財産として保存しようと2002年
赤谷橋は高岡町の有形文化財として指定された。


                     宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成24年12月28日(金)

< 日見トンネル >

江戸時代に小倉―長崎間を結んだ長崎街道で、随一の
急峻な坂道として知られた日見峠は西の箱根として
旅行者泣かせの難所だったようだ。

明治期になり、この峠を切り下げて整備した日見新道が
完成。

その後、大正13年に着行したのが日見トンネル。

全長642メートル、幅7.4メートルのトンネルは当時としては
国内最大級。

開通以来、長崎に通じる大動脈として親しまれた。

トンネルの入り口は、当時流行した大正モダンを色濃く
反映したデザイン。

自動車が通れる本格的な道路トンネルの先駆けとして
技術的にも評価され、2001年度に国の有形文化財に
なった。

1999年には日見トンネルから少し離れた所に新日見
トンネルが完成。

旧日見トンネルは今でも現役。

トンネルの入り口脇には長崎街道の迀回・散策路への階段
がある。

江戸に赴く幕末の志士たちがたどったに違いない。

                     宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年12月27日(木)

< 植物工場 >

東京農工大学にブルーベリー植物工場がある。

太陽光や自然の風も取り入れる新型の植物工場て゜、商品
価値の高い果樹の見本としてブルーベリーを育て始めて
1年半。

葉や枝、花をそれぞれ思い通りに成長させる条件が分かり
光や温度を操り1本の枝に葉と花と実が次々にできると
いう。

年間の収穫量は自然の6~7倍とのこと。

神奈川県伊勢原市の辻ファーム。

ここでは早稲田大学発のベンチャー企業が開発したフイル
ムを使ってトマトを栽培。

フイルムの微小な穴が、植物が必要とする水やアミノ酸を
わずかに通す。

必死に吸い上げようと植物はフイルムに沿って根を生やす。

水や養分を無駄に蒸発せず栽培コストも低いようだ。

今、地球温暖化の影響でかっての自然が失われつつある
という。

植物工場と地域の栽培方法を組み合わせれば、これまでの
産地も存続できるに違いない。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成24年12月26日(水)

< 信州味噌 >

各地方にもそれぞれの風土が生んだ独自の味噌文化が
あるが、そんな中、信州味噌のブランド力、シェアは圧倒的。

信州味噌は、日本の味噌の生産量の40%以上を占め
特に関東地方では圧倒的に支持されている。

信州味噌が飛躍的に進展した背景に、関東大震災と
第2次世界大戦があるという。

震災により、それまで作られていた江戸甘味噌が壊滅的
被害を受けた。

その際、救援物資として長野から大量に首都圏に送られた
のが信州味噌。

また戦後の物資統制により米が手に入りにくくなり、江戸甘
味噌が作れなくなったときにも、信州味噌が人々の食卓を
支えたようだ。

善意で送られた信州味噌の味わいは次第に全国区になって
いった。

味噌文化は、時代や人の流れに合わせ、まさに生き物の
ように進化を続けている。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成24年12月25日(火)

< たまごっち復活術 >

一世を風靡しながら、その後消えてしまったヒット商品は
少なくない。

バンダイのたまごっちも1996年の発売後、世界で
4000万個を売りながら、ブームは1年で終わった。

しかし2004年に復活するとその後は息の長い人気
を維持。

バンダイが再発売に向けてのプロジェクトを立ち上げ
たのは初代の発売から6年たった2002年末。

再発売にあたってはターゲット層を小学校の女児に
絞り込んだ。

初代並みの量を販売することを目指さず、女児向け
の定番商品として長く根付かせることを優先したためだ。

1人遊び用だった初代と異なり、2004年以降のたまご
っちシリーズの本体には通信機能を加えた。

キャラクター展開と機能向上による新たなファン層の開拓
を選んだバンダイ。

一昔前のヒット商品を抱える企業にとって、バンダイの
再生手法はヒントになる点が多そうだ。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年12月21日(金)

< 梅 田 >

大阪最大の繁華街の梅田はかって、池や沼の多い
湿地帯だったようだ。

それを埋めたてた「埋田」が転じて梅田になったとい
われる。

ビルの建設はしばしば基礎工事に手間がかかった
ようだ。

昭和の初めの1929年に開業した阪急百貨店も、工期
が予想外に長引く難工事になった。

創業者・小林一三氏のアイデアによる鉄道の駅に隣接
したターミナル百貨店は、沿線住民やサラリーマンを
呼び込んだ。

品揃えも食料品や日用雑貨に絞った実用本位が受けた
ようだ。

それから80年余り、百貨店不況を乗り越えようと業界
の歴史のひとこまを刻むこの店舗が建替工事を経て
全面開業。

ホール、広場や24のステージなどを設け、催しがふんだん
に開ける劇場型百貨店だという。

この劇場型百貨店、創業者が休みなく知恵を出したように、
これからどんな手を打ってくるだろうか。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年12月20日(木)

< 鰹 節 >

鹿児島県薩摩半島の西南端に位置する枕崎市は鰹節の
生産量日本一を誇り、その製法には300年以上の歴史
がある。

鰹節には、荒節・仕上げ節などがある。

特に高級品とされるのが、カビ付けを繰り返した「本枯れ
節」。

完成まで短くても約4カ月、1年以上かかることも珍しく
ないという。

枕崎の本枯れ節の中でも、地域ブランド表示基準「本場
の本物」のマークを付けられるのは全体の2~3%。

本場の本物は、厳選した原料と伝統的な製法にこだわり、
第三者機関が認証したものに限られる。

本枯れ節の出汁を使い、開発されたメニューが「枕崎
鰹船戸人(ふなど)めし」。

これが2011年の商店街グルメグランブリーでグラン
プリを受賞。

地元の食材を生かしたこの取組は、他の地域でも参考に
なりそうだ。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年12月19日(水)

< 東京マラソン、メジャー入り >

毎年2月に行われる東京マラソンが、ボストンやロンドン
など世界五大マラソンで構成する最高峰シリーズ「ワールド
マラソンメジャーズ(WMM)」に加盟。

欧米以外では初の仲間入り。

参加ランナーは3万6千人。

172万人が沿道で声援を送り、運営ボランティアは1万人。

応募者が30万人近くという東京マラソンの経済効果は、
200億円を軽く超えるとされる。

トップ選手の出場は年間1~2レースで大会間の争奪戦は
激しいが、彼らが優先的に選ぶのがWMM。

トップ層の充実で海外への情報発信にも拍車がかかる。

露出度アップは新たな協賛会社獲得の呼び水にもなる。

2020年五輪の招致をめざす東京都にとってWMM加盟
は、願ったり叶ったり。

名所が次々現れるレース映像は、それ自体PRビデオと
なるに違いない。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年12月18日(火)

< 古墳時代の人骨 >

群馬県渋川市の金井東裏遺跡で6世紀初め(古墳時代
後期)の火山灰の地層から鉄製のよろいを着けた成人男
性の人骨1体がみつかったという。

金井東裏遺跡は榛名山の北東8.5キロ。

榛名山に向かい、両膝を付き、うつぶせに崩れ落ちた
格好で、戦いの最中ではなく、同じ時期に噴火した榛
名山の火砕流に巻き込まれたとみられる。

傍には鉄製の矢尻十数本や別のよろいもあり、乳児の
頭の骨も見つかったようだ。

溝の中で火山灰に密閉されていたため、保存状態が
良かったとみられる。

人骨が着けていたよろいは高さ60センチ、幅50センチ。

小札と呼ばれる短冊状の鉄板を多数つづり合わせた強固
な作りだとのこと。

大和王権と関係する首相クラスの人物が榛名山に向かい
山の神の怒りを鎮める儀式をしていた可能性もあると
いう。

火山噴火で自分の家族の元に向かう途中だったかも
知れない。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成24年12月17日(月)

< 茶 >

食事や休憩時などに何気なく口にするお茶。

緑茶や麦茶、ウーロン茶などが一般的だが、高知県の
山あい、吉野川の渓谷沿いに位置する大豊町では、一般の
お茶とは全く異なる珍しいお茶が生産されているという。

3~4センチ角ほどの真っ黒な塊、それが碁石茶。

かっては土佐藩の貴重な交易品であり、瀬戸内海諸島の
水夫たちが真水が手に入りにくい船上で美味しく茶がゆ
を食べるために愛用していたという。

60日に及ぶその製法は緑茶などとは全く異なっている。

茶葉を蒸し、室でカビつけ発酵後、更に大きな桶に漬け込み
乳酸菌発酵させる。

取り出した大きな塊を包丁で小さく切り分け、筵の上で天日
乾燥する様子が碁石のようなことから、この名前がついた
ようだ。

大豊町は高齢者が多い地域だが、このお茶が町の宝となり
地域に大きな活力を与えている。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年12月15日(土)

< 小丸大橋 >

高鍋町小丸川に架かる小丸大橋。

全長340メートル、幅16メートルの橋は2003年に、
旧橋の老朽化と交通渋滞の緩和のために架け替えら
れた。

緩やかなアーチは虹をイメージ。

中央に設置されたバルコニーでは、のどかな景観を楽し
める空間づくりが施されている。

旧小丸大橋は、1948年に架設。

全長323.5メートル、幅6メートルで現橋よりかなり
狭い橋だったようだ。

桁部分には細長い部材を両端で三角形につないだ
ワーレントラス形式が採用され、戦後、世界でもドイツ
に次いで2番目に珍しい橋として長目された。

戦後の県内は、大型台風の襲来のたびに道路決壊や
橋の流出が相次ぎ、永久橋の架設は重要課題。

鉄筋コンクリート製の旧正丸橋は、住民念願の永久橋
だった。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年12月14日(金)

< 日用品ぴたり自分仕様 >

あと1センチ長ければ、もう1回り小さければピッタリ
なのに―。

普段使う小物でこんな思いをすることは多い。

自分でサイズや形を調整し、これら小さな不満を解消
できる日用品が次々登場しているそうだ。

ワコール子会社のウンナナクールの「パンツンパ」。

パンツと腹巻きが一体化し、好きな長さに切って使える
商品だ。

長さ1メートルほどある筒状の布の両端がパンツの
形。

適度な場所で切れば、また上の長いパンツ2枚と腹巻
1枚ができる。

綿80%の布はハサミで切ってもほつれないよう繊維を
熱加工してあるという。

かぐらやの「かぐらやロール」。

好みの長さに切ってレッグウォーマーやアームオーマーに
使える筒状の布。

実用本位のカスタマイズ品は贈り物に適し「ちよっと残念
な買物」をせずにすむ経済性も今の時流に合うようだ。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成24年12月13日(木)

< 平兵衛酢 >

平兵衛酢は日向市特産で本県を代表する農産物。

しかし、同じ香酸かんきつ類のスダチ、カボス、ユズに
比べると知名度は低い。


平兵衛酢の知名度を上げ、消費拡大を図ることを最重要
課題として2010年に設立された、へべす消費拡大
プロジェクト会議。

この日向ブランドを、魅力ある観光地づくりの一つの売り
にしようと、新商品の開発やイベントでのPRといった活動を
展開しているが大きな成果がみられないのが実情。


東九州自動車道が開通すれば、県内はもとより熊本、
鹿児島からの客が増え、平兵衛酢をアピールする絶好
の機会になると期待されている。

全国の香酸かんきつ類を集めたサミット開催も話題に
なるなど観光、教育など多岐の分野に波及。

高速道路が生産者と消費者を結ぶ貴重なツールに
なるのは間違いない。


                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成24年12月12日(水)

< 店に図書館 >

店やオフィスがスペースの一部を“図書館”として開放
する例が目立ってきているという。

数百冊程度と規模は小さいが、専門的な書物や入手
困難なお宝本などを通じて持ち主の個性が垣間見える
点が魅力。

長野県小布施町の「おぶせまちじゅう図書館」。

町立図書館「まちとしょテラソ」が中心となった文化活動
で、同町内にある喫茶店や物販店の一角に本を並べ、
その場で読めるほか貸出しもするようだ。

コワーキングスペースや大学、カフェなど約90カ所が
図書館となり、本を通じたコミュニティ作りを目指す
活動「リプライズ」が今秋始まったという。

図書館希望者はリプライズに登録しネット上で蔵書を
公開。

貸し出し記録はフェイスブックで共有するようだ。

本は同じ興味や関心を持つ人たちを現実の社会で
強力に結びつけ、新しいエネルギーを生み出すマグ
ネットにもなりそうだ。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年12月11日(火)

< 即席袋麺 >

即席袋麺市場が活気づいているようだ。

カップ麺に押され、市場はピーク時の半分以下に縮んで
いたが、生麺に近い食感を出した東洋水産の「マルちゃん
正麺」が高めの価格にもかかわらずヒット。

マルちゃん正麺は昨年11月に発売。

即席袋麺では10月まで8カ月連続で、しょうゆ味がトップを
維持しているそうだ。

1970年代以来首位を守ってきた「サッポロ一番」を引き離し
今年はおよそ40年ぶりにトップ商品が交代しそうだという。

ヒットの理由は蒸さずに乾燥させて、これまでなかった生麺
のような食感を出したことだ。

このヒットを受け、日清食品もやはり生麺らしさを再現した
袋麺を発売、同様にサンヨー食品も麺の質感を改善した
サッポロ一番を発売。

価格が高めでも、内食志向が重なり食品や日用品で
小さなぜいたく商品が増えてきそうだ。


                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年12月10日(月)

< アホウドリ >

絶滅危惧種のアホウドリの新たな繁殖地を小笠原諸島・
聟島につくる計画で、聟島を巣立った後「里帰り」した雄が
野生の雌とつがいとなり、巣の中に卵があるのが
確認されたようだ。

聟島で産卵が確認されたのは初めてという。

順調にいけば来年1月にもひなが誕生するといい、新たな
繁殖地形成へ大きな一歩となる。

アホウドリが生息している野鳥は活火山で噴火の恐れが
あるため、2008年から5年計画で移送を開始。

全70羽を移送し今年5月に完了。

アホウドリは3~5歳になると生れ育った場所に戻る習性
がある。

6羽が聟島に戻ったのが確認されており、今後、聟島で
繁殖することが期待されている。

江戸時代、船が難破して鳥島に流れついた人たちは、アホ
ウドリを食して飢をしのぎ、その後羽毛目的の乱獲により
生息数が撃滅。

今はその償いに励む人間たち。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年12月8日(土)


< 鬼の窟(いわや) >

西都原台地に点在する古墳は311基。

その中にコノハナサクヤヒメを見初めた鬼が造ったという
「鬼の窟」がある。

鬼の窟は直径37メートル、高さ7.3メートルの円墳。

外堤を備え横穴式石室があるのが特徴。

石室内部は高さ幅約2メートル、奥行約11メートル。

記起では、コノハナサクヤヒメはニニギノミコトと結婚
する。

地元では、それ以前にも鬼が求婚する言い伝えが
残る。

伝承によると、父親のオオヤマツミは鬼に夜明けまでに
窟を作ったら嫁にやると約束。

意に返し、鬼が一晩て゜完成させてしまったので、オオ
ヤマツミは鬼がうたた寝している間に石を1枚抜き取り
破談にした。

実際、石室の天井に巨石1枚分の空洞がある。

オオヤマツミの機転がなかったら、その後
神武天皇が生まれなかった。

鬼はかわいそうだったが。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成24年12月7日(金)

< ブルーバード >

5日、日産はセダン「ブルーバード・シルフィ」を7年ぶりに
全面改良し「シルフィ」と改称して発売。

昭和34年の「ダットサン・ブルーバード」発売から半世紀
にわたり、日産を代表してきた伝統の車名「ブルーバード」
の看板を下ろした。

高度経済成長期にはトヨタコロナとの販売競争でBC戦争
と称されたこともあった。

今の日本のセダン市場は縮小傾向が続くが、日産は快適
性を向上させた新型シルフィで、てこ入れを図るようだ。

従来モデルより全幅を広げ「5ナンバー」から「3ナンバー」
サイズに格上げし、これにより室内空間が拡大、内装にも
上質性を持たせ、セダンを乗り継いできた中高年層の囲い
込みを狙っているようだが果たして結果は・・・・・・。

「ブルーバード」は「セドリック」や「グロリア」と並んで
日産を代表する車名だった。

                  宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年12月6日(木)

< 未来橋 >

県総合運動公園の南口から加江田川沿いに進んで行くと
トロピカルロード入口に辿り着く。

青島までの海岸線約3キロ続く遊歩道で、散歩やジョギング
を楽しむ人で賑わっている。

未来橋はトロピカルロードに架かる橋の1つで2002年に
知福川に誕生。

桁高の低い形状となっているため日向灘の大自然と調和
して優雅な景観を生み出している。

未来橋は当時の木花小学校の児童たちが意見を出し合い、
名付けた名前とのこと。

波をモチーフにした親柱には子供達が刻んだ銘板が
残っている。

2004年に加江田川にトロピカルブリッジが架設されると、
トロピカルロードが完全開通。

12月9日に開催される青島太平洋マラソンでは県内外から
集まったランナーたちがトロピカルロードを駆け抜ける。

                  宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成24年12月5日(水)

< プライウッド(成型合板) >

無垢の木材では難しい曲線を表現する国産のプライ
ウッド。

薄くシート状に削った板を交互に重ね合わせて熱と
圧力をかけて成型。

その美しい曲線を生かした自動車のハンドルや室内
の間仕切り、掛け時計などが注目を集めていると
いう。

今秋、トヨタが発売した高級セダンに採用した縞杢(しま
もく)と呼ぶプライウッド仕様のデザインで、黒と茶の縞模
様がしなやかな曲線を描くハンドル。

天然の木目では表現しえない、例えるもののない造形
美を作り出しているという。

このハンドルの木工部品は山形県の老舗家具メーカー
など3社が関わって完成したようだ。

軽量で加工性に優れたプライウッドは、プロダクト全般に
活用を広げている。

異業種が協力することで、新ビジネスの可能性がさらに
期待される。

                  宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年12月4日(火)

< 中国ナシ・鴨梨(ヤーリー) >


岡山の方で、わずかだが中国ナシがつくられているという。

旧西大寺市(現岡山市東区)の吉井川沿いがその産地。

果樹園は吉井川右岸の横山中腹。

標高70メートル一帯の段々畑にナシとブドウ畑。

直売所にソフトボール大の「鴨梨」がある。

全体が淡い黄色で茶色いソバカス。

鴨が首をすくめたような果実から「鴨梨」と呼ばれるように
なったという。

西大寺地区の鴨梨栽培は明治の終わり頃からのようだ。

収穫期が台風シーズンと重なるため、落果被害も大きく、
そのため昭和に入るとブドウ栽培に切り替えられたと
いう。

「鴨梨」の果肉は真っ白。

シャリシャリとした食感で甘さの中に若干の酸味。

シューシーさと甘い香りが特徴で“香りナシ”と呼ばれており、
1個あれば部屋中が匂うそうだ。

                  宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成24年12月3日(月)

< 万能調味料 >

料理の味を簡単に決められる万能調味料で定番料理を普段
と少し違った味に仕上げられるタイプの人気が出ていると
いう。

食材と一緒に煮込んだりするだけで、料理の幅が広がる
のが特徴。

最近の若い世代は砂糖や塩、酢、味噌などの基礎調味料
を組み合わせて料理を作り出すことが苦手とされる。

このため万能料理の種類も豊富になっているようだ。

「ブルドック うまソース」。

昆布エキスや醤油などを使っており、サバの煮付けや肉
ジャガなどを作れる。

味の素の「クックドウ凡用ペースト調味料香味ペースト」。

鶏ガラやネギ油、焦がしニンニク油入りで、チャーハンや
スープなどのほか幅広い料理に使える。

マルコメの「プラス糀 生しょうゆ糀」。

すき焼きなどに使え、甘みやうま味も出せる。

交流サイトで話題になるような珍しい料理を手軽に作りたい
女性が増え、万能調味料の需要を下支えしているようだ。

                  宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成24年12月1日(土)

< 有喜橋(うきはし) >

宮崎市佐土原町の国道219号線沿いにある有喜橋。

石崎川に架かる橋で昭和62年の河川改修工事とともに
完成。

有喜橋は地区名である浮橋から名付られたという。

明治時代に験担ぎから縁起の良い字画の有喜橋に変えら
れたようだ。

もともと有喜橋は名前の通り、川に筏を浮かべるだけで、
渡るたびに木の間から水が“ヒタヒタ”とあふれることから
「ヒタヒタ橋」と呼ばれていたそうだ。

1600年の関ケ原の戦いでは、佐土原に侵入してきた飫肥
軍が浮橋に向かった折、佐土原兵が橋を切り落とし反撃
したという歴史も残っている。

道を奪われた飫肥軍の若武者の中に、立派な馬にまたがる
美少年がいたそうだ。

当時、この土地でイケメンは“チゴどん”と呼ばれていたようで
飫肥軍のチコどんは、浮橋の伝説として語り継がれている
ようだ。


                  宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産

 過去の記事
  2012年11月
  2012年10月
  2012年9月
  2012年8月
  2012年7月
  2012年6月
  2012年5月
  2012年4月
  2012年3月
   2012年2月
  2012年1月
  2011年12月
  2011年11月
 2011年10月 
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年3月
2008年2月
2008年1月
2007年12月
2007年11月
2007年10
2007年9月
2007年8月
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2007年2月
2007年1月