Q&Q日記!  宮崎の風景・時事雑感・食べ物所感・歴史所感・映画・TV所感・スポーツ所感等々を書きます。

                                                                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産

宮崎市賃貸不動産情報満載!!宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産へようこそ!
宮崎市賃貸情報TOP Page
宮崎市空室情報
・神宮・文化
 公園周辺部
・宮崎市北部
・宮崎駅周辺
・宮崎市中心
・宮崎市東部
・宮崎市南部・
 西部
  シングル
 
 ファミリー
 写真で検索
・神宮・文化
 公園周辺部
・宮崎市北部
・宮崎駅周辺
・宮崎市中心
・宮崎市東部
・宮崎市南部・
 西部
  シングル
 
 ファミリー
 G-mapで検索
・神宮・文化
 公園周辺部
・宮崎市北部
・宮崎駅周辺
・宮崎市中心
・宮崎市東部
・宮崎市南部・
 西部
  シングル
 
 ファミリー
 こだわり物件
ペット飼育可
学生さん向け物件
新婚さん向け物件
新築物件
築浅物件
家電付
駐車料込み
オートロック
シングルバストイレ別
CATVインターネット付
バリアフリー物件
夜道安全物件
 その他物件
貸店舗・事務所
貸駐車場
戸建物件
パロラマ動画物件
 日    記
Q&Q日記
猫ファミリーBlog
どんげこんげ日記
宮崎街並Blog
宮崎イベントBlog

 各 種 情 報
宮崎市空室情報
希望条件登録
来店案内予約
会社概要
地 図
お問合せメール
免責事項
個人情報の取扱
Q&Qリンク集
不動産屋さんリンク集
 西日本
不動産屋さんリンク集
 東日本

saranari.net
ふれんず


  メール 
  この日記の感想をお聞かせください。。
   
2 0 1 4 年 11 月

平成26年11月29日(土)

< デューク・エイセス >


「女ひとり」「おさななじみ」のヒット曲で知られる4人組男
声コーラスグループ、「デューク・エイセス」が来年、
結成60周年を迎えるという。

11年ぶりの新譜には永六輔が友情出演。

新譜「生きるものの歌」は昭和50年に永が作詞し、中村
八大が作曲。

デュークもステージで歌い続けてきたが、CD化は今回が
初めて。

パーキング病で療養中の永が特別に「語り」で参加。

永とデュークとの付き合いは長く「おさななじみ」や昭和
40年代の「にほんのうたシリーズ」の作詞の全てを手
掛けたという。

リーダーの谷道夫は、永さんの詞は単純な言葉の中に
深い意味があり、「生きる」という大きなテーマが常に
あると語る。

60年の間にメンバーが亡くなったり、離脱することもあ
ったが、その都度メンバーを入れ替え、第一線での活動
を続けてきたデューク。

今後は、明治時代から続く日本の叙情歌、唱歌、わらべ
歌をコーラスで歌いたいという。

そのチャレンジ精神は今も旺盛だ。



平成26年11月28日(金)

< 「北 山 杉」 >


京都市の中心部から北西へ約20キロ、北山地区の斜面
に独特の幾何学模様が広がる。

植樹による林業地としては日本最古とされ、600年ほど
前から続く「北山杉」だ。

一帯は川端靖成の小説「古都」の舞台としても知られる。

室町時代には、北山杉は茶の湯文化に欠かせない存在で
桂離宮にも使われているという。

細く強く、なめらかで光沢があるのが特徴。

中でも自然に波状の凸凹ができた「天然出絞丸太」は高値
で取引されているようだ。

植樹から出荷までおよそ30年。

職人の知恵と技が生み出す丸太の価格は、一般的な国産
建材の数倍になることもあるという。

ただ、日本家屋の床柱に使われることが多い北山杉は、
建築様式の変化で販売は減少の一途。

ピーク時の昭和63年に比べ、およそ10分1、約1万本に
落ち込んでいるそうだ。

ここ幾何学美の風景を観光に生かしたり、新たな杉の使い方
を提案していくことも必要なのかもしれない。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成26年11月27日(木)

< チャンバラごっこ >


数ある遊びの中でも、定番だったのがチャンバラごっこ。

チャンバラの語源は諸説あるが、代表的なのがチャンチ
ャンバラバラが詰まってチャンバラになったという説。

チャンチャンはお互いの刀が触れ合い音。

バラバラは激しく銃弾が飛び交う音。

これが刀で斬り合う立ち回りを指すようになったと言われて
いる。

ところで喜劇王チャップリンは戦前に3度も日本を訪れた
親日家。

とりわけチャンバラが大好きで、自国に戻ってからも日本
の剣劇一座の興行を手助けをしたほどだったそうだ。

大立ち回りと逃げ追いかけるシーン、また、彼の全力で
倒れるシーンと斬られ役の演技にどこか共鳴を覚えたの
かもしれない。

通常、チャンバラごっこは、斬る役、斬られ役が決まって
いるものだが、当時地元でしたチャンバラごっこは本気で
の叩き合い。

それも竹の棒で。

叩かれたら、その箇所に青痣ができた。

今の子供たちには、とてもこの遊びは無理だろう。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成26年11月26日(水)

< 大塚台地区 >


宮崎市街地から車で西へ約10分の大塚台。

約122ヘクタールの丘陵地を造成して開発された大塚台
団地は今年、住民の入居後40周年を迎えたそうだ。

大塚台には歴史的、文化的なものはないが、高台からの
眺めがよく、あちこちに花が植栽され、庭の手入れに熱心
な家も多いという。

先ず宮崎西小。

色とりどりの菊がカーテンのように正門のフェンスを飾っ
ている。

この時期はマリーゴールドやブルーサルビアなどが校内
を彩り、入学式や卒業式のシーズンには華麗なプランタ
ーが並ぶという。

次に大塚台東1丁目の小さな広場。

市街地を一望できる絶景スポットで夏の花火の時期には
近所の住民たちが集まる隠れた名所になっているという。

住宅団地ではご多分にもれず少子高齢化が進み、今後
活気あふれる街づくりが課題のようだ。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成26年11月25日(火)

< 青井岳荘 >


都城市山之口町にある「青井岳荘」は、大自然に恵ま
れた青井岳自然公園にある。

夏は清流が流れる青井岳渓谷でキャンプ、約2時間
の散策コースもあり、一年を通して自然を間近に感じ
られるところだ。

特に紅葉の時期は、モミジが美しく、カメラを片手に
青井岳を散策し、癒やしを求めに温泉へ訪れる観光
客の姿を多く見かける。

青井岳荘の温泉は、男風呂、女風呂それぞれに大
浴場と露天風呂が付いており種類も豊富。

高温風呂や歩行風呂、サウナがあり、思い思いの
くつろぎ方ができるようだ。

特徴的なのは、トロッとした湯。

ナトリウム、炭酸水素塩、塩化物温泉で「美人の湯」と
して親しまれているという。

宮崎市、都城市から青井岳荘まで路線バスも運行され
ているそうだ。

現在、恒例の「もみじ祭り」を今月30日まで開催中。

夜はライトアップされ、昼間とは違う幻想的な雰囲気が
体験できるようだ。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成26年11月22日(土)

< 味ぽん >


ミッカンのぽん酢「味ぽん」が誕生50年を迎えたという。

ミッカンは「味ぽんの歴史は地域や文化、メニューを超えた
新たな価値の創造」と説明している。

味ぽんは、ミツカン創業家7代目が料亭で出されたぽん酢
に感動し、全国の家庭でも味わってほしいと開発の着手。

1964年に「ぽん酢」として関西地域で試験販売。

1967年には「味ぽん酢」と名前を変え、全国展開を開始。

関東地域では当初、ぽん酢を鍋に入れる文化が関西地域
ほど根付いておらず苦戦を強いられたものの、1970年代
半ばには冬の鍋用調味料として定着。

1979年に現在の「味ぽん」に商品名を変更。

その後も焼き肉やギョウザなどにつけるメニューを提案し
一般調味料として家庭に普及。

今、味ぽんは約30カ国で販売され、北米や新興国を中心
とした食酢需要などを追い風にしているようだ。

世界各地で広がる和食ブームにも支えられているようだ。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成26年11月21日(金)

< スーパー丸和 >


多くの消費者にとって日々の買い物に欠かせない
スーパー。

今では24時間営業の店舗も珍しくないが、日本でのスー
パー第1号店が北九州市にある。

北九州の台所、旦過市場の入り口に立つ丸和小倉店が
その店。

丸和の原点は1946年に同市場に開いた小さな食料店。

1956年に商品を買い物かごに入れてレジで精算する方式
を導入した「丸和フードセンター」をオープン。

24時間営業は1979年に開始。

周辺の繁華街から買い出しに来るスナック店員らの要望に
応じて閉店時間を徐々に遅らせた結果という。

丸和は2011年に広島のスーパーに吸収合併されたが、福
岡・山口両県では丸和ブランドが浸透していたため両県の計
29店は店名を変えていないとのことだ。

「眠らない街」の需要にいち早く対応した先駆者の丸和
小倉店。

その売り場の明かりは今も終日輝き続け、その存在感を
示している。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成26年11月20日(木)

< ガメ電 >


日本最大の採炭量を誇った三井三池炭鉱。

掘り出した石炭を三池港の船へ積み込むために総延長
150キロメートルの線路が張り巡らされ、電気機関車が
往来していたそうだ。

そのうち4両が、日本に残る最古級の電気機関車として
大牟田市によって保管されているという。

この専用鉄道は1905年までに全線開通し、その18年
後までに電化されたようだ。

保存されている電気機関車のうち、米国のゼネラル・エレ
クトリック社が製造したものは、坑内の狭い軌道だけでなく
旧国鉄の軌道も走れた現在最古の機種だそうだ。

L字型の車輌で、走る姿が亀に似ていたため、方言で
「ガメ電」と呼ばれたという。

ほかの3両も古く、坑内から三池港まで往復し、石炭や
労働者を運んだようだ。

炭鉱は事故などを経て1997年に閉山。

4両は大牟田市に寄贈。

幕末以降の産業発展に貢献したとして2007年、経済
産業省の「近代化産業遺産」に選ばれたそうだ。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成26年11月19日(水)

< おかっぱ >


「おかっぱ」、別名ボブカットは人気髪形の一つで、この髪形
の人気女優やモデルなども多い。

1992年のアメリカ大統領選挙運動中、ビル・クリントン候補
の妻ヒラリー・クリントンがこのボブをアレンジした「ソフトボブ」
でマスコミに登場するようになると20代から40代の女性を
中心に爆発的なボブブームが起こった。

ところが、昭和30年代には、この髪形はあまり好まれな
かった印象がある。

当時は現在のようにシャンプーが普及しておらず、長い髪は
不潔になりがちだったせいかもしれない。

当時の小学校では大半の女子が襟足を刈り上げたおかっぱ
頭だった。

男子も刈り上げ(ぼっチャン刈り)か丸刈りで洗髪の簡単さが
最優先されたようだ。

当時はファッションとしての発想からではなく衛生面が重視
されたのだろう。

現在では子どもではなく大人の女性の髪形として人気
があるようだ。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成26年11月18日(火)

< あんぽ柿 >


干し柿の特産品「あんぽ柿」の生産が回復してきたそうだ。

あんぽ柿は柔らかくジューシーな干し柿。

福島県伊達市、国見町、桑折(こおり)町が産地で、長野県
の市田柿と並ぶ知命度がある。

皮むき、硫黄を使った薫蒸を経て縄でつるし、1カ月から1カ
月半乾燥させる。

震災後は放射性セシウム濃度が高まり、福島県の要請を
受け全ての地域で生産を自粛。

生産再開にあたり最も重視したのが、このセシウム対策
だそうだ。

2011年末から2012年春に全25万本を高圧洗浄機で
除染し、高濃度の技は剪定したようだ。

検査を徹底するため、今年は検査機を昨年の12台から
26台に増やしたという。

課題は贈答用需要をどう取り戻すかだが全量を検査機に
かけるため、製品は機械にかけやすい3~6個入りパック
がほとんどという。

風評も依然残っており、流通業者や消費者に丁寧な説明
も欠かせないようだ。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成26年11月17日(月)

< 世界新三大夜景 >


平成24年10月、長崎市の夜景は、香港、モナコと並ぶ
「世界新三大夜景」に認定されたそうだ。

夜景は意図的にデザインされたものではなく、街が形成
される中で自然にできたもの。

長崎の地形は、すり鉢状になっており、あらゆる場所から
夜景を楽しめるのが大きな特徴。

人口約44万人の長崎市には毎年、世界中から600万
人の観光客が訪れるという。

古くから長崎は函館、神戸とともに「日本三大夜景」とされ
ていたが、「世界新三大夜景」に‘ランクアップ’してからは、
人気はうなぎのぼり。

標高333メートルの稲佐山展望台に続くロープウェー
の利用者は、対前年度比約15%増という。

「1000万ドルの夜景」目当ての修学旅行の生徒や
外国人など多くの観光客で賑わっているという。

太陽が沈み青い空が少しずつ黒く染まってくると夜を
迎えた街に明かりが灯り、しばらくすると長崎港を囲む
美しい夜景が浮かびあがるそうだ。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成26年11月15日(土)

< ベチャ >


新たな青島名物となるか―。

宮崎市青島で観光客をガイドするため、インドネシアの
国民的乗り物「ベチャ」が新たに導入されるそうだ。

早ければ年内にも運行を始めるようだ。

青島では2011年からタイの三輪タクシー「トゥクトゥク」が
運行しており、観光客や長距離を歩くのが困難な年配の
方に欠かせない存在になっている。

トゥクトゥクに続く新たな名物を探していた青島神社の
宮司がベチャに目を付けたという。

ベチャは自転車の前輪部分に座席が付いており、客を
2人まで乗せることができる。

人力でこぐためスピードはゆっくりだが、近距離のタクシー
代わりや観光客の案内手段として、インドネシアでは一般
的な乗り物。

前輪部分に座席があるため、座っても視界を遮るもの
がないので青島の景色を楽しむには格好の乗り物になり
そうだ。

青島神社も参拝客が来るのを待っているだけでなく、積極的
に青島名物を探し活用しているようだ。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成26年11月14日(金)

< 石油発動機 >


明治から昭和戦前にかけて製造された石油発動機が再び
脚光を集めているという。

本来は農家が農機具を動かすためなどの動力として利用
していたが、最近では独特の音や匂い、修理する楽しさ
に引かれ、趣味で集める人も少なくないそうだ。

石油発動機は単純な構造で、高圧発動機が電圧を送って
点火プラグを動かし、気化器で霧化した燃料と交わって着
火する仕組み。

大正期から普及し、稲の脱穀や精米の原動機として活躍
したが、1960年前後になると、ディーゼルエンジンなど
の小型で高馬力の発動機の登場で廃れていったようだ。

現在脚光を浴びている石油発動機の魅力は主に収集と
修理、交流の3つだそうだ。

苦労して集めたものを修理し、元通りに動かすことに
やりがいがあるようだ。

交流は主に運転会を通じた参加者らとの意見交換。

修理を通じた世代を超えた交流から学ぶことも多いの
かもしれない。

今後も石油発動機マニアの輪は世代を超えて広がり
そうだ。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成26年11月13日(木)

< 大相撲人気回復? >


今、大相撲の人気が回復しているという。

背景には、大相撲観戦の壁が低くなり外国人観光客の
増加や若い世代での相撲人気の高まりがあるようだ。

大相撲の入場者数は1990年代後半から減少し2010
年以降に相次いだ野球賭博や八百長問題の後は更に
低迷。

相撲協会は、その後大相撲を身近に感じてもらうための
企画やPR活動を実施。

ターゲットの一つが2年連続で過去最高を更新する勢い
で増加している外国人観光客。

協会と提携する旅行業大手が日本文化に関心を持つ
旅行者向けのツアーを企画。

相撲部屋の稽古見学、ちゃんこ体験をセットにしたツアー
を実施したところ秋場所での利用者が前年より20%増加
したとのこと。

若者向けの露出もスマホアプリや動画サイト、SNSを通じて
増加しているようだ。

九州場所は地方場所の中でも例年入場者数が少ないよ
うだが、話題の豊富な今場所、大相撲人気の本格的な
回復が見られるか?

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成26年11月12日(水)

< 軽トラ屋台、グッドデザイン賞受賞 >


日向市にある建設会社が製作、販売する軽トラ屋台が、
本年度のグッドデザイン賞を受けたそうだ。

軽トラ市などの屋外イベントで物品を展示販売する際、車の
荷台に載せて使う屋根付きの装置で引き出し式のテーブル
も備えているようだ。

機能性の高さと県産杉をふんだんに使った点が高く評価さ
れ、特に優れた100点に与えられる「ベスト100」にも輝い
たという。

軽トラ用の積載型と棚と椅子がセットの組み立て型がある
そうで、短時間、少人数で収納、運搬できるのが特徴。

グッドデザイン賞は日本産業デザイン振興会主催の総合
デザイン評価推奨制度。

その審査委員が、この軽トラ屋台を、地元の軽トラ市の風景
を丁寧に読むことで風合いのあるデザインに仕上がってお
り、衰退が進む地域再生を実現するためのサービス提案と
して高く評価している。

今後、宮崎らしい屋台として6次産業化や地域経済発展
の後押しとなるとよいのだか゜・・・・・・。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成26年11月11日(火)

< 串間の老舗旅館、閉館 >


串間市西方の老舗旅館「永友荘」が閉館するという。

開業から230年間、住民や観光客、スポーツ合宿生などを
受け入れ、結婚式や宴会場として利用されてき
たそうだ。

永友荘は江戸時代の1784年に開業。

もともとは国道だった仲町通りに建ち、明治、大正時代は、
隣に客馬車の乗り合い所があり、都井や本城の人が
永友荘へ歩いて来て宿泊。

翌日、客馬車に乗って飫肥や志布志に向かったという。

昭和に入ると、バスターミナルへ。

ここの看板メニューは地元の食材を使った地鶏のすき焼き。

昭和30年に1度だけプロ野球・巨人の2軍が串間キャンプで
宿泊した際、ジャイアント馬場も地鶏のすき焼きを好んで食べ
たという。

最近はスポーツ合宿の宿として重宝されたが、建築基準法や
消防法に対応する設備投資に多額の費用がかかることから、
閉館するようになったようだ。

この老舗旅館に親しんできた地元住民からは、閉館を惜
しむ声が出ているようだが・・・・・。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成26年11月10日(月)

< 日本のサファイア技術、キラリ >


今年のノーベル物理学賞に決まった青色LEDは、難易度
が高い窒素ガリウムの結晶成長に挑んだ日本の3氏の執
念が実を結んだ技術といわれる。

その研究を支えた基盤の技術にも、日本が世界に誇る分野
があるという。

それは窒素ガリウムの結晶成長に使われる「サファイア
基盤」。

この人工サアァイア基盤は京セラや信光社などの日本企
業が世界をリードしているが、中でも世界の3割のシェアを
握るのが東京の並木精密宝石。

1939年の創業以来、サアァイア製のレコード針や時計用
軸受け宝石などを手掛け、不純物の少ないサファイア基盤
開発に磨きをかけてきたという。

とは言え、サファイア加工品を民生用途で大量生産するの
は難しいようで、この並木精密宝石も僅かな黒字に甘んじ
ているようだ。

スマホなど話題性のある商品の陰になりがちな基盤の
技術開発。

だが、今日のノーベル物理学賞受賞を機に、地味な材料
メーカーの開発競争にも、これからスポットライトが当たる
ことになりそうだ。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成26年11月8日(土)

< 高原町-豊富な水 >


霧島連山の麓にある高原町。

雄大な高千穂峰や見渡す限り広がる田園風景、数多く
の野鳥が飛来する森など豊かな自然が、数多く残る
地域。

その豊かな自然の恵みの一つが地下から湧き出る豊富
な水。

高原町から霧島方面へ車で約10分のところに、自然
の中でろ過された湧水が絶え間なく流れ出しているの
が祓川(はらいがわ)湧水。

町内には無数の湧水があり、町上下水道課によると約
8割の世帯で湧水を水源とする水道水だという。

年間を通じて湧水の水温は約16度で、機械でも観測
できないほど濁りがないそうだ。

その中で、1日最大2万トンの水が湧く祓川湧水は豊富
な水量に加え、アクセスのよさも魅力となっているようだ。

取水用に設置されたパイプを含めて地元区が管理し、
年1度草刈を行うという。

「水神祭り」も毎年開催。

霧島連山がもたらす自然の恵みに感謝し続けている
高原町だ。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成26年11月7日(金)

< おにぎらず >


握らないで作るおにぎり「おにぎらず」が子育てなどで忙し
い女性の間で人気だという。

ノリでご飯と具を挟んだり、包んだりするだけで作るのも
食べるのもおにぎりよりも簡単。

20年以上前に料理漫画で初めて世に出たが、レシピ
サイトに掲載されたことで、最近になってブレークした
ようだ。

「おにぎらず」に作り方は次のとおり。

1. 塩を軽く振った焼きノリにご飯を適量薄くのせる

2. お好みの具をのせ、その上にご飯を薄くのせる 

3. そのご飯の上に焼ノリをのせる 

4. 押えた後、握るかわりに両手で圧迫

レシピサイトによると、作りやすさや食べやすさに加え、平べ
ったい形のため具を選ばないのも人気の理由という。

ハムや卵、野菜を挟み、半分に切れば弁当の彩りも鮮やか
になるようだ。

同じような形状の「握らない」おにぎりは、コンビニでも人気
上昇中とのこと。

育児に仕事にと女性が当時より忙しくなった今、手間がかか
らない「おにぎらず」は打っ手付けなのかもしれない。

「おにぎらず」より、「手抜きおにぎり」の方がピッタリの
ネーミングだと思うのだが・・・・・・・。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成26年11月6日(木)

< マツダ・ファミリアXG >


1980年に発売されたマツダ・ファミリアXG。

ファミリアとしては5代目で、初のFF車。

赤いハッチバックスタイルのファミリアXGは、お客が間違
えて他社のディラーに買いに行ったという笑い話があるほ
ど、大ヒット。

当時はオイルショックの影響で日本中が暗くマツダも
大打撃を受けていた。

そんな世の中で発売されたファミリアXGは、台形の格好
をし、ガラス面積が大きい車だった。

人を爽快な気分にさせようと設計された車だったようだ。

具体的には、エンジンのピックアップを良くし、ステアリング
をクイックに。

シフトギアは短いレバースで素早く決まるようになって
いた。

大きなフロントウインドーも、人を爽快な気分にさせる
デザインだった。

ただ、音はうるさく乗り心地も硬かったようだ。

このファミリアXGは、第1回日本カー・オブ・ザ。イヤーを
受賞しただけでなく、アメリカやオーストラリアでもカー・
オブ・ザ・イヤーを受賞。

今のアテンザやアクセラよりも輝いていた車だった。

                    宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産



平成26年11月5日(水)

< 運動たび >


今年も小学校の運動会シーズンがやってきた。

今どきの子供たちの運動靴は、大人のシューズ顔負けの
高性能を備えたものがラインアップされているそうだ。

昭和30年代の運動会といえば、足に履くのは地下足袋
の形状をした真っ白な「運動たび」。

和装用の白いたびをくるぶしの下で切り取ったような形で、
底は薄くて安っぽいゴムでできていた。

当時の小学生は、それを靴店や雑貨店で買い求め、運動会
の日に備えたものだ。

いよいよ当日の朝、赤、青、白のいずれかの鉢巻をもって、
男子はランニングシャツ、短パン、女子は黒のちようちん
ブルマー。

親たちは、ムシロやゴザを持参して昼食の弁当を準備。

親たちにとっても数少ない娯楽のひとつだったに違いない。

その親たちの目の前で運動たびを履いて100メートル徒競
争に臨み、1等賞を採ったときの誇らしさは何物にも替え難
い喜びだった。

                 宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産


平成26年11月4日(火)

< ななつ星1年 >


JR九州の豪華寝台列車「ななつ星」が運行開始から
1年を迎えたという。

予約申し込みの抽選倍率は直近でも平均30倍を超え、
高い人気が続いているそうだ。

ななつ星が他の列車と違うのは乗客に対する情報量の差。

JR九州のツアーデスクが乗車前、食べ物にアレルギーが
あるかなどで何度も乗客と打ち合わせするという。

こうした準備が乗客とクルーの距離を縮め、親近感を高めて
いるようだ。

ななつ星は運行開始後、細かい改善を積み重ね、管轄する
クルーズトレイン本部には、運行中は必ず1人が司令塔と
して常駐し、乗客のトラブル、災害や事故などすべての問題
に臨機応変に対応できるような連絡体制も整えているという。

車内環境も見直し、8月末から福岡の名店「レストラン・ジョル
ジュマルソー」のフランス料理を提供する際、専用の食器を
新たに作ったそうだ。

ななつ星で使うペアグラスセットやパジャマ、アメテティセット
なども商品化し、思い出にしたいという乗客からの要望に応
えたという。

今後も、ななつ星はおもてなしを磨くことで、快走を続けていく
に違いない。

                 宮崎市ふどうさん屋Q&Q不動産








 過去の記事
  2014年10月
  2014年9月
  2014年8月
  2014年7月
  2014年6月
  2014年5月
   2014年4月
  2014年3月
  2014年2月
  2014年1月
  2013年12月
  2013年11月
  2013年10月
  2013年9月
   2013年8月
  2013年7月
  2013年6月
  2013年5月
  2013年4月
  2013年3月
  2013年2月
  2013年1月
  2012年12月
  2012年11月
  2012年10月
  2012年9月
  2012年8月
  2012年7月
  2012年6月
  2012年5月
  2012年4月
  2012年3月
   2012年2月
  2012年1月
  2011年12月
  2011年11月
 2011年10月 
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年3月
2008年2月
2008年1月
2007年12月
2007年11月
2007年10
2007年9月
2007年8月
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2007年2月
2007年1月